学びの公共性

 8月25日、26日と北海道中小企業家同友会札幌支部第14期経営指針研究会一泊研修会に参加して、改めて思ったことが、今日のタイトル「学びの公共性」ということです。

 14期経営指針では5名ほどのメンバーが1つの班となり、全体で5班の構成となっています。このそれぞれの班で研究会を行い、自社の発表をし、また他社の発表を聞き、意見を交換し合います。この時、他社の話をどこまで自分事として真剣に考えるかで学びのレベルが変わってきますし、逆に自社の真剣な取り組み度合いが他社の学びの深さに影響します。

 また、今回のような全班が参加する行事などを通して、他の班の学びが自分たちの班の学びに影響し、またその逆もあります。さらに言えば、14期の学びが次の15期、16期に影響し、その運営をサポートしている経営指針委員会のメンバーそれぞれにも影響します。委員会メンバーが受けた影響は、それぞれのメンバーが所属する地区会など、同友会全体に影響してきますし、ひいては日本の中小企業全体のレベルに影響する可能性を秘めています。

 つまり、自分の学びは単に自分のためだけではなく、世のため、社会のためにつながる学びであり、それが「学びの公共性」ということにつながります。

 

 


皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで17位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。)

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

社長(あなた)の思いは伝わってますか?
研修サポート 「経営者の想いを社員の方に伝えるお手伝い」
詳細はこちら http://www.thinkweb.co.jp/documents/support1.pdf

————————————————————————

社長(あなた)が悩んでいることは、すでに先人が考え抜いたことかもしれません。
研修サポート 「経営に活かす原理原則『経営学百(100)年の智恵』」
詳細はこちら http://www.thinkweb.co.jp/documents/support2.pdf
————————————————————————

《《日報給与管理システムのご案内》》 【後志・石狩・空知限定発売中】
作業日報の入力で、現場人工管理と給与計算両方ができます。
http://www.thinkweb.co.jp/business/cpk.php

————————————————————————

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する弊社ホームページ
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

タグ: , , , ,

コメントをどうぞ