11/21の研究報告会のご報告 4.やる気の生み出し方

 11月21日に行った76回目の研究報告会「労働条件の改善と業績向上の両立」の内容紹介をしています。

 「どのようにしたら生産性が向上するのか?
これには、自社都合に合った計画、現場の創意工夫という二つのことを挙げられます」
では、どうしたら現場の創意工夫が生まれるのか?

 現場の創意工夫を生むのは、現場の人達の「やる気」です。

 中小企業家同友会の活動の根っことなっているテキスト「人を生かす経営:中小企業における労使関係の見解」には、経営者のやらねばならぬことは多岐にわたるが、なによりも大事なことについて以下のように書かれています。
「実際の仕事を遂行する労働者の生活を保障するとともに、高い志気のもとに、労働者の自発性が発揮される状態を企業内に確立する努力が決定的に重要です」

 では、このやる気はどのようにしたら生まれるのか?
ハーズバーグはやる気と不満の原因は別物であると指摘し、達成感や承認がやる気のもとだといっています。また、マズローの欲求段階説の最上位にある自己実現の欲求、これを中小企業研究の宮田矢八郎さんは「自分の内側のものを外に表現したい」、「自分の内側にあって、社会に欠けているもの」がイノベーションにつながるとしてきしていますが、このような思いを現場の人達にもってもらうことが、創意工夫の源となります。

 そして、そのためには、会社が良くなることが、自分たちの人生が豊かになることだということを理解してもらう必要があり、そのためには会社の未来を語る経営理念やビジョンが必要となります。
(このあたりの話は、11月20日のブログ 「なぜ経営理念の共有が必要なのか 1.同じ船」 を参照ください。)
 

 

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで15位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。)

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

社長(あなた)の思いは伝わってますか?
研修サポート 「経営者の想いを社員の方に伝えるお手伝い」
詳細はこちら http://www.thinkweb.co.jp/documents/support1.pdf

————————————————————————

社長(あなた)が悩んでいることは、すでに先人が考え抜いたことかもしれません。
研修サポート 「経営に活かす原理原則『経営学百(100)年の智恵』」
詳細はこちら http://www.thinkweb.co.jp/documents/support2.pdf
————————————————————————

《《日報給与管理システムのご案内》》 【後志・石狩・空知限定発売中】
作業日報の入力で、現場人工管理と給与計算両方ができます。
http://www.thinkweb.co.jp/business/cpk.php

————————————————————————

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する弊社ホームページ
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

Tags: , , , , ,

Leave a Reply