2009年9月 のアーカイブ

ソフトウェアのバグについて

2009年9月30日 水曜日

 私達の業界では、ソフトウェアにバグ(プログラムの誤り)があるのは常識として考えられています。ソフトウェア開発の教科書にもバグは一定の割合で含まれるものであってテストで見つけ出さねばならないとあります。

 しかし、どこにあるかわからないバグをテストで見つけ出すということは非効率的なことです。そもそもバグがあって当然という発想がおかしな発想だと思います。バグのないソフトウェアを開発することは無理なのでしょうか。

 弊社では以前から完成されたパーツ(小さな単機能のプログラム)を積み上げることにより、バグのないプログラムを開発することに注意をしています。小さなプログラムですから、どんな動きのパターンも想定でき、また実際にそのプログラムを利用した結果間違いのないこという実績もあるものを利用します。 新たなパーツが必要な場合は、しっかりと考え抜き、想定されるケースの動きを実際にテストし、間違いのないことを確かめて利用します。

 私達の業界でのバグがあって当然という考え方がおかしいという思いです。
(業界人の考えをうまく表現した「プログラマーの格言」というサイトがあります。
興味のある方は参照ください。 http://www2.biglobe.ne.jp/~oni_page/other/etc/pr03.html

 しかし、このような方法でソフトウェアの開発をしても、バグが発生することがあります。バグが発生したときの対応については明日ご紹介しようと思います。

?

本日までの投稿記事のタイトルを右のページ欄にある「過去投稿タイトル」にまとめてあります。ご参考にどうぞ。

 皆様の励ましのクリック →?  本当にありがとうございます。
(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります)

Think! ITで元気をサポート 有限会社シンク 小椋俊秀

手の切れる製品

2009年9月29日 火曜日

 盛和塾稲盛塾長のお話に「手の切れる製品」という言葉が出てきます。
手の切れるような100%完成された素晴らしい製品を作りなさいというものです。

 私達のシステム開発の仕事では、こう動くようにという仕様を100%満たす製品をつくることは難しいことではありません。しかし、ユーザーインターフェイス・お客様の使い勝手を考えると、こうしたほうが良いのではないかということが次々とでてきて、これで良い、これ以上はないという状態にはなかなかなりません。常に創意工夫を発揮できるものなのです。

 そのため、いつも納期ぎりぎりまで、あれこれ手を加えバタバタ時間に追われることが多くなります。
実際、こういうことができたら良いなぁ…と思うことは、時間をかけ工夫をしたらどうにか実現できるということを何度も経験していますので、納期が迫れば迫るほど、もっと時間が欲しいと気持ちになります。 

?

?

本日までの投稿記事のタイトルを右のページ欄にある「過去投稿タイトル」にまとめてあります。ご参考にどうぞ。

 皆様の励ましのクリック →?  本当にありがとうございます。
(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります)

Think! ITで元気をサポート 有限会社シンク 小椋俊秀

経営のお手本

2009年9月28日 月曜日

 経営のお手本というのがあればいいな…と思います。でも、ありません。
お手本にあるような会社は一杯ありますが、それと同じことをして同じ成果が出せるかというと、そうではありません。

 経常利益率が10%を超える経営をしていても、10年以上それを維持することをできる会社はごくごく少数です。
競合他社の出現や、原材料の高騰、従業員の高齢化による人件費率の増加などで、長続きはしないものです。

 経営のお手本と、答えを求めることが間違いなのでしょう。
それぞれの立場や状況によって発生する問題やその対応も変わってきます。
「解」がない問いに答えていこうとすることが、「経営」なのでしょう。

?

?

?

