平和園新田社長に聞く「儲けの秘訣」

本日、帯広へ日帰り出張してきました。帰りのJR、ブログネタなどあれこれ考えてたせいか新札幌で降りるはずが乗り越して札幌まで行っちゃいました。

本日の訪問先は、タイトルにあるとおり株式会社平和園さんです。帯広・十勝に6店舗、札幌に3店舗、法人化して約40年の老舗の焼肉屋さんです。好調なときには10%以上の経常利益率の高収益で、現在は自己資本比率も8割を超え、今まで払った法人税は年商をかるく超えるとのことです。

その平和園の新田社長さんに、ずばっと「儲けの秘訣はなんですか?」と聞いてみました。
「うーん、素材にこだわること、良いものを出すこと、正直なものを提供すること、ですかね」とのお答えがはじめにありました。
お客さんが焼いて食べるだけなんだから素材の良し悪しはすぐにわかるし、嘘はつけないとのことです。

また、「ベテランのスタッフが多いから」とのことで、20年以上包丁を握っていて初めて毎日の肉の状態がわかるようになる、いろいろなことを経験している30年選手のパートさんがいる、と話が続きます。

さらに、「うちでは肉を手切りで提供しているが、それはどこの店でもやれること。だけど、手間がかかるからしないだけ」「うちの仕事は手間のかかることが多いから、他所の店より2〜3割はよけいに働いてもらうことになる」とのことでした。

お話の真意の半分も伝わってないような気がしますが、何度か紹介することによって、うまくお伝えできればと思います。

?

平和園さんとのお付き合いは20年近くになりますが、はたから見ていて思うことは「ブレがない」ことです。
お肉の品質、値段、ボリューム、どれをとっても、「日々頑張っている方々が元気になるために、もっとおいしい食事を、もっと手ごろな価格で」という思いのブレがありません。日々の積み重ねのブレのなさ、これが強みではと思います。

?

「平成21年7月14日に過去記事を消去してしまいました。この記事はデータを元に復刻させたものです。」

? 皆様の励ましのクリック →?  本当にありがとうございます。
(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります)

Think! ITで元気をサポート 有限会社シンク 小椋俊秀

コメントをどうぞ