2019年5月3日 のアーカイブ

人間の本質 3

2019年5月3日 金曜日

われわれ人間も含めて、この世のもの全ては宇宙の一部であると昨日書きました。
では、宇宙とはどんなものでしょうか?

昨日は137億年ほど前の素粒子の衝突によるビッグバンにより宇宙が生まれたと書きましたが、いくつかのサイトではビックバン以前の様子が説明されています。

宇宙の誕生以前は何もない状態であったと思いますが、この何もない状態は何もないのではなくプラスの素粒子が生まれてはマイナスの素粒子が生まれ相殺し合って消えていくという「ゆらぎ」の状態にあったそうです。
それがたまたまプラスの素粒子が集中して、そこから宇宙は急速に拡大し1㎝四方の大きさになったそうで、それを「インフレーション」というそうです。

そしてその後「ビッグバン」が起こり、宇宙は急速に拡大し、その世界では、素粒子が結合し、水素原子ができ、水素原子が結合しヘリウムができ、物理の教科書に載っていた周期表のように各原子ができあがり、そしてまた、原子同士が結合し分子が生まれ、物質が生成され、さらには高たんぱくが生まれ、そこにDNAが組み込まれて生命体が生まれる、そんな流れがあったと考えられます。

そして、宇宙は今現在も拡張を遂げています。
このような宇宙の歴史を考えれば、宇宙は進化・発展するものであると考えることができます。

われわれ人間も含めて、この世のすべての物は宇宙の一部であり、その根源をたどれば同じ素粒子に行きつきます。
つまり、この世に存在するものは全て根っこは同じものであり、現在たまたまその姿をそれぞれの姿に変えたものであると考えられます。
そして、この世に存在するもの全てに、宇宙の進化・発展するという性質があると考えられます。

宇宙の一部であるわれわれにも、進化・発展するという宇宙の流れがあるはずです。
 

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで18位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する
株式会社シンクシステムズのサイトはこちら
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