2014年6月 のアーカイブ

関係性を作る

2014年6月30日 月曜日

 経営理念、経営方針、経営計画の大切さを説いていますが、経営計画のなかの売上計画、これが計画とおりになる保証がないのが現実です。

 買うか買わないかはお客さんが決めることですから、そこには「販売の不確実性」が存在します。

 では、売上計画を立てることに意味が無いのか?
そんなことはありません。それは多くの会社が売上計画を立ていることからもわかります。

 「販売の不確実性」を減らすには、より多くのお客さんとより多くの関係性を作るしかないでしょう。
関係性とは、お客さんと自社との結びつきであり、お客さんのニーズを把握しそれに応える関係性です。
この関係性を作ることにより、「販売の不確実性」が減り、読める売上が増えてくるのでしょう。




皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。

現在は北海道のカテゴリで13位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。)







経営計画研究会のご案内
http://www.thinkweb.co.jp/documents/keieikeikaku.pdf
労賃・給与計算システムのご案内
http://www.thinkweb.co.jp/business/cpk.php
考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する弊社ホームページ
http://www.thinkweb.co.jp

情報量と必要な情報

2014年6月29日 日曜日

 論語は紀元前500〜600年ほど前の孔子とその弟子たちの言動録をもとに書かれていますが、その時代の書物は紙ではなく竹簡・木簡(竹や細長い板などに1〜2行文字を書き、それを紐で綴じた巻物)に書かれたものでした。

 たぶん、一つの木簡の巻物は、今のA4版1枚のワープロ原稿より少ない文字数だったと思います。
同時代の孫氏の兵法もA4版にしたら数ページのものでしょう。
孔子の一行は大八車に木簡の巻物を積んで移動しますが、大八車一杯の巻物も、今の文庫本数冊分の情報量もないと思います。

 では、音声による情報伝達はどうかというと、テレビもラジオも電話も無い時代ですし、人と人が直接会って話をするといっても移動は徒歩かせいぜい馬ですので、行動範囲も限られ、移動に時間もかかります。

 今はその時代とは桁違いの情報があふれていますが、思考のレベルがそれだけ桁違いかと考えると、そうでもないでしょう。
人生という有限な時間の中で、自分にとって必要なそして大事な情報を見きわめ吸収することが何より大事なことになってきていると思います。

 6月27日はヘレン・ケラーの誕生日(1880年)だったということから、彼女の「目の見える三日間(Three Days to See)」を思い出し、目が不自由なことで得られない情報のことを考えてました。

2011年12月8日のこのブログでヘレン・ケラーの「目の見える三日間(Three Days to See)」を紹介しています。
ヘレン・ケラーの「Three days to See(目の見える三日間)




皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。

現在は北海道のカテゴリで14位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。)







経営計画研究会のご案内
http://www.thinkweb.co.jp/documents/keieikeikaku.pdf
労賃・給与計算システムのご案内
http://www.thinkweb.co.jp/business/cpk.php
考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する弊社ホームページ
http://www.thinkweb.co.jp

おもてなし経営企業選

2014年6月28日 土曜日

 経済産業省では平成24年度から「おもてなし経営企業選」を実施しています。
http://omotenashi-keiei.go.jp/

社員の意欲と能力を最大限に引き出していること、
地域・社会との関わりを大切にしていること、
顧客に対して高付加価値・差別化サービスを提供していること
以上の3点に秀でた経営をしている企業を「おもてなし経営企業」に選出するというものです。

平成25年度は十勝バスなど28社が選ばれています。
28社の紹介を見ていると、経営理念、方針、計画の浸透に力を入れている会社が多いのに気がつきます。

中小企業であれば、どうしても、「地域・社会との関わりを大切にしていること」が必要となります。
また、「顧客に対して高付加価値・差別化サービスを提供していること」のためにはその仕組みが必要であり、
その仕組みは経営方針・経営戦略から生まれ、経営計画で実践され、
そして、それを推進していくためには、「社員の意欲と能力を最大限に引き出していること」が必要で、
そのためには共通の目的である経営理念が必要です。

と、考えれば、「おもてなし経営企業選」に選ばれた企業に、経営理念、経営方針、経営計画の浸透に力を入れている会社が多いのもうなづけます。




皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。

現在は北海道のカテゴリで14位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。)







経営計画研究会のご案内
http://www.thinkweb.co.jp/documents/keieikeikaku.pdf
労賃・給与計算システムのご案内
http://www.thinkweb.co.jp/business/cpk.php
考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する弊社ホームページ
http://www.thinkweb.co.jp

