未来を読む方法 2.過去を確認する

 私は、京セラ創業者の稲盛和夫さんが自ら主宰する経営塾「盛和塾」の塾生ですが、そこには機関誌マラソンという勉強会があり、それは1992年4月創刊の機関誌「盛和塾」を毎週1号ずつ読み、感想を書き、マラソングループ内で共有するというもので、それに札幌塾第1グループとして昨年から参加しています。

 最初に読んだ頃はおよそ25年前の機関誌、現在は12年前の2005年発行の66号を読んでいます。過去の機関誌を読むことにより、その当時の様子だけではなく、その当時どのような考え方の人が現在どうなっているかがわかります。また、時代のトレンドの違いも当然ながら伝わってきます。

 10年、20年前の過去を探る、今までの時代の変化を確認する、歴史に学ぶ、これらは未来を読むのに役立ちます。

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで15位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。)

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

社長(あなた)の思いは伝わってますか?
研修サポート 「経営者の想いを社員の方に伝えるお手伝い」
詳細はこちら http://www.thinkweb.co.jp/documents/support1.pdf

————————————————————————

社長(あなた)が悩んでいることは、すでに先人が考え抜いたことかもしれません。
研修サポート 「経営に活かす原理原則『経営学百(100)年の智恵』」
詳細はこちら http://www.thinkweb.co.jp/documents/support2.pdf
————————————————————————

《《日報給与管理システムのご案内》》 【後志・石狩・空知限定発売中】
作業日報の入力で、現場人工管理と給与計算両方ができます。
http://www.thinkweb.co.jp/business/cpk.php

————————————————————————

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する弊社ホームページ
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

タグ: , , ,

コメントをどうぞ