中小企業、小規模企業を考える視座としての「近接性」という概念

中小企業の多様性については多方面から指摘されています。
しかし、ただ多様だというだけでは、中小企業はなんでもありということになってしまい、中小企業を語ることができなくなってしまいます。

多様な中小企業を束ねる一つの視点、視座はないものか?

そう考えていたところで、関西学院大学商学部の山口隆之教授の「中小企業経営の特徴と近接性」という論文を知りました。
https://kwansei.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=20395&item_no=1&page_id=30&block_id=84

その論文では、フランスのTorresが「近接性」という概念で中小企業を説明していることを紹介しています。 

Torresは中小企業の特徴はより小さな会社、小規模企業に表れると仮定していますが、「近接性という概念は、小規模企業の経営現象にみられる二つの側面、すなわち、心理的、空間的、時間的に、より近くの事柄を優先するという傾向、および閉じこもり孤立する、という傾向を同時に理解するのに役立つものである」とあります。

近接性とは家族関係や親友関係などにもみられることだと紹介されていますが、確かに恋愛関係の男女にとっては重要なことは相手のことであり、それ以外のことは蚊帳の外という相手を優先する面と、二人の間に他の人の入り込む隙をつくらない閉鎖性という2つの面があるように思えます。

この「近接性」という概念で小規模企業のふるまいをどのように説明できるかについては、明日以降お話しします。

 

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで14位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する
株式会社シンクシステムズのサイトはこちら
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

タグ: , , ,

コメントをどうぞ