2011年10月1日 のアーカイブ

経営者と従業員はパートナー

2011年10月1日 土曜日

 京セラ創業者稲盛和夫さんが主催する経営者の勉強会「盛和塾」でも、中小企業家同友会でも、経営者と従業員はパートナーだと言っています。
パートナーとは、対等の関係ということです。これをしっかりと理解し、頭と体に定着させることが経営の基本になります。

 例えば、小説やドラマの世界で紹介される劇団員たちはパートナーであると感じます。メンバーそれぞれが自分の好きな演劇という活動のために集い、ひとつの目標に向かって一致協力をしている感じを受けます。その劇団員たちでも、主演の男優さんや女優さんもいれば、助演の人もいて、端役の人もいます。大道具や照明や音響の人もいれば、切符を切るもぎりの人もいるでしょう。さまざまな役割の違いはあっても同じ目的に向かって行動するパートナーです。

 会社も同じで、たまたま経理の役割をする人もいれば、営業の役割をする人もいる。会社を代表して体外対応をしなければならい社長もいれば、パートで仕事を手伝う人もいる。役割は違うけれども、皆、同じ船に乗った人間であり、さきほどの劇団員の例と同様に同じ目的に向かって行動するパートナーです。

 経営者と従業員がパートナー・対等であるという考えをさらに一歩進めると、従業員全員が経営者と同じマインドを持ち行動ができるという究極の世界を想像できます。こうなればその組織は最強です。

?

?

?

 皆様の励ましのクリック →?  本当にありがとうございます。
現在は北海道のカテゴリで21位前後です。。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります)