2018年5月29日 のアーカイブ

実学 2.1対1の対応を貫く【1対1対応の原則】

2018年5月29日 火曜日

5月3日の「実学 1.キャッシュベース経営の原則」から始めた『稲盛和夫の実学』の紐解きですが、今日からは第2章「1対1の対応を貫く:1対1対応の原則」の紐解きです。

第2章の冒頭には、1章の「キャッシュベースの経営」と本章の「1対1対応」が稲盛会計学を貫く基本原則であると書かれています。

全従業員の物心両面の幸福を追求するのであれば会社は永続しなければならず、どんな環境変化にあっても倒産しないためにはキャッシュの余裕が必要であり、そのための「キャッシュベースの経営」だと以前紐解きました。

本章の「1対1対応」は、会計が会社の事実を事実のまま表すものとして機能するために必要なことですが、「『1対1の対応』の原則は、会計処理の方法として厳しくまもられなければならないだけではなく、企業とその中で働く人間の行動を律し、うちから見ても外から見ても不正のないガラス張りの経営を実現するために重要な役割を担うものである」と書かれています。

「1対1対応」は、第5章の「ダブルチェックによって会社と人を守る」、第7章の「透明な経営を行う」とも密接に関係します。

 

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで15位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。)

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

社長(あなた)の思いは伝わってますか?
研修サポート 「経営者の想いを社員の方に伝えるお手伝い」
詳細はこちら http://www.thinkweb.co.jp/documents/support1.pdf

————————————————————————

社長(あなた)が悩んでいることは、すでに先人が考え抜いたことかもしれません。
研修サポート 「経営に活かす原理原則『経営学百(100)年の智恵』」
詳細はこちら http://www.thinkweb.co.jp/documents/support2.pdf
————————————————————————

《《日報給与管理システムのご案内》》 【後志・石狩・空知限定発売中】
作業日報の入力で、現場人工管理と給与計算両方ができます。
http://www.thinkweb.co.jp/business/cpk.php

————————————————————————

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する弊社ホームページ
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★