時間という資源の使い方

人、物、金の3つ、またはそれに情報を足した4つが会社の資源といわれていますが、時間という資源も大事なものだと思います。

人、物、金、情報は会社によってその蓄積はさまざまですが、時間という資源は平等です。
(正確に言えば一人あたりの時間ですかね)

その時間という資源は平等にあるのですが、それはタダではなく人件費という裏付けのある資源です。

朝、会社に来て仕事が始まれば、お金の砂時計をひっくり返してセットしたようなものです。
砂時計の砂のように人件費が流れ落ちてくようなものです。

あるお菓子屋さんの経営者が、
新入社員が3分間ぼーっとしたら、ケーキ1個を損失したのと同じコストで、ケーキ16個分の利益が吹き飛んでしまい、もし、全社員が3分間他の事を考えてたら、ケーキ1万80個分の利益が吹き飛ぶ、
そんな話をされていました。

出しっぱなしの水道をそのままにしていられる人はそうそういないでしょう。
垂れ流しの時間についてもそのような気持ちが必要ですね。

時間は会社のものだけではなく、自分の人生のものでもあるのですから。

 


 

 

 

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで15位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する
株式会社シンクシステムズのサイトはこちら
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

タグ: ,

コメントをどうぞ