Archive for 2月 20th, 2021

借入の本質

土曜日, 2月 20th, 2021

借入をしたなら利息を支払い、そして元金も返済せねばなりません。
損益計算書の経費項目には、支払う利息に関しては「支払利息」という勘定科目がありますが、元金の返済に関しては該当する勘定科目はありません。損益計算書の世界ではなく、貸借対照表の現預金から支払うことになります。

現預金から元金を返済するということは、貸借対照表の資産の部の現預金と負債の部の借入金が同時に減るということです。これを続けていると資産が減少し続けることになるので、それを防ぐには負債を増やすか純資産を増やすしかありません。そうはいっても、負債を増やしても結局は返済しなければなりませんから、純資産を増やすことしかありません。そして普通の中小企業が純資産を増やすには利益を上げて利益剰余金を増やしていくのが一般的でしょう。

前置きが長くなりましたが、借入をするということは、その後利息と元金を時間をかけて返済しなければならないということで、そのためには利益を上げ続けることが必要だということであり、つまり借入とは、将来にわたって利益を上げ続ける時間(年月)を金利を支払って買ったということなのだと思います。

 

 

 

 

皆様の励ましのクリック 本当にありがとうございます。
↓ ↓ ↓

現在は北海道のカテゴリで13位前後です。

(環境によりバナーアイコンが表示されないケースもあります。そのさいはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントが
カウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。