「マンダラ手帳」の使い方 2.目標管理

「マンダラ手帳」の使い方 1.時間の考え方」の続きです。マンダラ手帳の解説を聞いて、この手帳には二つの特長があると認識しました。それは目標管理に使う手帳ということと、もうひとつはマンダラ思考という発想法です。
今日はその目標管理についてお話します。

(日経トレンディの「マンダラ手帳」紹介ページ http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/hit/20081219/1022078/

 リンクのページの画像をクリックすると9つのマスとmemo欄からなる週間管理用のページを見ることができます。

 これと同じようなレイアウトで、年度の人生計画をたてるページがあります。
九つのマスの中心には、「今年の目的・役割」のマスがあり、そのマスのまわりに「A健康」、「B仕事」、「C経済」、「D家庭」、「E社会」、「F人格」、「G学習」、「H遊び」の各マスがならび、それぞれの目標を記入するようになってます。また、週間管理のページでmemo欄であるところが年間重点計画として1月から12がつまでに分割され、九つのマスの目標のうちの日程が決まっているものを記入するようになっています。

人生計画 

昨日の勉強会では、実際に各欄に記入する時間をとり、各自記入しました。
通常、手帳はスケジュール管理用で予定の記入に使いますが、マンダラ手帳はすべきことを明確にし、それをいつ実行していくかと書き進めていきます。 昨日も書きましたが、まさに、「『目標』は書くことで『計画』となり、『計画』は日々の実践をとおし『現実』となる」の言葉とおりです。

?

?

本日までの投稿記事のタイトルを右のページ欄にある「a title=”過去投稿タイトル” href=”http://thinkweb.co.jp/blog/?page_id=42″>過去投稿タイトル」にまとめてあります。ご参考にどうぞ。

 皆様の励ましのクリック →?  本当にありがとうございます。
現在、ブログランキングは北海道のカテゴリで23位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります)

Think! ITで元気をサポート 有限会社シンク 小椋俊秀

タグ:

コメントをどうぞ