Archive for 8月, 2020

経営理念共有のために 2.まずは思いを定める

月曜日, 8月 31st, 2020

昨日、
「同友会のアンケートでも規模が小さな会社ほど経営理念の成文化・公開ができていません。経営者が自らの思いを従業員に語る、まずはここから始まるのだと思います。」
と書きました。

組織は小さいほど組織内の距離が縮まり近接性が増し、そのぶん内にこもり外部との隔たりが大きくなるといわれています。(注)
近接性が増せば増すほど、言葉はいらないという世界となっているように思います。

しかし相思相愛の間柄でもない限り、以心伝心というわけにはいきません。
言葉にしていないために相手の思いの誤解やそれ以前の無関心に陥ります。

そうならないためにもまずは経営者が会社、そして経営に対する思いを語ることが必要なのですが、そのためにはまず自らの思いを定めなければなりませんし、さらにそのためには考えなければなりません。

何のために経営をするのか、この会社の存在意義は何か、このような基本的なことをまず考えることが必要です。

(注)「中小企業経営の特徴と近接性」(山口隆之 2012)

 

 

 

 

皆様の励ましのクリック →  本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで12位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

経営理念共有のために 1.始めに言葉ありき

日曜日, 8月 30th, 2020

ビジネスでもスポーツでも一つの組織が成果を上げるためにはメンバーの思いの共有が必要でしょう。成果を上げている組織は、組織のエネルギーを共通の思い、目標に向かって燃やしている、そんなイメージです。

そして、これの最初のステップが、組織で共有すべき思いや目標を明らかにすることでしょう。
会社でいえば、経営者自らの思い、または、経営者と従業員が話し合った結果としての共通の思いを明らかにすることが必要です。
しかし、同友会などでいろいろな会社の様子が耳に入ってきますが、なかなかこれができないようです。

同友会のアンケートでも規模が小さな会社ほど経営理念の成文化・公開ができていません。

経営者が自らの思いを従業員に語る、まずはここから始まるのだと思います。

 

 

 

 

皆様の励ましのクリック →  本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで12位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

時代を経て今に残る名言

土曜日, 8月 29th, 2020

時代とともに消えていく流行語はいっぱいあります。
それと反対に時代を経てもそれでもなおかつ今に伝わり残る言葉があります。
その違いは世の中の原理原則、核心を突いているかどうかでしょう。

私は30年ほど前から専門学校や大学での非常勤の授業を受け持ってきました。
またそれ以前には、ワープロスクールの運営責任者として直接生徒さんへの指導もしていました。
その経験から、なるほどまさにそうだと共感する言葉がフランスの詩人アラゴンによる、
「教えるとは希望を語ること、学ぶとは誠実を胸に刻むこと」です。

昨日、北海道中小企業家同友会札幌支部経営指針員会主催の第17期経営指針研究会全体研修会が行われ委員会2役として参加してきましたが、一人の研究生が自社の経営理念としてアラゴンのこの言葉を使っていました。

このアラゴンの言葉と同様に私の心に残る言葉が、ガリレオ・ガリレイによる、
「人にものを教えることはできない。みずから気づく手助けができるだけだ」という言葉です。

経営指針研究会のサポーターなどのスタッフの役割は、教えるということではなく、ともに希望を語り、研究生の気づきの手伝いをする役割です。

 

 

 

 

皆様の励ましのクリック →  本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで12位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

知恵の伝承

金曜日, 8月 28th, 2020

人類が誕生してからいろいろな知恵が蓄えられてきています。人類共通の財産である知恵の塊が少しずつ大きくなっています。

これはもっと小さな単位、会社や団体、そして個人にもあてはまります。

例えば、本日私は北海道中小企業家同友会札幌支部経営指針委員会主催の第17期経営指針研究会の中間報告会に参加しますが、同友会でも経営指針委員会でもその中で培われた知恵の塊があります。

組織に属する者の務めとしては、知恵の塊を増やすことに貢献するとともに、このような知恵の塊があること新しい人たちにきちんと知らしめることでしょう。

 

 

 

 

皆様の励ましのクリック →  本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで12位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

人生という時間

木曜日, 8月 27th, 2020

以前このブログの「時間の使い方」というタイトルで、
「お金と違って時間は常に一定の量が私たちに与えられています。
お風呂の水が溜まるのには時間がかかりますが、待っていれば必ず溜まります。
しかし、その間に水をあれこれ別の用途に使ってしまえばなかなか溜まりません。」
と書きました。

9月と11月に中国語の検定試験があり、その準備も時間の隙間に少しずつしているのですが、そこで見つけた中国語で、「不爱惜时间就是浪费生命」というのがありました。
「時間を大切にしないことは命を粗末にするのと一緒だ」という意味です。

昨日、同友会札幌支部経営指針委員会主催の第3期経営指針実践ゼミがありサポーターとして参加してきましたが、会社にいる時間は給料と引き換えにした時間という意味の表現がありました。
世の中には働くことをこのように、給料もらっている分、自分の時間を会社に売り渡していると思っている人もいるかもしれません。

そうであれば、その人にこそ、「不爱惜时间就是浪费生命」という言葉を贈りたいと思います。
会社に売り渡したと思っている時間もまぎれもなくあなた自身の命の時間であり、そこをおざなりにするということは、あなた自身の人生をおざなりにしているのだということです。

それにしても「不爱惜时间就是浪费生命」とあっても読めなければ記憶できないですよね。
カタカナで表記すると「プアイシシージエンジュウシランフェイシェンミン」という感じですが、意味不明の音の羅列、これも記憶には向きませんね。
漢文書き下し文ふうにすると「時間を愛惜しない(愛し惜しまない)のは、まさに是(これ)、生命を浪費するものなり」という感じでしょうか。

 

 

 

 

皆様の励ましのクリック →  本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで13位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

住む世界を変える 2

水曜日, 8月 26th, 2020

昨日の蜘蛛の話ですが、蜘蛛自身としては目の前のことを一生懸命やっているのですが、それがどのような環境で行われているのかその位置づけがわからないという状態でしょう。

以前聞いた稲盛和夫さんの講演録では、中小企業の社長が周りを見ずに走り回っているがそんなところを走っていては穴に落ちたり崖から落ちたりするのに危ないなぁと思ってみていると案の定そのように失敗しているという話がありました。

結局、目の前しか見えておらず、全体が見えていないということでしょう。
そうならないためには一段上から俯瞰できるように住む世界を変えていくことが必要なのだと思います。

そしてそのためには世の中の原理原則を学んでいくことが必要なのではないかと思います。

 

 

 

 

皆様の励ましのクリック →  本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで12位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

住む世界を変える

火曜日, 8月 25th, 2020

最近出勤時に車を見ると蜘蛛の巣がかかっていることが時々ありました。
昨日もそうで、蜘蛛の巣を払ったあと良く見てみると運転席側のミラー下に立派な蜘蛛がいました。
どうしようかと思いましたが、そのまま運転し会社へ行きました。
で、どっかに飛んでいったかなと思って確認したらまだ同じ場所にいました。
そのままほっておいて会社へ。
午前中の外出時に見てみるとまだ同じ場所にいます。
さすがに、木切れを拾い草むらに蜘蛛を移しました。

さて、蜘蛛にとってはどんな出来事だったでしょうか?
事情を知る人間は上記のように説明できますが、事情をしらず直面している出来事でしか判断できない蜘蛛にとっては今日の出来事をどう解釈したでしょう。
蜘蛛にとっては車やそしてたぶん人間も理解できない存在でしょう。

今、世間では新型コロナウイルスなど直面する問題に右往左往しているようにも見えます。
人間を超えた世界に住む人(?)は、人間を今回の蜘蛛のように思っているかもしれません。

 

 

 

 

皆様の励ましのクリック →  本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで13位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

環境と経営 ポイント

月曜日, 8月 24th, 2020

自分たちの組織とそれをとりまく外部環境とにどう接点をつけていくか、それが経営の問われるところなのだと思います。

外部環境からの情報・刺激を受動的に処理するだけではなく、外部環境に向けて積極的に発信して働きかけることも必要です。
さらには少しでも外部環境の変化をコントロールできるように自分たちの組織と外部環境との間に関係性を築いていくことが求められるのだと思います。

そのようなことをどう具体的に展開していくか、それが経営計画であり、やはり計画することによって会社が良くなっていくのだと思います。
 

 

 

 

皆様の励ましのクリック →  本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで12位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

環境と経営 後半

日曜日, 8月 23rd, 2020

昨日、
「外部環境と組織の意志をどう結び付けるかということが問題となります」
と書きました。

例えば売上目標、販売計画を立てるとしても、買うか買わないかはお客さんが決めることであって、自分たちでいくら計画してもそれは無意味だ、そう思っている経営者は小規模・小企業では少なくありません。

これはいわば環境と自社のつながりを否定しているようなもので、今、売上があがっているとしてもそれは偶然そうなっているということになります。環境が変われば売れなくなります。
そうなった時、たぶん、景気が良くなればまた以前のように戻るだろうと考えているのかもしれません。

現在の新型コロナによる環境激変の時代でも頭を下げて通り過ぎるのを待っていれば元のように戻れるのでしょうか。

この続きはまた明日。
 

 

 

 

皆様の励ましのクリック →  本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで12位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

環境と経営 前半

土曜日, 8月 22nd, 2020

昨日の、中小企業経営の二つの課題
・現状認識が弱いこと
・財務分析・経営計画ができないこと
に関する話です。

経営とは何か?
いろいろな定義はあるでしょうが、私は「組織を運営すること」というのがしっくりきています。
会社という組織を運営することも経営であり、できれば上手に経営したいものです。

上手に経営するためには、組織内部だけではなく組織を取り巻く環境に注意を払う必要があります。外部環境と上手く折り合いをつけなければ組織の運営は成り立ちません。

ただこの外部環境は組織の意志にはかかわらず変化していきます。
今回の新型コロナウイルス感染拡大による変化もその一例です。
ですが、それでも環境と折り合いをつけなければ経営はできません。

外部環境と組織の意志をどう結び付けるかということが問題となります。

この話、明日に続きます。

 

 

 

 

皆様の励ましのクリック →  本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで11位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。