何のために人は生きるのか 5

ゴールデンウィークから見始めたNHK朝の連続小説「おしん」は、現在167話目で、時代は大正15年でおしんは25才。ドラマが始まった明治の末に比べると、生活もだいぶ便利になってきたのがわかります。

しかし、それでも「家」に縛られことや、第二次世界大戦敗戦までは女性に参政権が無かったことなど考えると、まだまだ昔だったことも実感します。

明治、大正、昭和、平成、令和と時代が移り、長い目で見れば人々の暮らしは進化していることがわかるでしょう。そして、もちろん、明治の前にも何千年、何万年と人類の歴史はあるわけです。

何が言いたいかというと、世の中は進化・発展しているということです。
その根っこには、宇宙がビックバンから始まって進化・発展を続けていることがあるのかなと思います。

このような世の中に生まれてきた目的は何なのかということを考えてみると、世のため人のために寄与するために、それが「何のために人は生きるのか」の答えではないかと思うのです。

 

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで15位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する
株式会社シンクシステムズのサイトはこちら
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

タグ: ,

コメントをどうぞ