Archive for 1月, 2021

効率と余裕

土曜日, 1月 16th, 2021

昨年末に注文したDELLの製品が入荷予定日を過ぎてもまだ届きません。
DELLに問い合わせると配送会社に聞いてくれという返答で、配送会社に問い合わせると先般の東北を中心とした大雪の影響で見通しが立たないとのことでした。

見聞きしたニュースでは、北陸方面の高速道路や周辺の国道で立ち往生があったと記憶しており、東京から北海道への荷物は関係ないのではとも思いましたが、北陸方面分の滞った分が全般に影響しているのでしょう。雑誌など他のものの入荷も遅れている様子です。

余裕があれば突発的な出来事にも対応できるでしょうが、効率を求め(求めざるを得なくて)ていくとその余裕が持てません。昨年10月宮崎にある旭化成の半導体工場が火災になり、複数のメーカーの新車の製造などにも影響が出てきているようです。結局、何かあっても耐えられるような余裕は持っていないとならないわけで、いろいろ考えるところです。

 

 

 

 

皆様の励ましのクリック 本当にありがとうございます。
↓ ↓ ↓

現在は北海道のカテゴリで14位前後です。

(環境によりバナーアイコンが表示されないケースもあります。そのさいはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントが
カウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

経営指針と経営者の自覚 5

金曜日, 1月 15th, 2021

昨日、「 経営指針の実践によってなんらかの効果、結果を得られて「経営者の自覚が高まった」となるように思えます。しかし、そこへの道がそう簡単でないことをうかがわせるコメントがアンケートに複数ありました 」と書きましたが、そのなかから2件紹介します。

まずその2件は、どちらも以前から経営理念、ビジョン、経営方針、経営計画全てが社外公開レベルです。このような場合、「経営者の自覚が高まった」を選択していないケースで説明したように、既に経営者の自覚は高まっていたため、経営指針実践の結果としてあえて「経営者の自覚が高まった」を選択しない場合もありそうに思えますが、アンケートの自由記述に書かれたコメントがそうではない理由を教えてくれます。

コメント1:「経営指針の実践は長期ビジョンの上に立った継続が大切と痛感。多くの場合、すぐ効果はでない。」
コメント2:「知っているのと共有しているということは全く違う。共有とは社員の中で血肉化していることで、ほとんどの会社は作った、知っているという話。少しでも社員に落とし込む共育を社内でやっているが、まだまだ不十分です。」

コメントからわかるように、経営指針の従業員との共有は簡単ではなく時間がかかるものであり、少しずつでも共有の実感が得られることが経営者の自覚の高まりにつながるのだろうと思います。逆に時間がかかることが待ち切れなずに諦めてしまうことがあると残念な結果となるのでしょう。

 

 

 

 

皆様の励ましのクリック 本当にありがとうございます。
↓ ↓ ↓

現在は北海道のカテゴリで15位前後です。

(環境によりバナーアイコンが表示されないケースもあります。そのさいはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントが
カウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

経営指針と経営者の自覚 4

木曜日, 1月 14th, 2021

経営指針のアンケートで、経営指針の効果として一番回答の多いのは「経営者の自覚が高まった」というものですが、昨日までは、では自覚が高まらなかったのはどんなケースかという話をしてきました。今日は自覚が高まったケースを見てみます。

「経営者の自覚が高まった」を選択している回答の多くは、それ以外の効果もあったと回答しています。また、「経営者の自覚が高まった」だけしか選択していない回答では経営理念が無い状態、または作成したが未公開の状態から社外公開、社内公開まで共有レベルが上がっています。

やはり、経営指針の実践によってなんらかの効果、結果を得られて「経営者の自覚が高まった」となるように思えます。しかし、そこへの道がそう簡単でないことをうかがわせるコメントがアンケートに複数ありましたが、この話はまた明日。

 

 

 

 

皆様の励ましのクリック 本当にありがとうございます。
↓ ↓ ↓

現在は北海道のカテゴリで15位前後です。

(環境によりバナーアイコンが表示されないケースもあります。そのさいはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントが
カウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

経営指針と経営者の自覚 3

水曜日, 1月 13th, 2021

経営指針のアンケートを見ると、経営指針の効果として一番回答の多いのは「経営者の自覚が高まった」だが、それを選ばない回答には、1.経営者以外が参加していた、2.経営指針実践の効果がなかった、3.すでに経営者の意識は高まっていた、以上の3パターンがある、という昨日のブログの続きです。

上記の2.経営指針実践の効果がなかったは、さらに二つのパターンに分けられます。一つは経営指針の成文化に至らなかったパターン、もう一つは成文化はできたが効果がなかったと回答しているパターンです。

成文化に至らなかったパターンは経営者が途中であきらめた(?)ということで、経営者の自覚の高まりに至らなくて当然でしょう。一方、成文化はできたが効果がなかったというのは、アンケートの回答を検討すると、従業員との共有ができなかったというように読めました。この場合、
成文化による経営者の自覚の高まり < 従業員と共有できなかった失望
という不等式で、経営者の自覚の高まりが消されたのかもしれません。

 

 

 

 

皆様の励ましのクリック 本当にありがとうございます。
↓ ↓ ↓

現在は北海道のカテゴリで15位前後です。

(環境によりバナーアイコンが表示されないケースもあります。そのさいはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントが
カウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

経営指針と経営者の自覚 2

火曜日, 1月 12th, 2021

3連休前の1月8日金曜日の「経営指針と経営者の自覚 1」の続きです。
前回は、アンケートから経営指針実践の結果として「経営者の自覚が高まった」という回答が一番多かったという内容でした。

その中で、「経営者の自覚が高まった」という回答を選択していないケースは以下の3パターンがありました。

一つめは、経営者以外の人が参加していた場合。一応アンケートの質問には「経営者(参加者)」とはあるのですが、かっこの記述はあまり意識されていないのではと思います。

二つめは、経営指針実践の効果が無かった場合。経営指針実践の結果を問う質問には、何もえらんでいなかったり、ネガティブな項目である「効果なし」を選んでいる場合です。

最後の三つめは、経営指針参加前から経営理念や経営計画に取り組んでいるなど、経営者の自覚がすでに高まっていたと推測される場合です。

2番目に関してはもう少し深く分析する必要がありますが、それはまた明日のブログで。

 

 

 

 

皆様の励ましのクリック 本当にありがとうございます。
↓ ↓ ↓

現在は北海道のカテゴリで17位前後です。

(環境によりバナーアイコンが表示されないケースもあります。そのさいはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントが
カウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

新型コロナの今だから新たに学び始める

月曜日, 1月 11th, 2021

英国BBCのサイトの記事に、新型コロナで閉ざされた世界となった今、語学の勉強を始める人たちが増えているというのがあるとツイッターで紹介されていました。(https://www.bbc.com/worklife/article/20201230-why-are-we-learning-languages-in-a-closed-world

実は私もこの口で、昨年の2月下旬くらいから中国語検定試験を目指す気持ちになり、ゴールデンウィークを挟んだ前後の緊急事態宣言の自粛期間中にZoomなどのオンラインツールを使って学習の世界を拡げ始めました。

そういえば、昨年の春は語学に限らず色々な分野でオンライン教材を無料で提供する動きもありました。しかし、自分の自由になる時間は限られていますので、やはり一番興味が向いている対象だけしか続いていません。

オンライン学習の良さの一つは、地域という枠を越えて同好の士とSNSを通じあえることです。孔子は、「有朋自遠方来、不亦楽乎」(遠方から同好の友がやってくるのも楽しいものだ)と書いていますが、孔子の時代は長い距離を徒歩で移動していたのが、今はインターネットで瞬時につながりますから、孔子が今の時代に生きていたらずっとパソコンに釘付けでしょう。

孔子は先ほどの言葉の前に「学而時習之 、不亦説乎 」(学んだことを身につけるは喜ばしいものだ)とも書いています。語学に限らず、何かを学び身につけること、そして同好の士と交わること、これが今の時代の一番のお勧めです。

 

 

 

 

皆様の励ましのクリック 本当にありがとうございます。
↓ ↓ ↓

現在は北海道のカテゴリで15位前後です。

(環境によりバナーアイコンが表示されないケースもあります。そのさいはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントが
カウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

学習環境

日曜日, 1月 10th, 2021

リフトが整備されたおかげでスキーの上達スピードが加速された、そんな話を昔聞いたことがあります。

昨日、Zoomを使った中国語音読の集まりに参加して、語学学習の環境変化をつくづく感じました。昨日の勉強会は、中国語の参考書を何冊も出版し、NHK中国語講座の先生もしていた方の呼びかけで行われたもので、全国から10数名集まりました。参加者の皆さんは流ちょうに音読されていましたが、中には中国語学習歴が短い方もいて驚きでした。

以前読んだ本に昔の中国語の勉強法として、中国からのラジオニュースを短波で受信し、ディクテーションをする。後日船便で送られてくる中国の新聞で答え合わせをするという話がありました。私の40年ほど前の大学生時代には学校のLL教室でコピーした教科書のテープをラジカセで聞く勉強方法でした(あまり勉強はしませんでしたが・・・)。テープ代を節約するために長時間用テープを使うと、頻繁に巻き戻しなどを行うとテープが切れたり巻き付いたりしたものでした。

今は本にはCDがついていたり、または音源をダウンロードできたりしますし、CDの音源はパソコンに取り込むことができ、パソコン上で再生するのは気のすむまでやってもテープのような不便なことはありません。また、再生ソフトも細かな操作ができるものが市販されています(私はiPhone用のSpeaterという再生ソフトを使っていますが、非常に便利です) 。

そして、ツイッターやフェイスブックなどのSNSで全国区の先生たちとやり取りができ、Zoomなどのオンラインソフトで移動の時間も費用もかからずにレッスンを受けることができる環境となりました。

やる気さえあれば、今ほど学習に適した環境はないと思います。

 

 

 

 

皆様の励ましのクリック 本当にありがとうございます。
↓ ↓ ↓

現在は北海道のカテゴリで14位前後です。

(環境によりバナーアイコンが表示されないケースもあります。そのさいはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントが
カウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

教育のアップデート

土曜日, 1月 9th, 2021

中国語の勉強を少しずつ続けていて、週に一度のペースで中国語会話教室のレッスンにも通っています。最近、新しい方がレッスンに入ってきましたが、昨年上海に行った際にその大都市ぶりに驚いたというのが中国語を学ぼうとした動機だそうです。

中国の鄧小平が解放改革を唱えたのが70年代末。その後1989年に天安門事件が起き、翌年は経済がマイナス成長、そこからの30年に渡る経済成長が現在の中国につながっています。

私の感覚では、90年代は日本>中国、00年代は日本=中国、10年代は日本<中国というイメージです。実際にGDP世界2位の座を中国に奪われたのが2010年でした。

21世紀の中国の実態を知らず、小学校、中学校、高校くらいで習った中国のイメージしか頭に残っていない、そんな人が30代以降の人たちに少なくないのではと思います。

20年、30年も経てば、以前受けた教育の内容のアップデートも必要だと思います。

 

 

 

 

皆様の励ましのクリック 本当にありがとうございます。
↓ ↓ ↓

現在は北海道のカテゴリで14位前後です。

(環境によりバナーアイコンが表示されないケースもあります。そのさいはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントが
カウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

経営指針と経営者の自覚 1

金曜日, 1月 8th, 2021

中小企業家同友会では経営指針(経営理念、ビジョン、経営方針、経営計画)を成文化し実践する運動を進めていて、その勉強の場が各地の同友会で提供されています。北海道中小企業家同友会では会員の経営指針の実態を把握するために年に1度のアンケートを調査を続けており、現在は私がその担当となっています。

アンケートの回答からわかる経営指針による一番の変化は、「経営者の自覚が高まった」ことです。会社を作ったばかりの経営者でも、経営指針のお手本といわれそうな会社でもそうなのです。もちろん、「経営者の自覚が高まった」を選ばない会社もあります。

なぜ、経営指針に取り組むと「経営者の自覚が高まった」となり、どんな場合にそれが選ばれないのでしょうか。
今後、このテーマで記事投稿をしていこうと思います。

 

 

 

 

皆様の励ましのクリック 本当にありがとうございます。
↓ ↓ ↓

現在は北海道のカテゴリで13位前後です。

(環境によりバナーアイコンが表示されないケースもあります。そのさいはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントが
カウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

皆様の励ましのクリック 本当にありがとうございます。
↓ ↓ ↓

現在は北海道のカテゴリで14位前後です。

(環境によりバナーアイコンが表示されないケースもあります。そのさいはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントが
カウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

Zoomに望む新機能

木曜日, 1月 7th, 2021

昨日の「オンライン講座の受講について」では、Zoomなどのオンラインミーティングでカメラをオンにするかしないかの話をしましたが、カメラオンの場合で、Zoomに付加してもらいたい機能があります。

それは参加者の顔(カメラ画像)を必要以上に大きくできない、解像度を高めないというものです。実際の会議では他人の顔をまじまじと見つめることなどほとんどないでしょうが、現在のZoomであれば特定の人の画像をアップにしてじっと見つめていることが可能です。こういうことをできなくするオプションがあっても良いかと思うのです。

ネットの向こうではあなたの顔をアップでじっと見つめ、そしてスマホで撮影しているような人もいるかもしれません。そういうこともあるので、カメラオフの参加者もいるのだろうと思います。

 

 

 

 

皆様の励ましのクリック 本当にありがとうございます。
↓ ↓ ↓

現在は北海道のカテゴリで14位前後です。

(環境によりバナーアイコンが表示されないケースもあります。そのさいはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントが
カウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。