理想の経営理念

2014年6月27日 金曜日

 経営理念は会社の目的ですから、経営者の個人的な目的ではなく世のため人のためというものでなければなりません。
そういう意味では、「世界人類の幸せを追求する」といった理念が理想かもしれませんが、経営理念を従業員と共有するためには、やはり従業員に対するメッセージが必要です。

 京セラの経営理念は、「全従業員の物心両面の幸福を追求すると同時に、人類、社会の進歩発展に貢献すること」です。
「全従業員の物心両面の幸福を追求する」という従業員に対するメッセージが最初に来ています。

 まず従業員に対するメッセージが経営理念には必要であり、そして、社会に対して自分の会社がどんな会社なのかを示すメッセージが必要でしょう。

 ちなみに弊社の経営理念は、
「全従業員の物心両面の向上をはかるため、
考えを仕組みにすることによりお客様の付加価値(儲け)を創造し、
同時に広く世の中に貢献する」
です。




皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。

現在は北海道のカテゴリで14位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。)







経営計画研究会のご案内
http://www.thinkweb.co.jp/documents/keieikeikaku.pdf
労賃・給与計算システムのご案内
http://www.thinkweb.co.jp/business/cpk.php
考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する弊社ホームページ
http://www.thinkweb.co.jp

経営方針・戦略実現に経営理念が必要な理由

2014年6月26日 木曜日

 昨日、目先のことだけではなく、将来の大事なことについて考える経営方針、経営戦略の大切さについて書きました。
当然、目先のこともしなければなりませんから、限られた時間を将来の大切なことと目先の必要なこと両方に使う必要があります。

 そもそも会社とは、経営者が一人だけではできないことがあるため人を集めます。
これは言ってみれば、経営者だけの時間だけでは間に合わないので、他の人の時間を集めているようなものでしょう。
その他の人の時間を集めてくるには当然報酬が必要ですが、なぜ一緒にやるのかという共通の目的、理念のもとに集まるというのが理想でしょう。

 ボランティア活動などは、その目的である理念のために人が集まってきます。
会社の場合、なかなか理念で人が集まるというのは難しいですが、集まった人に理念を共有できる仕組みは必要です。




皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。

現在は北海道のカテゴリで14位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。)







経営計画研究会のご案内
http://www.thinkweb.co.jp/documents/keieikeikaku.pdf
労賃・給与計算システムのご案内
http://www.thinkweb.co.jp/business/cpk.php
2014年6月26日第35回研究報告会のご案内
http://www.thinkweb.co.jp/misc/140626seminar.php
弊社ホームページ
http://www.thinkweb.co.jp

経営方針・戦略の大切さ

2014年6月25日 水曜日

 今週、北海道中小企業家同友会札幌支部の経営指針研究会や経営指針委員会への参加が続きました。

 参加しながら、改めて思ったのが経営理念で企業の目的を明らかにし、近い将来のあるべき姿を経営方針で示し、自社内部の状況、外部環境の状況から課題を明らかにし、それをどう乗り越えていくか経営戦略を立て、実際の行動計画となる経営計画を策定、実践していくことの大切さです。

 特に目先のことだけでなく、将来を考える経営方針、それを実現するための経営戦略、これを常に考えておく大切さを痛感します。
得てして、目の前のことばかりの対応におわれますが、将来の大切なことにむけ限られた時間を有効に使うには、その大切なことを忘れてはいけませんね。




皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。

現在は北海道のカテゴリで13位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。)







経営計画研究会のご案内
http://www.thinkweb.co.jp/documents/keieikeikaku.pdf
労賃・給与計算システムのご案内
http://www.thinkweb.co.jp/business/cpk.php
2014年6月26日第35回研究報告会のご案内
http://www.thinkweb.co.jp/misc/140626seminar.php
弊社ホームページ
http://www.thinkweb.co.jp

良い習慣を始め、悪い習慣をやめる

2014年6月24日 火曜日

 昨日、「何かをやめることは、その分の時間を生み出すことになりますね。」と書きましたが、それで思い出したのが、以前読んだ渋沢栄一の「論語と算盤」です。

 「論語と算盤」の中には、今日のタイトルである「良い習慣を始め、悪い習慣をやめる」ことについて書かれているところがありました。

 コツコツ続けるということは習慣ということですし、何かを始めればその分の時間を使うので、その時間分を生み出す必要があり、それには不要な習慣をやめることが一番合理的でしょう。

 以前、同友会の例会でドラッカー研究で有名な佐藤等さんの話を聞いたとき、ドラッカーも同じく「良い習慣を始め、悪い習慣をやめる」ことについて言及していることを知り驚きました。その話を佐藤さんにしたところ、ドラッカーは渋沢栄一や論語を研究していたとのことで納得し、ドラッカーの考え方にも興味を持つようになりました。




皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。

現在は北海道のカテゴリで14位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。)







経営計画研究会のご案内
http://www.thinkweb.co.jp/documents/keieikeikaku.pdf
労賃・給与計算システムのご案内
http://www.thinkweb.co.jp/business/cpk.php
2014年6月26日第35回研究報告会のご案内
http://www.thinkweb.co.jp/misc/140626seminar.php
弊社ホームページ
http://www.thinkweb.co.jp

コツコツが続かない理由

2014年6月23日 月曜日

 例えば私の場合、2年ほど前までは毎週定期的にジョギングをしていましたが、現在はしていません。
やり始めたこと全てを継続するということは出来ないものです。

 ジョギングが続いていない理由としては、ジョギングから得られる効用より他のことをして得られる効用が大きくなったため、限られた時間内でジョギングすることができなくなった、ということでしょうか。

 確かに時間は限られていますから、何かに時間を費やすことを始めれば、その分時間が足りなくなり、何かをやめて時間を生み出す必要もあります。

 ジョギングをやめたのもそうですが、タバコをやめたのが10年前になります。
何かをやめることは、その分の時間を生み出すことになりますね。




皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。

現在は北海道のカテゴリで12位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。)







経営計画研究会のご案内
http://www.thinkweb.co.jp/documents/keieikeikaku.pdf
労賃・給与計算システムのご案内
http://www.thinkweb.co.jp/business/cpk.php
2014年6月26日第35回研究報告会のご案内
http://www.thinkweb.co.jp/misc/140626seminar.php
弊社ホームページ
http://www.thinkweb.co.jp

10000時間の法則

2014年6月22日 日曜日

 昨日、「千日(せんじつ)の稽古を鍛とし、万日(まんじつ)の稽古を錬とす」という宮本武蔵の言葉を紹介しましたが、10000(一万)時間の法則というものがあるそうです。
何かの分野で一流になるには10000時間をそれにあてることが必要だというものです。

 3年で約1000日ですから、1日10時間で3年ほどです。
なるほどと思うことがあります。大学院博士後期課程は3年の期間が標準です。
3年で博士になるにはやはり毎日10時間くらい費やすくらいのことが必要かと思います。

 私の場合は3年ではなく5年の長期履修で、かつ仕事上やそれに関係する経験(過去の時間)を利用し、また研究結果を仕事に活かすことにより、なんとか仕事との両立をはかっています。




皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。

現在は北海道のカテゴリで11位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。)







経営計画研究会のご案内
http://www.thinkweb.co.jp/documents/keieikeikaku.pdf
労賃・給与計算システムのご案内
http://www.thinkweb.co.jp/business/cpk.php
2014年6月26日第35回研究報告会のご案内
http://www.thinkweb.co.jp/misc/140626seminar.php
弊社ホームページ
http://www.thinkweb.co.jp

積み重ね

2014年6月21日 土曜日

 コツコツやることについて書いてますが、限りのある時間を削ってそれに注ぎ込むという積み重ねは、価値のあるものです。

 以前紹介しましたが、宮本武蔵の五輪書に
「千日(せんじつ)の稽古を鍛とし、万日(まんじつ)の稽古を錬とす」
という記述があるそうです。
意味として、千日の稽古で技を習得し、万日の稽古でその技を練り上げるということで、これからすると、鍛には技の習得、錬には技を練り上げるという意味があるようです。

 千日は約3年、万日は27年ちょっと。

 石の上にも3年とはよくいったものだと思いますし、名人・達人の域に達するには約30年続けることが必要ですね。
ちなみに、このブログ「儲けの秘訣を伝授します」は2009年1月5日より毎日更新してますので、現時点で約2000回の積み重ねです。




皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。

現在は北海道のカテゴリで11位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。)







経営計画研究会のご案内
http://www.thinkweb.co.jp/documents/keieikeikaku.pdf
労賃・給与計算システムのご案内
http://www.thinkweb.co.jp/business/cpk.php
2014年6月26日第35回研究報告会のご案内
http://www.thinkweb.co.jp/misc/140626seminar.php
弊社ホームページ
http://www.thinkweb.co.jp