2014年2月7日 のアーカイブ

経営計画研究会を始めました。

2014年2月7日 金曜日

 北海道中小企業家同友会札幌支部の経営指針委員会では、1年かけて経営理念、経営方針、経営計画を作る経営指針研究会を毎年開いています。
私は5期でその研究会に参加し、その後、経営指針委員として関わってきています。

 1年間勉強する経営指針研究会ですが、これは月に1度ペースで、経営方針をたてるところで終わり、それも数字的な根拠の弱い、文言中心のものとなっています。

 自分自身や研究会で見てきた経験からいうと、業績の良い会社には経営計画があり、そうでない会社には経営計画が無い、そんな傾向を感じてました。
研究会にはすでに計画がある会社も無い会社も参加してきているのですが、カリキュラムの関係で計画の無い会社は無いままで修了してしまいます。

 今、大学院の研究として「我が国の中小企業における経営理念と経営計画の実態と業績に関する実証分析」というテーマの論文を作成していますが、今まで経営計画など意味がないといわれてた小規模企業でも、経営理念、経営計画が業績向上に寄与すること見出しました。

 では、なぜ、どの会社も経営計画を立てないのだろうか?この疑問の解決と実態の把握のため、弊社で「経営計画研究会」というサービスを企画し、1月より実施し始めました。
 現在、6社からのお申込をいただいてますが、やはり実際にやってみるといろいろ見えてきて、論文用だけではなく、自社経営のヒントも沢山いただいています。

 弊社、株式会社シンクシステムズの「経営計画研究会」の詳細はこちら http://www.thinkweb.co.jp/documents/keieikeikaku.pdf




皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。

現在は北海道のカテゴリで22位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。)







《株式会社シンクシステムズからのお知らせ》
弊社では20年かけて育てた「労賃・給与計算システム」を昨年(2013年)パッケージ商品としてリニューアルしました。
旧バージョンをお使いのお客さま10件ほどの入替もめどがつきましたので、
パッケージ商品として石狩・後志管内にて先行営業を開始しています。

「労賃・給与計算システム」の特長
・作業日報の入力により給与計算はもちろん、出面表などの現場管理資料も作成できます。
・作業日報つき給与明細は、従業員の方も一目で自分の給与内訳がわかり安心・信頼が生まれます。
・出面表や工事別賃金一覧表は、元請への請求資料の作成に便利です。
・作業員を多く抱える建設・土木業、または現場仕事が多い電気・設備などの工事関連、清掃、警備業などの会社にお勧めです。
・本体価格60万円(税別)。 他にデータセット・初期指導、年間保守(初年度無料)が必要です。

詳細はこちらから http://www.thinkweb.co.jp/business/cpk.php
または、
「労賃給与」で検索を。