2011年10月28日 のアーカイブ

全道経営指針づくり推進委員会拡大1泊研修会

2011年10月28日 金曜日

 今日、明日と北海道中小企業家同友会の全道経営指針づくり推進委員会拡大1泊研修会が旭川、層雲峡ホテル大雪でひらかれます。

 札幌駅9時発のJRで旭川に向かい、経営指針が現場に生きている臼井鋳鉄工業株式会社の見学をし、午後からは道北ブロックの事例発表を聞きながら、全道4ブロックの活動に閑しての話し合いを行います。さらに明日の午前中、今後の取り組み方を協議して研修会は終了します。

 昨日は札幌支部の経営指針委員会があったのですが、札幌支部は道央ブロックに属します。全道の各支部ごとに経営指針づくりの活動は行われていますが、そのバックボーンイは北海道中小企業家同友会という組織があり、同じ北海道中小企業家同友会という組織であるならば、その経営指針作り活動も同じレベルの活動でなければならないとの理念のもと、各支部を道北、道央、道東、道南の4ブロックにわけ、ブロックごとに活動のレベルを管理し、各ブロックの調整をはかる全道レベルでの議論の場も設けるというものです。

 昨日の札幌支部での経営指針委員会の会議では司会役でした。話の中で、以前聞いたイラク復興支援のヒゲの隊長、佐藤正久さんのお話、「組織の力は、その組織の中で一番力の弱いもの力で決まる。だから弱いものは自ら力をつけようと努力するし、周りはそれを引き上げようと努力する」を紹介しました。そして、この考えが、ラグビーで言う、ワン・フォー・オール、オール・フォー・ワンにつながるのでは、と話を向けたところ、大学ラグビーの経験者がいて、まさしくその通りだと、話が弾みました。

 やはりラグビーでは、自分達の一番弱いとことを相手はついてくるので、なんとかしようと頑張るし、いざ、試合となり、せっかくフォワードが奪ったボールをバックスがミスして失おうものなら、勝つための本気のきつい叱責がとびかうとのことでした。この話、昨日の夜に行われた盛和塾札幌の分科会でもしたのですが、やはり、「仲間のために自分の全力を尽くす」ことが非常に大切なことだと再認識しました。

 それでは、今日は研修に行ってきます。明日の午後4時くらいには札幌に戻りますが、5時から盛和塾全道世話人の会合が入っています。

?

 皆様の励ましのクリック →?  本当にありがとうございます。
現在は北海道のカテゴリで22位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります)