Archive for 5月, 2021

利用可能なタイムマシン

月曜日, 5月 31st, 2021

タイムマシンがあれば、今、こんなことを言っている人が20~30年後にどうなっているのかを確かめることができます。残念ながら、未来へ自由に行けるタイムマシンを手に入れることはできませんが、20~30年前から現在を見るというタイムマシンであれば利用可能です。

私は5年ほど前から、盛和塾の機関誌『盛和塾』を1号から順に毎週1冊ずつ読み、感想文を書くという機関誌マラソンという活動に参加しています。『盛和塾』1号は1992年発刊ですから今からほぼ30年昔です。先週は3巡目の17号を読みましたが、この号は1996年発行で北海道の塾生3名がそれぞれの経営を語っています。その3名とは平和園の新田良基社長、北海道ジャフコの米沢則寿社長、第一臨床検査センターの大谷喜一社長です(社名・肩書は当時のまま)。今から25年前にどのようにしていた人が現在どのようになっているのか、こういうタイムマシンであれば活用できます。

また、同友会に入会してから数えても30年ほど経ちます。入会間もないころいろいろお世話になった方々が今どうしているか、これも一つのタイムマシンです。人生を振り返れば、いろいろなタイムマシンを使うことができそうです。

いくつかのタイムマシン経験から、やはり人生には王道があるのだと確信します。それは、地道にコツコツ積み重ねるということです。今からでも、少しでも人生の王道を歩んでいきたいと思います。

 

 

 

 

皆様の励ましのクリック 本当にありがとうございます。
↓ ↓ ↓

現在は北海道のカテゴリで12位前後です。

(環境によりバナーアイコンが表示されないケースもあります。そのさいはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントが
カウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

経営者の自覚3

日曜日, 5月 30th, 2021

昨日のブログでは、「ほとんどの経営者は経営とは何かを考えることなく経営者になっています」と書きました。では、経営とはなんでしょうか?

経営という言葉の意味は、組織を運営することだということです。経営は会社だけではなく、例えば小学校などのクラスを運営してくことを学級経営と言ったりするそうです。

経営、組織を運営する場合に大事なことは何かと考えると、目先のことだけではなく将来のことを考えることではないかと思います。私も含め同友会の経営指針研究会に入ってきた人たちからは、目先の仕事はしていても将来を考え、それに備えるということをしていなかったという人が少なくないように思います。

将来を正確に予測することはできませんが、10年経てば皆10歳年をとり、20年経てば20歳年をとることは間違いありません。大きく未来を読むことが大事だと、昔誰かの話にあったのが頭に残っていますが、まずはざっくりでも将来に想いをはし、そのための準備を進めることが大事ではないかと思いますし、そういうことが経営者の自覚につながるのではないかと思います。

 

 

 

 

皆様の励ましのクリック 本当にありがとうございます。
↓ ↓ ↓

現在は北海道のカテゴリで12位前後です。

(環境によりバナーアイコンが表示されないケースもあります。そのさいはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントが
カウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

経営者の自覚2

土曜日, 5月 29th, 2021

中小企業家同友会の経営指針のテキストにある「経営理念作成シート」の1番初めの質問は「何のために経営しているのか」です。経営指針に取り組む多くの人はこの質問に頭を抱えたのではないかと思います。

自動車を運転するためには免許書が必要で、自動車学校で学科と実地の訓練を受け試験に合格しなければなりません。しかし、経営者になる場合に経営を学ぶ学校へ通ったり試験を受ける必要はありません。ほとんどの経営者は経営とは何かを考えることなく経営者になっています。

経営とは何か?経営者の自覚のスタートはそこからだと思いますが、この話はまた明日に続きます。

 

 

 

 

皆様の励ましのクリック 本当にありがとうございます。
↓ ↓ ↓

現在は北海道のカテゴリで11位前後です。

(環境によりバナーアイコンが表示されないケースもあります。そのさいはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントが
カウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

経営者の自覚

金曜日, 5月 28th, 2021

北海道中小企業家同友会経営指針委員会では毎年経営指針に関するアンケート調査を全会員を対象に行っています。アンケート調査では、経営指針(経営理念、ビジョン、経営方針、経営計画)の状況、共有方法、実践の結果、企業変革支援プログラムについて、経営状況について毎年同じ質問を用意し、定点観測を行っています。

経営指針実践の結果として20項目以上ある中でトップ3はいつも同じで、それは「経営者の自覚が高まった」、「幹部の自覚が高まった」、「社員の士気が高まった」の3つです。先般行われた全道経営指針委員会で、このことが話題となりました。

幹部や社員と話す機会が増えたという意見もあれば、成文化することにより毎回同じことを言わなくても良くなったという話もありました。また、経営指針を共有することにより社員の能力を引き出しことができた、社員の士気が高まることが「人を生かす経営」につながるのではなどの社員に関する意見や、経営指針に向かい合うことによって軸ができブレなくなったなった、経営の質が上がったなど経営者自身に関する意見が上がっていました。

先ほどの経営者の自覚、幹部の自覚、社員の士気というトップ3の項目を考えたとき、その最初はやはり経営者の自覚でしょう。毎年のアンケートで証明されているのが、経営指針に取り組むと「経営者の自覚が高まる」ということといえると思いますが、では、それはなぜなのでしょうという話は、明日のブログで取り上げます。

 

 

 

 

皆様の励ましのクリック 本当にありがとうございます。
↓ ↓ ↓

現在は北海道のカテゴリで11位前後です。

(環境によりバナーアイコンが表示されないケースもあります。そのさいはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントが
カウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

本能vs理性、利己vs利他

木曜日, 5月 27th, 2021

昨日のブログは「本能と闘う」ということで、本能を抑えることが人間らしさにつながるのではないかと書きました。そして、本能は自己生存や種の保存に係る利己的なものであり、社会生活を営むにはやは利己丸出しではだめで利他的なものが求められると書きました。

本能を抑えるにはそれではいかんと考える理性が必要です。この関係を表したのがこの図です。

本能vs理性、利己vs利他は説明したところですが、自我vs真我についても説明をしなければなりません。
この説明は宇宙の成長・発展、そして成功哲学の原理とも関係しますので、明日間単に説明したいと思います。

 

 

 

 

皆様の励ましのクリック 本当にありがとうございます。
↓ ↓ ↓

現在は北海道のカテゴリで11位前後です。

(環境によりバナーアイコンが表示されないケースもあります。そのさいはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントが
カウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

本能と闘う

水曜日, 5月 26th, 2021

休みたい、寝ていたい、楽をしたい、遊びたい、もっと食べたい・・・、こんな気持ちは本能に基づく欲求で、煩悩の一部といって良いでしょう。

人間も動物ですから本能が無ければ生きていけませんが、本能を優先させているなら動物と変わりません。人間らしい生き方とは、いかに本能を抑えて生きるかということなのでしょう。

本能の根源を考えると、自己の生存と種の継続というところに行き当たるのかと思います。本能とは利己的なものなのだと思います。一方、我々が実際に生きる社会生活は相手があって成立する世界ですから、利己丸出しではうまくいかず、利他的な生き方が求められます。

ということで、本能を抑えて利他的に生きることが人間らしい生き方なのかと思いますが、ここ最近はしなければならないことが積み重なり、本能を抑えて早起きを続け時間を確保していますので、少しは人間らしい生き方に近づいたかとも思います。

 

 

 

 

皆様の励ましのクリック 本当にありがとうございます。
↓ ↓ ↓

現在は北海道のカテゴリで12位前後です。

(環境によりバナーアイコンが表示されないケースもあります。そのさいはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントが
カウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

気づきのきっかけ

火曜日, 5月 25th, 2021

車を運転していると、結構な頻度でウインカーつけづに曲がっていく車を見かけます。また、朝のバスレーンにはたくさん普通の車が走っていますが、走ってはいけないバスレーンを走っていると意識をしていない車も多いのだと思います。

1年前から車の保険のオプションであるドライブカメラをつけ、少し前にそれによるドライブ診断書が送られてきました。全国平均や同年代平均に比べ優良な運転ではありましたが、急発進の割合が高いという診断がありました。私自身そんな意識はなかったので意外でした。

自分では気づいていないということが得てして多いのだと思います。そして、それに気づくためには他人からの指摘を聞くか、客観的に自分の行動を見直すことが必要なのでしょう。

 

 

 

 

皆様の励ましのクリック 本当にありがとうございます。
↓ ↓ ↓

現在は北海道のカテゴリで12位前後です。

(環境によりバナーアイコンが表示されないケースもあります。そのさいはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントが
カウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

在庫の問題

月曜日, 5月 24th, 2021

これまで、サンクコストの話から在庫の話について書いてきました。昨日は「在庫問題」がタイトルでしたが、今日は「在庫の問題」がタイトルです。

さて、『稲盛和夫の実学』にも在庫は必要最小限にとどめるようにと書かれています。そもそも余分な在庫とならないように、必要な時に必要な分だけ買うこと、そして使うあてのない在庫は処分してしまうこと、これが大事だという話でした。

在庫ももとをたどれば、本来は金庫や銀行預金に入っているはずのお金です。それが形を変えて在庫としてあるということになります。いつ使うかわからない余剰な在庫ということであれば、本来自由に使えたはずのお金が在庫という形で塩漬けされているということでしょうし、もう使い物にならない在庫ということであれば、貸借対照表に本当は価値のない資産がそれなりの金額で計上されていることになり、それはやっぱり処分が必要かと思います。

 

 

 

 

皆様の励ましのクリック 本当にありがとうございます。
↓ ↓ ↓

現在は北海道のカテゴリで13位前後です。

(環境によりバナーアイコンが表示されないケースもあります。そのさいはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントが
カウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

在庫問題

日曜日, 5月 23rd, 2021

昨日のブログでは「必要なときに必要なだけ購入する」という記事を書きましたが、フェイスブックでブログ記事紹介したさいに、「キャベツを1玉買うか、半玉買うか、はたまた1/4玉にするか悩む」というコメントを頂きました。私もほぼ毎日飲むコーラで、イオンで1.5リットル138円のコーラを買うか600ml70円のコーラを買うか悩んだことがありました(今はどちらも在庫を切らさないようにしています)。

いただいたコメントに対しては、「大学生時代にゼミの先生が奥さんを評して『安いものを見つけて買ってくるのは良いが、大根が安いとなると食卓に大根料理ばかりが並ぶ』とおっしゃっていたことを覚えています」と返答しましたが、大学時代といえば、オペレーションズ・リサーチ(Operations Research:OR)ということを勉強したことを思い出しました。

オペレーションズ・リサーチとは課題に対しいろいろな策を立て、それを評価し、その中の最適な策を選ぶというもので、代表的な例のひとつに在庫問題がありました。平均需要、注文してから納品までの日数、発注費用、在庫費用などを勘案して、いつどれだけ発注するのが最適なのかを検討するというものでした。

今から振り返ってみると、需要が予測できるということ、在庫による品質の劣化を考慮しないところが、いかにも学生のお勉強用という感じがします。1.5リットルのコーラの方が経済的なのはわかっていますが、飲み切るのに日数がかかればそれだけ気が抜けます。飲みたい時に飲みたいだけといっても、飲みたい時に自宅隣のコンビニに行ってスーパーより高いコーラを買う気にもなれません。

結局、オペレーション・リサーチのような科学的手法によらず、人間の感覚による決定で、冷蔵庫には1.5リットル、600ml各1本、それ以外に1.5リットル1本、600ml2本の在庫を持っておくのが我が家のルールになっており、これを保つようにスーパーに行った際に購入することが「必要な時に必要なだけ購入する」こととなっています。

 

 

 

 

皆様の励ましのクリック 本当にありがとうございます。
↓ ↓ ↓

現在は北海道のカテゴリで13位前後です。

 

必要なときに必要なだけ購入する

土曜日, 5月 22nd, 2021

京セラ創業者の稲盛和夫さんは、自身の経営哲学、人生哲学を全78項目からなる「京セラフィロソフィ」として著していますが、その1項目として本日のタイトル「必要なときに必要なだけ購入する」があります。

安くなるから大量に購入するということなく、必要なときに必要なだけ購入する方が結局は安上がりなるという内容です。

大量に購入する前提は、昨日のブログのタイトルにした「今後使うかもしれない」ということでしょう。しかし、「次のこの時に使うとはっきりしているもの以外の『今後使うかも』は使わない公算が大」と昨日書いたように、結局は在庫費用が無駄になったり、さらには昨日の封筒の例のように古くなって使えなくなってしまうことが多いものです。

「必要なときに必要なだけ購入する」ことはサンクコストを最小にするためにも必要なことなのだと思います。

 

 

 

 

皆様の励ましのクリック 本当にありがとうございます。
↓ ↓ ↓

現在は北海道のカテゴリで13位前後です。

(環境によりバナーアイコンが表示されないケースもあります。そのさいはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントが
カウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。