2012年8月31日 のアーカイブ

経営の原理・原則 5.リーダーの必要性

2012年8月31日 金曜日

 昨日まで、採算意識を持って売上を最大にし経費を最小にする努力を続け付加価値の最大化を図るためには、世のため人のためのという公明正大で大義名分の高い経営の目的が必要だと書いてきました。

 京セラ創業者の稲盛和夫さんは、会社を小集団に分けこれを実行するアメーバ経営を実践し、京セラ、KDDI、JALを高収益の会社に作り上げています。
しかし、部門別管理は、ある程度の規模以上の会社なら多くの会社が取り入れている制度です。京セラやKDDI、そしてJALのアメーバ経営と他社の部門別管理と何が違うのでしょうか?

 京セラの従業員がいつも持ち歩く京セラ手帳は3部構成になっています。
社是と経営理念が書かれている「1.京セラの目指すもの」、78項目のフィロソフィの解説が書かれている「2.京セラフィロソフィ」、そして、リーダーのあり方が書かれている「3.すばらしいリーダーとなるために」です。

 京セラのアメーバ経営を支えるものは、「何のために経営するのか」、「何のために働くのか」、「人生どう生きるべきか」を説いたフィロソフィの浸透であり、その浸透の先頭に経つのは小集団を率いるリーダーなのです。
フィロソフィを周りに浸透させ、集団のために己を尽くすことのできるリーダーを育成する、これがアメーバ経営が成功する秘訣のようです。

?

?

?

 皆様の励ましのクリック →?  本当にありがとうございます。
現在は北海道のカテゴリで19位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります)