Archive for 6月, 2021

最初の一歩

水曜日, 6月 30th, 2021

昨日バーチャル旅行と称して台湾九份のショッピング街のグーグルストリートビューを紹介しました。台湾には今まで数回行ったことがありますが、生まれて初めて一人での海外旅行が2018年5月の台湾でした。

既に何度か行ったことがあること、宿泊するホテルも一度泊まったことがあったこと、何より台湾の人たちの多くが日本人に好意的で日本語を話せる人も多かったため、一人でも無事に旅程をこなすことができました。

一番のトラブル?は帰国のためバスで飛行場へ行き、バスを降り自分でバスの物入れから自分のトランクを引っ張り出してほっとして走り出したバスを見送った時に、パスポートや財布などを入れたリュックを座席の上の荷棚に忘れたのに気づいたときでしょうか。

何事も最初は初めての経験ですが、それが済めば経験者です。台湾への一人旅はもう充分にこなすことができると思いますが、しかし、やはり台湾に詳しい人にガイドしてもらった方が効率は間違いなく高いのだろうと思います。

 

 

 

 

皆様の励ましのクリック 本当にありがとうございます。
↓ ↓ ↓

現在は北海道のカテゴリで15位前後です。

(環境によりバナーアイコンが表示されないケースもあります。そのさいはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントが
カウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

バーチャル旅行

火曜日, 6月 29th, 2021

新型コロナの影響で海外旅行には行けない状況が続いています。最近私がはまったのがグーグルマップを使ったバーチャル旅行です。例えば以前行った台北の場所をストリートビューでもう一度確認すると、ああこの店で買い物をしたとか、ここにこんな店があったのか、次には寄ってみようという気持ちになります。

上のリンクは九份のショッピングエリア九份老街の入り口です。
興味のある方は覗いてみてください。

例えば、ZOOMなどで海外の街の見どころをストリートビューなども使って案内するサービスなども需要があるような気がします。ライブだけではなくそれを録画しておいて、興味のある人には低額有料で何度も見ることができるようにしておけば(私が受けている中国語関連のサービスで同様のものがあります)、そこそこ需要があるように思います。

 

 

 

 

皆様の励ましのクリック 本当にありがとうございます。
↓ ↓ ↓

現在は北海道のカテゴリで18位前後です。

(環境によりバナーアイコンが表示されないケースもあります。そのさいはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントが
カウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

時代の変化5

月曜日, 6月 28th, 2021

Netfilixで久しぶりにジャッキー・チェンのリメイク版ベスト・キッドを見ました。これは北京を舞台にした2010年公開の映画。画面には2008年に行われた北京オリンピックのスタジアムも写っています。ですが、画面に映る北京の街はまだなんとなく田舎臭さが感じられます。

私の感覚では、中国は2000年以降、急速に経済力が高まってきましたが、その勢いは2010年に日本を抜いてGDP世界2位になった以降により高まり、北京を始めとした中国の都市が急激に都会化したように感じています。その急激な変化の直前の様子が映画に映し出されている感じです。

私の小中学校時代に社会科に出てきた中国は、皆が人民服を着て、大量の自転車が広い道路に溢れているイメージで、決して裕福とか先進的なイメージではありませんでした。それが、2000年以降の20年、とくにここ10年くらいで急激に都会的になってきています。ですが、未だに昔の中国のイメージのままの人も少なくないような感じもします。やはり現実を見つめるということが大事だと思います。

主人公の少年ドレのお母さんはデトロイトで仕事にあぶれ中国まで働きに来ました。これも時代の変化を表すストーリーなのかもしれません。

それにしても少年ドレの恋人役?の少女メイ、中学生ですが、当然中国語はペラペラだし、英会話も問題なし、羨ましい。今回Netfilixで中国語字幕で見てたのですが、残念なのは中国語の会話部分は字幕なしだったこと。そこの字幕が欲しかった。

 

 

 

 

皆様の励ましのクリック 本当にありがとうございます。
↓ ↓ ↓

現在は北海道のカテゴリで16位前後です。

(環境によりバナーアイコンが表示されないケースもあります。そのさいはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントが
カウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

世の中の変化4

日曜日, 6月 27th, 2021

基盤故障で動作しなくなったハードディスクを基板交換をし、さらには壊れた基板からハードディスク情報が書かれたROMを取り外し、それを交換後の基盤のROMと取り換える、そんなYouTube動画を先日見ました。なるほど、これなら自分もできそうです。ROM情報を読み書きするROMライターもAMAZONで調べると割と安価です。

弊社ではお勧めするパソコン類はメンテンナンスを考えメーカーや機種を限定していますが、お客先ではさまざまなパソコンを使われています。ノートパソコンなどでは特殊ねじで裏ブタを外さないことが前提となっているものもあります。しかし、メンテナンスのためには裏ブタを外す必要がでてきます。触ったことのないものの場合は、インターネットでメーカーのサイトを調べたりもしますが、役に立つのは同型のパソコンを解体する仕方を紹介するサイトや動画です。ネジの種類、本体と蓋を止めるツメの位置など役に立ちます。

インターネット以前ではこのような情報はメーカーからの情報しかなく、メーカー系列と取引していないとそのような情報は入ってくる余地がありませんでした。それが、インターネットなどによる経験者の情報公開される世の中になりました。これはパソコンだけの話ではありません。以前であれば限られた知っている人だけができる仕事が、今は調べることができる人ならできる世の中に変わりました。

 

 

 

 

皆様の励ましのクリック 本当にありがとうございます。
↓ ↓ ↓

現在は北海道のカテゴリで12位前後です。

(環境によりバナーアイコンが表示されないケースもあります。そのさいはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントが
カウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

世の中の変化3

土曜日, 6月 26th, 2021

先日、1997年に発刊された機関誌『盛和塾』21号を読み返したのですが、そこには光通信の重田康光さんの経営発表の記事がありました。記事の前年に31才の最年少で店頭公開し、99年には東証一部上場企業となり、重田さんの個人資産は世界5位となりますが、2000年には「寝かせ」問題が発覚し、24万円の株価が3600円に急落ということが起きています。最近はコピー機販売とと保険販売で業績が回復しているとのことで、重田さん個人の資産も19年には国内6位までに復活したとのことです。もちろん1997年発行の機関誌にはそれまでのことしか書かれていなく、その後のことはネットなどからの情報です。

その重田さんの記事に、NTTの電話帳タウンページに掲載されている600万社のデータを入力し顧客データベースのもととしたという記述がありました。このころ、私も電話帳や郵便番号などのデータをパソコンで利用できたら便利と思っていたのですが、よっぽどの資力がないと無理だなと諦めていました。それが今では郵便番号はWindowsの辞書変換でも普通に使えますし、電話番号もインターネットで検索すればほとんどの社名はわかります。

パソコンの世界も、Windows10が最後のWindowsといわれてましたが、Windows11の登場が正式に発表されました。年末には製品が提供されるとのことです。10年、そして20年後、現在を振り返った時にどんなことを思うのか?それを楽しむためにも、まずは生き続けなければなりません。

 

 

 

 

皆様の励ましのクリック 本当にありがとうございます。
↓ ↓ ↓

現在は北海道のカテゴリで13位前後です。

(環境によりバナーアイコンが表示されないケースもあります。そのさいはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントが
カウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

世の中の変化2

金曜日, 6月 25th, 2021

昨日、私の母校である小樽商大では、札幌から通学する学生の割合が7割ほど、女子学生の比率が4割ほどと、どちらも昔に比べると大幅に増加していると書きました。その背景には、バイト先なども最盛期の半分近くに人口減少した小樽よりは札幌の方が豊富でしょうし、札樽間を30分ちょっとでつなぐJR快速などの交通の便なども影響しているのだと思います。そうして、札幌の高校から小樽商大へ行く学生が増えれば、自分もそうしようかと思う高校生も増えていくのだと思います。また、最近では北海道大学で道外勢の割合が増え、道内勢が押し出された格好で他の道内大学へという流れもあると聞きました。

世の中は常に変化する、変な言い方ですが、これはいつの時代も変わらない事実です。そしてその変化の多くは潮流が読めるのではないかと思います。経営者には大きく時代を読むことが求められるということは、たびたび耳にしますが、これが大きく時代を読むということかと思います。

世の中の変化をただ嘆いたり傍観するのではなく、大きく時代を読んだうえで、自分の進む方向を見出していくことが必要なのだと思います。

 

 

 

 

皆様の励ましのクリック 本当にありがとうございます。
↓ ↓ ↓

現在は北海道のカテゴリで15位前後です。

(環境によりバナーアイコンが表示されないケースもあります。そのさいはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントが
カウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

世の中の変化

木曜日, 6月 24th, 2021

母校である小樽商科大学で行われている、OB・OGが講師として在学生に講義をする「エバーグリーン講座」のお手伝いを始めて10年以上経ちますが、OBなどから昔の話を伺うと大きな変化を感じます。

