Archive for 11月 10th, 2013

時間という資源

日曜日, 11月 10th, 2013

 経営の資源はヒト、モノ、カネ、そして情報だといわれてますが、経営に限らず万人が持っている資源は時間でしょう。
その時間という資源をどう使うか、これが人生どう生きるかということにつながるのでしょう。

 私は時々既に見た映画を見直すことがあります。昨日も、DVDで「ショーシャンクの空に」という映画を観ました。たぶん観るのはこれで3回目くらいです。
無実でありながら終身刑の判決を受け投獄される主人公は、何十年という時間をかけて小さなハンマーでトンネルを掘り脱獄します。
また、主人公は「時間はある」と言ってチェスの駒を一つずつ彫り上げます。

 今まで観た時は何も感じなかったのですが、昨日観た時に、「終身刑だから時間があるというわけではなく、時間は誰にでもある」ということが頭に浮かびました。
そうです、冒頭に書いたように、我々だって、全ての人に時間はあるのです。その時間をどう使うかの計画を立てるか立てないか、また、毎日コツコツと実行するかしないかの違いです。

 自分の持っているたっぷりの時間に比べたら、今日一日とか今週とか今月とかは短い時間で、短時間で大きな影響を人生に与えることは難しいでしょう。
人生を変えていくためには、コツコツ時間をたっぷりかけなければなりません。
また、人生だけではなく会社経営でも同じことがいえると思います。

ショーシャンクの空に

この映画、原題が「THE SHAWSHANK REDEMPTION」でした。
REDEMPTIONを辞書で引くと、1.買戻し、質受け、2.身請け、救済、[神学](罪の)あがない、救い、3.履行、補償、という意味で、映画の内容とぴったりです。




皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。
現在は北海道のカテゴリで14位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。)







《株式会社シンクシステムズからのお知らせ》
弊社では20年かけて育てた「労賃・給与計算システム」を今年パッケージ商品としてリニューアルしました。
旧バージョンをお使いのお客さま10件ほどの入替もめどがつきましたので、
8月よりパッケージ商品として石狩・後志管内にて先行営業を開始しています。
「労賃・給与計算システム」の特長
・作業日報の入力により給与計算はもちろん、出面表などの現場管理資料も作成できます。
・作業日報つき給与明細は、従業員の方も一目で自分の給与内訳がわかり安心・信頼が生まれます。
・出面表や工事別賃金一覧表は、元請への請求資料の作成に便利です。
・作業員を多く抱える建設・土木業、または現場仕事が多い電気・設備などの工事関連、清掃、警備業などの会社にお勧めです。
・本体価格60万円(税別)。 他にデータセット・初期指導、年間保守(初年度無料)が必要です。

詳細はこちらから http://www.thinkweb.co.jp/business/cpk.php
または、
「労賃給与」で検索を。