「実学」序章 4.「会計がわからなければ真の経営者になれない」1

「稲盛和夫の実学」の紐解きを続けていますが、今日は序章の最後、序章の総まとめにあたる部分となりますが、ポイントはタイトル通り「会計がわからなければ真の経営者になれない」ということです。

「われわれを取り巻く世界は、一見複雑に見えるが、本来原理原則にもとづいた『シンプル』なものが投影されて複雑に映し出されているものでしかない」と稲盛さんはおっしゃいます。これに素直に納得される方もいれば、本当にそう?と思う人もいるかもしれませんが、説明すると長くなるので、ファインセラミクスという産業分野を切り開き、今の半導体、コンピュータ機器類の発展に大きく貢献した人物がそう言っているのだということで、まずは納得してみてください。

そして、一見複雑に見えるうんぬんの話は企業経営でも同様で、「会計の分野では、複雑そうに見える会社経営の実態を数字によってきわめて単純に表現することによって、その本当の姿を映し出そうとしている」とあります。

そうなんです。会計というのは会社の実態を表す最も一般的な手段であり、会計がわからないというのは会社の実態がわからないということなのです。

稲盛さんはそれを飛行機の操縦に例えて、会計データはコックピットの計器類にあたり、それらがわかならにと操縦はできないとおっしゃいます。

私はまずは自動車の運転をできるようになって欲しいと思います。
スピードメータ、タコメーター、燃料計、トリップメーター、異常を知らせる各種ランプ類ぐらいはきちんと理解し、また自動車学校での学科や実地のトレーニングを身につけ、事故やガス欠やスピード違反で捕まるなどのことがなくスムースに運転できるようになってほしいと思っています。

 


 

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで15位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。)

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

社長(あなた)の思いは伝わってますか?
研修サポート 「経営者の想いを社員の方に伝えるお手伝い」
詳細はこちら http://www.thinkweb.co.jp/documents/support1.pdf

————————————————————————

社長(あなた)が悩んでいることは、すでに先人が考え抜いたことかもしれません。
研修サポート 「経営に活かす原理原則『経営学百(100)年の智恵』」
詳細はこちら http://www.thinkweb.co.jp/documents/support2.pdf
————————————————————————

《《日報給与管理システムのご案内》》 【後志・石狩・空知限定発売中】
作業日報の入力で、現場人工管理と給与計算両方ができます。
http://www.thinkweb.co.jp/business/cpk.php

————————————————————————

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する弊社ホームページ
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

タグ:

コメントをどうぞ