それは大学だけが変化しているのではなく、世の中全体も変化しているからなだと思います。
例えば、小樽市の人口は最盛期は20万人を越し、私が小学校の社会科で勉強した時でも19万人ほどでしたが、現在は11万人を割りそうなところまで減っています。

人口の変化といえば、先日は室蘭の話を聞きましたが、こちらは最盛期16万人を超す人口が現在9万人を割った状態とのことですし、釧路の人口が帯広を下回ったというニュースも最近聞きました。旭川や函館でも人口は減っています。

冒頭の小樽商大の話に戻すと、札幌から通学する学生の割合が7割ほど、女子学生の比率が4割ほどと、どちらも昔に比べると大幅に増加しています。それは札樽間の交通の便が良くなったことも一因かと思いますが、この話はまた明日。

 

 

 

 

皆様の励ましのクリック 本当にありがとうございます。
↓ ↓ ↓

現在は北海道のカテゴリで14位前後です。

(環境によりバナーアイコンが表示されないケースもあります。そのさいはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントが
カウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

「心を高める」という戦略2

水曜日, 6月 23rd, 2021

「心を高める」ということは「人格を高める」ということと同意であり、善い人となろうということですが、心、考え方の教育という言葉が前面にでると、嫌がる人が多いものです。

先般も朝礼で「京セラフィロソフィ」の読み合わせを始めたら、「こんなのは無意味だ、やめた方が良い!」という声があがったという話を聞きました。

これは裏を返せば、「心を高める」、「人格を高める」ということを会社として取り組んでいるところは少ないということであり、それは他社との差別化につながるのだと思います。

ということで、昨日、今日と「『心を高める』という戦略」という話をしてみました。

 

 

 

 

皆様の励ましのクリック 本当にありがとうございます。
↓ ↓ ↓

現在は北海道のカテゴリで18位前後です。

(環境によりバナーアイコンが表示されないケースもあります。そのさいはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントが
カウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

「心を高める」という戦略

火曜日, 6月 22nd, 2021

以前読んだミンツバーグの本には、計画をいくら精緻化しても戦略にはならないと書かれていました。
確かに実効的な戦略は会議室で生まれるものではなく、その会社の持つ得意技・強みを背景とし、そういう意味では現場から生まれると言えるのだと思います。

机上のアイディアは容易に模倣され競争相手が増えます。競争相手が増えてもそこに自社の得意技・強みがあれば差別化、異質化できます。そこが大事なのだと思います。

一方、ノウハウ、技術などという強みは経験によって積み重なります。ここで差をつけるとなると圧倒的な時間差をつけるとか、圧倒的な能力差を持ってあたるなどのことが必要かと思います。

これとは別に仕事に取り組む人たちの人柄を高める、心を高めるという方法があるのだと思います。こちらはどの分野の仕事でもつぶしが効きます。

稲盛和夫さんの著書に『心を高める、経営を伸ばす』という題の本があり、副題に「素晴らしい人生をおくるために」とありますが、「素晴らしい会社にするために」も大事なことなのだろうと思います。

 

 

 

 

皆様の励ましのクリック 本当にありがとうございます。
↓ ↓ ↓

現在は北海道のカテゴリで18位前後です。

(環境によりバナーアイコンが表示されないケースもあります。そのさいはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントが
カウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

成功は50代から?

月曜日, 6月 21st, 2021

既に解散してしまった稲盛和夫さん主催の経営塾「盛和塾」の機関誌『盛和塾』を、毎週1冊ずつ読んで感想文を共有するという「機関誌マラソン」というものを、盛和塾解散後の後継勉強会になっても続けています。昨日の日曜日は機関誌20号の締切でした。

20号は1996年の発刊で8月26日に大沼プリンスホテルで行われた塾長例会での塾長講話が掲載されています。この塾長例会は私も参加しましたが、それからほぼ25年、四半世紀、早いものです。

古い機関誌を読んだり、昔のことを思い出すと思うのですが、やはり20年や30年経つと、どんなことをしていた人がどんなふうになっているのかがわかります。それをヒントに、ではどう生きるべきかも見えてきます。ナポレオン・ヒルの『巨富を築く13の条件』では、成功は40代からとありましたが、この原著は80年以上前で、今の時代と上記のことから考えると成功は50代からと考えても良いのではないかと思います。

 

 

 

 

皆様の励ましのクリック 本当にありがとうございます。
↓ ↓ ↓

現在は北海道のカテゴリで17位前後です。

(環境によりバナーアイコンが表示されないケースもあります。そのさいはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントが
カウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。