2011年10月31日 のアーカイブ

変化への対応は簡単ではないが、それが希望のもととなる

2011年10月31日 月曜日

 10月28、29日と層雲峡で、北海道中小企業家同友会各支部の経営指針作り担当委員が集合し情報交換と活動の向上をはかるための会議がありました。そのプレ企画として、28日の午前中に旭川にある臼井鋳鉄工業株式会社を訪問し、臼井憲之社長の話をうかがいました。

 臼井鋳鉄さんはマンホールの蓋が主力製品でしたが、公共事業の減少に伴い売上が落ちて行く状況が続いていたそうです。それに危機感を抱いた臼井社長はいろいろ悩んだうえ、昔からの趣味であるオーディオの世界に自分達の持つ鋳鉄の技術を持ち込み、ダクタイル鋳鉄製のスピーカー「CASTRON」シリーズを発表し、またジンギスカン鍋「蒼き狼」なども手がけています。(ちなみに旭川出身の小説家井上靖は、チンギス・ハーンを描いた小説「蒼き狼」を書きました。)

 今年オープンしたショールームで実際のスピーカーの音を楽しみましたが、オーディオという異分野に挑む意気込みと熱意を感じました。
 製品に興味があるかたは、こちらの臼井鋳鉄さんのホームページを http://www.usui-cast.co.jp/index.html

 現状の売上などをお聞きすると、まだまだなかなか厳しい状況のようですが、それでも悪い話しか出ない業界で、これからの希望が持てる自分達は幸せだという臼井社長のお話には感じるものがあります。

?

 その後の会議の席で、経営の仕組みとして売上や経費の予算をたてることについての話がありました。一部上場企業では98.56%が採用している制度なのに、中小企業全体では43.10%しか採用しておらず、従業員20人未満の会社では25%にとどまるというデータをとりあげ、月次単位の売上や経費の予算をたてる意味についての話でした。

 この話をうけ、大手メーカからの孫受けであり、受注は相手の発注次第で、こちらでコントロールすることはできない、だから売上の計画をたてることは無理だとの話がありました。確かに手品のようにパパッと計画をたて結果が出るようなことはありません。しかし、苦しい中から考え実行に移していくことが、これからの希望を生む唯一の手段ではないかと思います。

?

?

?

?

?

 皆様の励ましのクリック →?  本当にありがとうございます。
現在は北海道のカテゴリで21位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります)