経営戦略と経営計画の性質の違い

今回の北海道全域にわたる停電からも、計画というものが役に立つのは平時であり、非常時には役に立たないということを実感した人は多いのではないかと思います。

経営計画でも、それを立案し確実に実施していくためには、計画の前提条件(前年をベースにこうしようということなど)が必要であり、それが壊れるような非常時には計画実施は困難です。

一方、経営戦略の目的は、つきつめると企業の存続(そのための利潤の追求、いかに顧客を増やし付加価値を高めるか)であり、経営戦略とはそのための方法です。

いかに顧客を増やし付加価値を高めるかということは、今までの延長ではなく、違う観点からの発想が有効です。仕事の現場を離れての見聞がヒントになったり、逆に現場に密着することにより見える顧客動向がヒントになったりします。

つまり、経営計画と経営戦略とでは発想のベースが違うのです。

今、ミンツバーグの「戦略計画:創造的破壊の時代」という本を読んでいて、上記はその感想です。
稲盛和夫さんの「楽観的に構想し、悲観的に計画し、楽観的に実行する」という言葉が読んでいて頭に浮かんできました。

 

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで14位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。)

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する
株式会社シンクシステムズのサイトはこちら
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

Tags: , , ,

Leave a Reply