本日までの投稿記事のタイトルを右のページ欄にある「過去投稿タイトル」にまとめてあります。ご参考にどうぞ。

 皆様の励ましのクリック →?  本当にありがとうございます。
(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります)

Think! ITで元気をサポート 有限会社シンク 小椋俊秀

新しいことを始める決断力と実行力

2009年9月27日 日曜日

 昨日の「経営者に必要なもの」についてですが、つきつめてみると、経営者に必要なことは、新しいことを始める(または、今までしていたことをやめる)という決断をする力と、それを押し進める力、決断力と実行力ではないかと思います。

 従業員が主役の組織ができあがったとしても、最終的な決断は経営者がなさなければならず、そうでなければ経営者が不要となってしまいます。

 世の中は常に変化しています。その変化に対応していくためには仕事にも変化が必要です。
定められたルールや手順に基づいた行動は従業員主体で行われ、いままでにない新しいことを始めるさいの最終的な決断とそれをやりぬくことが経営者に求められます。

 昨日は、簡単には答えをださずじっくり考えていこうと書きましたが、先に結論を書いてしまいました。しかし、深い問題ですので、このことについては、まだしばらく取り上げていこうと思います。

?

本日までの投稿記事のタイトルを右のページ欄にある「過去投稿タイトル」にまとめてあります。ご参考にどうぞ。

 皆様の励ましのクリック →?  本当にありがとうございます。
(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります)

Think! ITで元気をサポート 有限会社シンク 小椋俊秀

経営者に必要なもの

2009年9月26日 土曜日

 北海道中小企業家同友会の第5期経営指針研究会で今年の2月まで約1年学び、今年になってからはこのブログを毎日書きながら経営について考えてきました。

 今、感じていることは、会社は従業員が主役で運営されるべきである、ということです。それが可能なように、現状を変革していかなければなりません。そのためにはどんなことが必要でしょう。

 また、従業員が主役の会社ができあがったときには、経営者はなにをすべきなのでしょうか。

 なかなか深い問題ですので、簡単にこれに答えるのは控え、おりにふれじっくりと考えを煮詰めていきたいと思います。

 昨日の「JR西日本の経営理念」の話にも書きましたが、経営者の心(考え方)が行動をつくります。「安全」ということを忘れ効率を追い求めれば「安全」が欠落します。

 JR西日本の例に限らず、儲からないと思えば儲からないでしょうし、現状でしかたがないと思えば現状を打破することはできないでしょう。飲食店では店長が変わるとお店の売り上げが上下2割程度の変化があると言います。社長が変わった場合はどれだけでしょう。

 まずは、経営者に必要なもの、ということを考えてみようと思います。

?

?

本日までの投稿記事のタイトルを右のページ欄にある「過去投稿タイトル」にまとめてあります。ご参考にどうぞ。

 皆様の励ましのクリック →?  本当にありがとうございます。
(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります)

Think! ITで元気をサポート 有限会社シンク 小椋俊秀

JR西日本の経営理念

2009年9月25日 金曜日

 2005年4月に福知山線脱線事故を起こし多くの犠牲者をだしたJR西日本の前社長が、事故調査委員会の委員に働きかけ事前に情報を入手したり、ATSに関する記述を改めるよう求めたりしたとの報道がありました。

 JR西日本の現在の経営理念では、冒頭に、
「私たちは、お客様のかけがえのない尊い命をお預かりしている責任を自覚し、安全第一を積み重ね、お客様から安心、信頼していただける鉄道を築き上げます。」
とあります。
(JR西日本IR情報 http://www.westjr.co.jp/company/

 しかし、これは事故後に改定されたもので、それ以前は、私鉄との競争を意識したスピード・効率優先の経営理念だったそうで、安全諮問委員会の提言を受け、上記のように改定したようです。
(安全諮問委員会 中間とりまとめ (平成18年7月25日) http://www.westjr.co.jp/shimon/pdf/shimon_07.pdf

