2012年8月25日 のアーカイブ

経営学と経営者 6.経営学の発展のために

2012年8月25日 土曜日

 日本の企業の80%近くが赤字決算だといわれています。事業所数の99%は中小企業であり、規模が小さくなればなるほど、組織論や管理会計とは無縁のものとなっています。

 地域が、そして日本が元気になるには、1軒1軒の中小企業が元気になることが近道だと考えます。会社が元気になれば、そこで働く人たちも元気になりますし、その家庭も明るくなるでしょう。

 赤字で苦しむ中小企業がどうしたら元気になれるのか、そのために経営学は何ができるのか、これに一番ストレートに答えることができのは、苦しみを経営済みの経営者が経営学者になることだと思います。
研究者が経営の現場に足繁く通うように、経営者も学問の世界に顔を出し、自分の言葉で考えを述べる、このキャッチボールが日本を元気にしていく源となるでしょうし、それが世界に広がって、豊かで平和な世界が広がっていくのでしょう。

?

?

?

 皆様の励ましのクリック →?  本当にありがとうございます。
現在は北海道のカテゴリで18位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります)