友好は庶民の相互理解から

小樽商科大学では卒業生が自分の人生を在学生に語る「エバーグリーン講座」を開講しすでに30年を経過しています。私はその運営のお手伝いをしていますが、昨日、今年度の3講目の講義を受講してきました。

昨日の講師の方は第2次世界大戦終戦時満州にいて、ソ連が参戦してきたため母と妹と小学1年生だった本人3人で逃げている時に抗日パルチザンに襲われ、妹が亡くなり母が腕に怪我を負ったというお話がありました。また、お父さんは兵隊となり戦死されたとのことで、学生からも戦争をリアルに感じたという感想のでるお話が導入部分の講義でした。

その後、元使用人だった中国人のお世話を受け中国で暮らし、数年後日本に戻り大学ではまた中国語を学び、その後、中国や北朝鮮などとの貿易の仕事につき、現在は中国語の全国通訳案内士をされているとのことでした。

お話から、やはり国と国との交流も、その初めには人と人との交流があり、これが基本だと感じたところです。また、お話をうかがっていて頭に浮かんだのはNHKドラマになった山崎豊子の「大地の子」ですが、講師も学生にその一読を進めており、学生の感想にもその作品に触れたものがありました。

他人の人生を自分の人生の参考にする、これは大事だと改めて思います。

 

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで15位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する
株式会社シンクシステムズのサイトはこちら
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

Tags: , , ,

Leave a Reply