 このブログで心(考え方)が行動をつくると繰り返し話していますが、JR西日本の事例を見ているとつくづくそうだなと感じます。

 インターネットで以前の経営理念を探していて、神戸新聞社のサイトに以下の記述を見つけました。
「 「売り上げの増加」「業務の効率化」「同業他社を凌(しの)ぐ」…。一九八七年、JR西日本が発足後、すぐに作成した経営理念には利益や効率を重視する言葉が並んだ。国鉄から民間企業へ。社員の意識改革を促すため、理念は名札の裏や給料袋にまで刷り込まれ、尼崎脱線事故が起きるまでは毎朝、職場ごとに唱和してきた。」
(神戸新聞社 安全は築けるか〜検証。JR西日本 http://www.kobe-np.co.jp/rentoku/jr_amaren/200604anzen/03.html

 毎日毎日、?「売り上げの増加」「業務の効率化」「同業他社を凌(しの)ぐ」…と唱和し、そこには安全第一という言葉はなかったようです。このような心(考え方)がつくる行動が事故の原因につながったのでしょう。

? JR西日本の旧経営理念を次のとおりです。
「JR西日本は、人間性尊重の立場に立って、労使相互信頼のもと、基幹産業としての鉄道の活性化に努めるとともに、地域に愛され、ともに繁栄する総合サービス企業となることをめざし、わが国のリーディングカンパニーとして、社会・経済・文化の発展、向上に貢献します。」

 確かに「安全」の文字はありません。

?

本日までの投稿記事のタイトルを右のページ欄にある「過去投稿タイトル」にまとめてあります。ご参考にどうぞ。

 皆様の励ましのクリック →?  本当にありがとうございます。
(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります)

Think! ITで元気をサポート 有限会社シンク 小椋俊秀

心の様相が所作に表れる

2009年9月24日 木曜日

 人間は行動のほとんどを心で意識して実行しています。
今のあなたも、このブログを読もうと思って読んでいるはずです。はっと気がついたら、このブログを読んでいた、ということはないはずです。このように、ほとんどが心で意識し、そして実行するというものです。(反射的な行動を除き、無意識を含んで)

 これは、その人の心のありようが行動に反映するといえると思います。あなたのまわりを見てください。その人の普段の行いからその人の心・性格がわかりませんか?

 盛和塾稲盛塾長の教えには、心を高め魂を磨くということが何度もでてきます。また、京セラフィロソフィでは、心に関することがいくつも記述されています。

 弊社の昨日のミーティングでは、京セラフィロソフィの「素直な心をもつ」についての読み合わせを行いました。
「素直な心を持って人の意見を良く聞き、常に反省し、自分自身を見つめること」が大事だという内用です。確かにそのとおりなんですが、周りをみわたすと、何か言われるとついつい「でも」「しかし」と否定的な言葉の返答が多いと感じます。

 否定的な言葉で反応してしまう心の様相はどんなものなのでしょう。
「おっしゃるとおりですね。」、この言葉を沢山使っていきたいと思います。

?

?

?

本日までの投稿記事のタイトルを右のページ欄にある「過去投稿タイトル」にまとめてあります。ご参考にどうぞ。

 皆様の励ましのクリック →?  本当にありがとうございます。
(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります)

Think! ITで元気をサポート 有限会社シンク 小椋俊秀

時代のニーズを読む

2009年9月23日 水曜日

 10年一昔と言いますが、変わっていないようでも、やはり10年経てば色々変わっています。コンピュータの世界で言えば、10年前の1999年は西暦2000年問題の対策でバタバタしていた時期でした。インターネット接続の環境もISDNからADSLへ切り替わってきたころかと思います。

 当時の通信環境から現在のブロードバンド環境への変化がなければ、現れてこなかったビジネスも多いと思います。ネットゲームやストレージサービス、インターネット関連のほとんどがそうでしょう。

 コンピュータの世界以外でも、変化は間違いないくあります。しかし、その変化はある時に一気に変わるものではなく、時間をかけて変化していっているので、なかなか変化を変化として実感することが難しいですし、変化だと感じでも、その変化が今後も続くものかどうかの判断もあり、変化に対応した行動をとり辛いものです。

 そういう意味では、専門学校はわりと世相を反映しているかもしれません。10年前であれば、建築や土木、CADといった学科が専門学校には多くありました。しかし、最近ではそれらの学科は激減しており、変わりに医療系、福祉系の学科が増えています。

 時代のニーズを読み、変化に上手に対応していくことは大事なことですが、今までやってきたことに対する自負もあり、なかなか自ら変化することが難しいことも事実です。

 今、そして今後、「誰に何を買っていただくのか」、これを見極め、対応する努力が必要なんでしょう。

?

?

本日までの投稿記事のタイトルを右のページ欄にある「過去投稿タイトル」にまとめてあります。ご参考にどうぞ。

 皆様の励ましのクリック →?  本当にありがとうございます。
(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります)

Think! ITで元気をサポート 有限会社シンク 小椋俊秀

一瞬に詰まっている20年の歴史

2009年9月22日 火曜日

 本日、札幌芸術の森で「北海道陶芸会40周年記念 土と炎の饗宴」を見てきました。
ちょうど、デモンストレーションで釧路の高橋義信さんがロクロを使い、10Kg程度の土からお銚子や湯のみ、茶碗など次から次と形にしていく様子を拝見しました。

 高橋さんがおっしゃるには、「『こんなに簡単に茶碗や皿がつくれるなら、一つ百円くらいでもいいんじゃないか?と言われるけど、この一瞬には20年の歴史が詰まっているですよ』とおっしゃる偉い先生がいる」、とのことでした。

 確かに私達の仕事でも、単にマニュアルに従って作業するレベルの人と、そのことの原理原則がわかっていて作業する人では、状況に応じた適切な作業ができるかどうかの違いが確かにあります。マニュアルレベルでは、通り一遍の対応しかできませんし、原理原則を理解しての作業であるならば、状況に応じて最適手を選択できます。

 私、個人だと、初めてコンピュータに触れてから30年。特に事務処理とパソコンというテーマで付き合ってきました。弊社、シンクも設立してから、もう少しで20年。20年の歴史を詰めた仕事をしていきたいと思います。

?

本日までの投稿記事のタイトルを右のページ欄にある「過去投稿タイトル」にまとめてあります。ご参考にどうぞ。

 皆様の励ましのクリック →?  本当にありがとうございます。
(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります)

Think! ITで元気をサポート 有限会社シンク 小椋俊秀

人の持つ能力の違いについて

2009年9月21日 月曜日

 昨日の『組織の目的と役割と責任ということ』では、速いボールを投げられるピッチャーとか、長打力のある4番バッターとか、足の速い一番バッターという例を出しました。いろいろな能力を持つ人が集まり、組織を構成しているのです。

 では、その能力とはどのようにして身につくのでしょう。やはり、そのことにどれだけ時間をかけトレーニングしてきたかたが重要なのではないでしょうか。そして、そのことに時間をかけようと思う気持ちがもてるかどうかが決め手ではないでしょうか。

 中小零細企業の場合、抜群の能力を持った人材を採用できることはごくごく稀でしょう。普通の人を採用し、会社に必要な能力を持つ人材に育てていく必要があります。その育てのためには、組織の目標、経営理念を明確にし、そのために必要なことを認識し、その必要なものを整えていくという手順が必要でしょう。

 昨日までの話で、経営者も従業員も人間としては平等であると話をしてきました。そして、能力の違いもあるとも言ってます。

 人の持つ潜在能力は凄いパワーのあるもので、いろいろな能力を顕在化させることができると思います。ただ、どんな能力を顕在化させるかさせないかは、その人がどう思うか、どう気づくかにかかっています。

 平等である人間の集まった組織でのトップの役割とは、その組織を目的に導くのに何が必要なのかに気づくことであり、その気づきをメンバーに伝え、メンバーの能力を育て、組織を目標達成に導くことなんだろうと思います。

?

?

本日までの投稿記事のタイトルを右のページ欄にある「過去投稿タイトル」にまとめてあります。ご参考にどうぞ。

 皆様の励ましのクリック →?  本当にありがとうございます。
(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります)

Think! ITで元気をサポート 有限会社シンク 小椋俊秀