2018年10月 のアーカイブ

社長ごっこ

2018年10月31日 水曜日

5年ほど前にこのブログで紹介した伊丹敬之さんの『よき経営者の姿』に書かれている次の一節を、改めて紹介します。

「まず、自分には能力があって社長になったと思い込む。そして、能力を確かめたくなる。かっこをつけたくなる。そのため、社外のいろいろな会合(できるだけハイレベルで有名人が集まる)に頻繁に顔を出すようになる。そこで得た情報が最先端の情報、時流と思い込み、社内ではオレしか知らない、とひそかに自慢に思うようになる。そして、その情報をもとに、『社長ごっこ』『経営ごっこ』が始まる。
かっこよく業績を上げることを考え、それは難しくないと思い始める。それが簡単ではない現実を見ると、うちの会社は本当に馬鹿ばかりでどうしょうもない、という発言をするようになる。社長の集まる会合でも、同じような素質を持った社長連中が集まっているため、『うちはだめなやつが多くて』とお互いに愚痴を言って、満足するようになる。
そして、また自社に戻って、社長ごっこ、経営ごっこをする。それは、業種が異なっても同じである。集まっては散らばり、を社長たちはあちこちで繰り返して行うのだから、社長ごっこの誤りは日本中に広まり、みんながグローバルスタンダードに従え、と言い出すことになる。」

 

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで17位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する
株式会社シンクシステムズのサイトはこちら
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

想定外を想定するということ

2018年10月30日 火曜日

一寸先は闇という言葉があります。
将来何があるかはわからない、先は読めない、ということです。

先が読めなければ、転ばぬ先の杖が必要です。
転びそうなほどの天変地異があっても、体を支えることのできる余裕が必要だということです。

会社にとっての余裕とはいつでも支出可能なお金でしょう。
売上が激減するなどのことが起きても、通常通りの支払いが可能な資金的余裕、内部留保を蓄えることが、転ばぬ先の杖となります。

しかし、このような話に対して、
内部留保を積み増しできるほどの利益がでるのであれば賃金を上げるべきだとか、
設備など先行投資をするべきだという声があがります。

もちろん必要な賃上げや投資は必要ですが、
儲かった分それらを行うというのは間違いでしょう。

なぜなら今年の稼ぎは過去の蓄積があっての稼ぎであり、
また現在の稼ぎが将来の稼ぎのもととなっているからです。

儲かった分使おうというのは、昨日も書いたように、先々も同じように稼げるという根拠のない幻想からの発想でしょう。

 

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで15位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する
株式会社シンクシステムズのサイトはこちら
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

余裕を作る

2018年10月29日 月曜日

いろいろな統計資料を見ていても、やはり日本の中小企業には余裕がある会社が少ない状況です。企業規模が小さくなればなるほどそうです。

またそれらの統計資料からその要因を考えると、どうもお金が入ってきた分使っているという状況が浮かんできます。

さらにこの要因を考えると、もともと収入が少なく、多少収入が増えてもすべて支払いにまわるという場合と、収入が増えるとそれに応じて支出も増やしている場合の二通りが考えられます。

前者の状況が続く場合は会社の存続は難しいので、後者の場合を考えると、その背景には将来も変わらず収入があると思っているのではないかと思います。

だから、リーマンショックなど不意のアクシデントがあると危機に瀕した状況になるのです。

想定外を想定し、予め余裕を持とうと思うことが大事ですね。

 

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで15位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する
株式会社シンクシステムズのサイトはこちら
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

逆天行道

2018年10月28日 日曜日

先日読んだ中国の人の文章に今日のタイトル「逆天行道」という言葉がありました。

宇宙の動きは人々の意志で変えることはできないというのが、その言葉のもともとの意味合いらしいです。

このブログで何度か触れていますが、ビッグバン以来、宇宙は成長・発展をし続けています。
その成長・発展という流れに人間が逆らうことができないのであれば、成長・発展するしかありません。

 

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで15位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する
株式会社シンクシステムズのサイトはこちら
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

人生方程式の解釈

2018年10月27日 土曜日

京セラ創業者の稲盛和夫さんは人生方程式ということをおっしゃいます。
それは、人生・仕事の結果=考え方×熱意×能力というもので、
考え方はプラス100点からマイナス100点まで、熱意と能力はそれぞれ0点から100点まであり、それらの積で人生や仕事の結果の値が計算されるというものです。

これを私は次のように解釈します。

「能力」は未来進行形で捉えます。今は「能力」が低くとも努力(熱意)とともに伸びてくるものです。そして、「熱意」、これは誰にも負けない努力と言い換えることができます。能力のある人、または能力が伸びてきた人は、より高い目標を持ち、能力がないと思って努力する、そして能力が伸びてきたらさらに高い目標を持って努力する。その繰り返しが誰にも負けない努力であって、その積み重ねの結果がその分野でのNo.1への道なのだと思います。

こういうことをわかっていたとしてもなかなかそれを行動に移せない現実があります。稲盛さんは「考え方」はプラス100点からマイナス100点まであるとおっしゃいます。こういわれると何もしていないとプラスマイナス0点だと思いがちですが、人間は肉体を持った動物であり、何もしないでいると楽をしたい、休みたいというマイナスの考え方にどんどん引っ張られます。私は「考え方」はマイナス無限大からプラス無限大なのだと思います。心は鍛えないとマイナス無限大にどんどん引っ張られるのです。そうならないように、「人間として何が正しいのか」というプラスとマイナスの境にある判断基準をプラスに乗り越えていく必要があるのです。

