2019年9月5日 のアーカイブ

どんな教育を受けた人たちから教育を受けたか

2019年9月5日 木曜日

4年ほど前にこのブログで日本的経営がいつ生まれたかについて書いていた時に紹介したのが下の表です。

この表の解説として以下のように書きました。

江戸時代に学問として確立され一部の商人にも影響を与えた儒教は、明治23年(1890年)にその影響を受けた教育勅語学校で教えられるようになり、敗戦後の昭和23年(1948年)まで学校では修身の授業で教えられました。

自ら学校で(そしてたぶん家庭でも)儒教の教えを受けた世代を第1世代とすると、1945年から30年くらいは、つまり1975年くらいまでは社 会の中心がその世代で、その後10年から20年かけて、その次の第2世代、つまり自分は直接授業の教えを学んでいなく、その教えを受けた教師や親のもとで 育った世代が社会の中心となったと考えられます。

日本の高度成長期を担いジャパンアズナンバーワンと称されたのは、この第一世代が中心でした。
そしてバブルが崩壊する1990年代には、その第一世代が現役世代からいなくなった時代です。

現在は、第2世代の次、自分はもちろん、親や教師も直接に儒教の教えをうけていない第3世代へと時代は移っています。

濃い水色第1世代は、薄い水色の第一世代から教育を受けた世代で、つまり教育勅語教育を受けたものから教育を受けた世代、一番教育勅語教育の影響を受けていると考えられる世代です。
0世代は教育勅語以前の世代です。

 

以上が、表の解説ですが、どのような教育を受けたかというのは大事なファクターですが、教育の内容を決めるのはその教育をする世代がどのような教育を受けたのかが大きく影響するのではないでしょうか。
つまり、「どのような教育を受けた人に教育を受けるのか」これが重要なのだと思います。

この話、明日に続きます。

 


 

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで17位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する
株式会社シンクシステムズのサイトはこちら
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