2011年8月19日 のアーカイブ

アメーバ経営の労務費について

2011年8月19日 金曜日

 昨日の「アメーバ経営の時間当たり採算という指標」の続きとなります。

 元三重大学学長 豊田長康さんのブログ、「ある地方大学 顧問 のつぼやき」(”つぼやき”は原題のままです。)(http://www.mie-u.ac.jp/blog/2009/01/post-136.html)から引用した、
「労働時間当たりの採算(労務費を除く)」を、もっとも重要な指標(KPI: key performance indicator)にしていることも参考になります。利益そのものをアメーバのKPIにすると、過重労働になってしまう可能性もありますし、また、労務費の管理を各アメーバに任せると、各アメーバの判断で人件費を削減するということになりかねません。組織全体で決めることと、部分(アメーバ)が独自に決められることが、うまくすみ分けされていると感じますし、適切な数値目標(KPI)の設定の工夫が、いかに大切かがわかりますね。また、毎月コンパを開催するなど、社員間のコミュニケーションに最大限の配慮をしていることも参考になります。」
に閑してお話を続けます。

 昨日は、時間当たりの採算という指標の話でしたが、今日は労務費を除くことについてお話します。
なぜ労務費を除くのか、豊田さんは「労務費の管理を各アメーバに任せると、各アメーバの判断で人件費を削減するということになりかねません。」と書いています。

 基本的にアメーバ経営における経費項目は、アメーバの裁量により決められる経費と決められています。アメーバが決められないものだと日々の工夫のこらしようがないからです。人件費に閑しては、基本的にはアメーバで決めるものではありませんし、アメーバで決めれような部分があるとすれば、そこをアメーバの判断で削減することは豊田さんも言うように問題があります。

 また、少人数のアメーバで労務費がはっきりしてしまうと、各人の給与額が推測できてしまい、いらぬ人間関係の摩擦を生む可能性もあります。

 アメーバ経営、本当によくできた管理システムだと思います。

?

?

?

?

 皆様の励ましのクリック →?  本当にありがとうございます。
現在は北海道のカテゴリで25位前後です。。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります)