2019年4月20日 のアーカイブ

近接性から見た親子、兄弟、夫婦での経営

2019年4月20日 土曜日

They never meet without quarreling. 彼らは会えば必ず喧嘩をする。
中学校の頃、英語の勉強で覚えた例文です。

中学校を卒業して何十年もたって、「会えば必ず喧嘩をする」という言葉をときどき聞くようになりました。

それは、親子で経営にあたっている経営者、兄弟で経営にあたっている経営者、夫婦で経営にあたっている経営者、つまり家族で経営にあたっている経営者のいる会社の関係者からで、経営者同士が会議、話合いの場で「会えば必ず喧嘩をする」で、まっとうに経営の話ができないというところからです。

何度か紹介している、フランスの学者トレスが提唱している「近接性」という概念ですが、トレスは中小企業の特徴はより小さな会社、小規模企業に表れると仮定し、「近接性という概念は、小規模企業の経営現象にみられる二つの側面、すなわち、心理的、空間的、時間的に、より近くの事柄を優先するという傾向、および閉じこもり孤立する、という傾向を同時に理解するのに役立つものである」といっています。

なぜ親しいはずの家族関係が経営の話になると喧嘩になるのか?

考えるに、小さな会社の経営は問題だらけです。
経営者である自分のできていないところも自覚しています。
お互いにそのできていないところに触れらたくない、そのような自己保身の気持ち、つまり家族という関係よりより近接な自分という個人を尊重する結果、ついつい相手に対して攻撃的になるのではないか、そのように思います。

これを読んでいらっしゃる家族経営の方、どうでしょうか?

このように自分たちの普段の行動が理論で説明されているのを知ると、自分たちの行動を客観的に考えることができるようになります。

 

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで16位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する
株式会社シンクシステムズのサイトはこちら
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