そうしなければ、誰にも負けない努力であるところの「熱意」やその結果伸びてくる「能力」は出てこないのです。そういう意味では「考え方」こそすべてであり、その根っことなる「人間として何が正しいのか」ということが生き方の原点であるといえます。

 

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで15位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する
株式会社シンクシステムズのサイトはこちら
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

同時代の共有だけでなく時間の縦の共有も大事

2018年10月26日 金曜日

会社というのは株主だけのものではなく、そこで働く人たち、そしてお客さんや仕入先など関係する人たち皆のものであるという認識が大事だと思います。

が、それは、今現在のことだけでなく、今を築き上げた過去の人たちがいたからこそ今があるのであり、また将来に続くために今があるのだいうことも大事です。

会社という共有の場を維持・発展させていくためには経営の余裕が必要です。
経営の余裕とは何か?余裕がない結果起こる倒産というのは支払いができなくなった時に起こります。つまり支払ってもまだ余裕があることが経営の余裕であり、それは支払いより多い収入によってもたらされます。

売上から費用を引いたものが利益ですから、経営の余裕とは利益であり、その利益は今の人たちだけの利益ではなく、過去、現在、未来、時代を縦のつながりにかかわる皆のものであるという認識が大事なことだと思います。

 

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで15位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する
株式会社シンクシステムズのサイトはこちら
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

友好は庶民の相互理解から

2018年10月25日 木曜日

小樽商科大学では卒業生が自分の人生を在学生に語る「エバーグリーン講座」を開講しすでに30年を経過しています。私はその運営のお手伝いをしていますが、昨日、今年度の3講目の講義を受講してきました。

昨日の講師の方は第2次世界大戦終戦時満州にいて、ソ連が参戦してきたため母と妹と小学1年生だった本人3人で逃げている時に抗日パルチザンに襲われ、妹が亡くなり母が腕に怪我を負ったというお話がありました。また、お父さんは兵隊となり戦死されたとのことで、学生からも戦争をリアルに感じたという感想のでるお話が導入部分の講義でした。

その後、元使用人だった中国人のお世話を受け中国で暮らし、数年後日本に戻り大学ではまた中国語を学び、その後、中国や北朝鮮などとの貿易の仕事につき、現在は中国語の全国通訳案内士をされているとのことでした。

お話から、やはり国と国との交流も、その初めには人と人との交流があり、これが基本だと感じたところです。また、お話をうかがっていて頭に浮かんだのはNHKドラマになった山崎豊子の「大地の子」ですが、講師も学生にその一読を進めており、学生の感想にもその作品に触れたものがありました。

他人の人生を自分の人生の参考にする、これは大事だと改めて思います。

 

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで15位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する
株式会社シンクシステムズのサイトはこちら
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

常により高い目標を持つ

2018年10月24日 水曜日

昨日、人を育てることはできないという林修先生の言葉や、「人にものを教えることはできない。みずから気づく手助けができるだけだ」というガリレオの言葉を紹介しました。

成長とは、できなかったことができるようになることであり、そのためには今の実力を越えた目標を常に持ち続けることが大切です。

 

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで15位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する
株式会社シンクシステムズのサイトはこちら
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

人を育てることはできない

2018年10月23日 火曜日

テレビ番組で「今でしょう!」の林先生が「教育とは教えて育てると書くが、教えることはできても、育つか育たたないかは本人次第であり、人を育てることはできない」と発言していました。

以前にもこのブログで紹介していますが、ガリレオは次のような言葉を残しています。
「人にものを教えることはできない。みずから気づく手助けができるだけだ」

「みずから気づく」環境ときっかけ作りが、学校なら学生の、会社なら社員の自主的な努力と成長のもとになるのだと思います。

 

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで15位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する
株式会社シンクシステムズのサイトはこちら
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

目標の高さ

2018年10月22日 月曜日

昨日、結果を変えるのは習慣だと書きました。
その習慣ですが、どのような習慣を身につけるか、それのもとになるのがどのような目標を持つかということかと思います。

昨日紹介したように、
帯広で行われた北海道中小企業家同友会主催の全道経営者”共育”研修会の講演会でのオカモトグループの岡本謙一さんの講演では、岡本さんは33才の時に、ポール・マイヤーのSMIのテープに出会い、夢・目標の大切さを感じ、その後、土屋公三さんの3KMを学び、今から23年ほど前の年商50億円の時に、2011年の年商400億円、2021年の年商800億円という目標を立てたという話がありました。
そして、毎日の朝礼で目標を書いた手帳を見直し、そのための行動を積み重ねた結果、前期で年商956億円、今期の見込みは1150億円だそうです。

世界史に残る偉人達も、どんな偉大なことも一歩一歩の積み重ねからなるといっています。人は大きな力、潜在力を持っているのです。どうせ持つのなら高い目標を持つべきなのだと思います。

 

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで15位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する
株式会社シンクシステムズのサイトはこちら
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