「7つの習慣」

 昨日の「「すごい会議」と「地上最強の商人」」では、「地上最強の商人」という本を紹介しました。世界20カ国で300万部のベストセラーだそうです。

 今日、紹介する本は「7つの習慣」(スティーブン・R・コヴィー著 ジェームス・スキナー,川西茂訳?キングベアー出版、2310円(税込))。こちらは37カ国、1500万部以上の大ベストセラーです。

 以前から「7つの習慣」は読んでみたい本だったのですが、なかなか読むタイミングがなく、今回、今年8月に日本語CD付きの新版が出版されていて、購入の踏ん切りをつけました。普段、本を読むときは線など引かずに綺麗に読んでいますが、この本は読み倒そうと思っているので、4色ボールペンと付箋紙を用意しながら読み始めています。

 まだ本論まで読み進めていないのですが、13ページ、14ページにこんな記述があります。
「種を蒔かずに長年刈り入れを続けてきたせいで、種を蒔く必要性を忘れてしまっているのかもしれない」(13ページ)
「蒔いたものしか刈り取ることはできない。そこに近道はない」(14ページ)

 以前の記事「地道な積み重ね 二宮尊徳のことば」で、二宮尊徳の次の言葉を紹介したました。

遠くをはかる者は富み
近くをはかる者は貧す
それ遠きをはかる者は百年のために杉苗を植う。
まして春まきて秋実るものにおいてや。
故に富みあり。
近くをはかる者は
春植えて秋実るものをも尚遠しとして植えず
唯眼前の利にまようてまかずして取り
植えずして刈り取る事のみ眼につく。
故に貧窮す。

 「7つの習慣」の著者、スティーブン・R・コヴィーさんは、二宮尊徳の言葉を知っていたのでしょうか。

?

?

本日までの投稿記事のタイトルを右のページ欄にある「過去投稿タイトル」にまとめてあります。ご参考にどうぞ。

 皆様の励ましのクリック →?  本当にありがとうございます。
現在、ブログランキングは北海道のカテゴリで22位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります)

Think! ITで元気をサポート 有限会社シンク 小椋俊秀

タグ:

コメントをどうぞ