2015年3月7日 のアーカイブ

強く持続した思い その2

2015年3月7日 土曜日

 例えば、中学入学時にはA高校に入りたいと思った生徒が100人いたとして、実際の高校受験時までその思いを持ち続け受験する割合はどれくらいでしょう?
最初はA高校と思ったけれども、テストの成績はそれに及ばす、かといって自分の勉強方法も改善せず、まわりの状況を見ると勉強できる奴は成績を伸ばしている・・・
そんな状況にいるうちに次第とA高校のことは忘れ、まあまあ無理のないB高校やC高校にしようかと思う人もいるでしょう。

 経営者はどうでしょう?
日本の会社のほとんどは中小企業ですが、中でも小規模な会社の割合が多く、役員を除く社員数が5名以下の会社を小企業と言いますが、これが日本の会社の8割以上を占めています。
私自身、その小企業の経営を20年以上続けてきましたし、多くの小企業経営者を見てきました。

 小企業経営者の実情はこんな感じです。
A高校に入りたいというような明確な目的を掲げる経営者は多くない。同友会のアンケートでも7割以下ですから、実情は半分もいないでしょう。
A高校に入るための具体的な計画を立て実践しようとする経営者は少ない。同友会のアンケートで5割程度ですから、実際は2〜3割というとこでしょうか。
そして、A高校にはいるために1年、2年と「強く持続した思い」を持って努力を続ける経営者はどれだけいるでしょうか?
多くの小企業経営者は目先の仕事をこなすことだけに時間を使い、明確な目的を持ち、具体的な計画を立て、「強く持続した思い」を持ってそれに取り組むということをしている経営者は、せいぜい2〜3割だと思います。

 明日は、私自身の経験を述べます。




皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。

現在は北海道のカテゴリで13位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。

会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。)







日報から出面表管理まで 労賃給与計算システムのご案内
http://www.thinkweb.co.jp/business/cpk.php
考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する弊社ホームページ
http://www.thinkweb.co.jp