2011年10月14日 のアーカイブ

北海道中小企業家同友会札幌支部白石厚別地区Bブロックオープン例会

2011年10月14日 金曜日

 本日、中小企業家同友会札幌支部白石厚別地区Bブロックオープン例会が新札幌のアークシティホテルで開かれ、「企業変革支援プログラムって、ナーニ?」というタイトルで90分お話をしてきました。(http://thinkweb.co.jp/blog/link/111014.pdf

 企業変革支援プログラムとは、1.経営者の責任、2.経営理念を実践する課程、3.人を生かす経営の実践、4.市場・顧客及び自社の理解と状況対応、5.付加価値を高める、以上5つの分野について合計22項目の質問に対し、「0:必要性を感じない、1:必要だと思うができてない、2.仕組みはあるが部分的、3.仕組みはできている、4.仕組みがあり定期的に見直している、5.仕組みがあり外部からも評価を受けている」の6段階で評価するものです。自己診断をすることにより、自社の変革すべき項目に気づこうというものです。

 経営の様々な仕組みのことをマネジメント・コントロール・システム(MCS、経営管理システム)といいます。学問的には中小企業のMCSの実態はまだ明らかにされていません。日本の企業の99%は中小企業で、多くの企業が赤字の状態ですが、このMCSの実態が明らかでなければ、なぜ赤字なのかの解明もできません。

 全国の同友会では、この企業変革支援プログラムによる回答結果のデータベース構築を進めようとしています。これが狙い通りにいくと5万社のデータが蓄積され、中小企業のMCSの実態が明らかになってきます。これをさらに進め、どのMCSの有無が企業業績に影響するかの分析ができれば、多くの企業が赤字から脱する指針を導くことができます。そうなれば、そこで働く従業員とその家庭にも安心して暮らせることになり、地域にも良い影響が生まれるでしょう。ひいては豊かで平和な社会が生まれることになります。これはノーベル賞にも値することだと思いながら、私はこの活動を進めています。

?

?

?

?

 皆様の励ましのクリック →?  本当にありがとうございます。
現在は北海道のカテゴリで23位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります)