できるまで考える

今日は盛和塾札幌の自主勉強会で2016年の稲盛和夫塾長の東日本忘年例会での講話をDVDで視聴しました。「リーダーとして目標をいかに実現するか」というテーマで目標達成のためにリーダーに求められる5つのことについての解説です。その中で一番印象にのこったのが本日のブログタイトルの「できるまで考える」でした。

5つあげたポイントの2つめが「リーダーは自ら立てた目標を達成するための具体的、論理的な方法を検討しつづけなければなりません」というものですが、これが「できるまで考える」ということです。
目標達成までの道筋、そして達成して皆で喜ぶ姿までイメージせよというものです。

簡単には達成できないことでも、頭の中でのシミュレーションは繰り返すことによってあの手この手を考え、これならできるというところまで考えることをやめないということです。

しっかり考える、考える時間をとる、私の机の上にも「考えよ」と書かかれた置物があります。

 

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで14位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する
株式会社シンクシステムズのサイトはこちら
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

タグ: ,

コメントをどうぞ