2009年5月15日 のアーカイブ

勉強の成果はクオンタムリープする

2009年5月15日 金曜日

 昨日の「お金と時間」では、植松電機の植松専務の「学ぶという行為は、自分の価値を高める行為です。お金を増やす行為です。そして、学ぶためには、時間が必要です。その時間を与えてくるのが、不景気です」という言葉を紹介しました。

 この学びの成果、勉強の成果について以前から感じていることがあります。20年ちかく専門学校で情報処理技術者の育成に携わってきてますが、学生たちの勉強の仕方とその成果を見ていると、勉強の成果と勉強にかける時間は比例の関係にあるのではなく、ある程度の時間をかけると急速にレベルアップしていくということに気がつきます。

 例えば100時間勉強すると、10時間の勉強で得られる成果の10倍ではなくて、50倍、100倍ほど違うことがあります。

 元ソニーの社長、現在、クオンタムリープ株式会社の出井伸之社長は社名の由来をこう語ります。

「クオンタムリープ」とは量子力学の世界の言葉で“非連続の飛躍”を意味します。事業や技術の成長というのは、右肩上がりの直線のように連続的に伸びていくわけではありません。突然、飛躍的にジャンプすることがある。
 これは私自身がソニー時代に何度も経験したことです。スポーツの場合でも、練習を重ねていると突然上手くなる瞬間があります。そして、いま日本という国にも、この“非連続の飛躍”が必要という意味で、「クオンタムリープ」という社名をつけました。」

 これから何かを始めようとするとき、そのゴールのあまりの遠さに躊躇することがあると思います。しかし、最初の一歩を踏み出さない限り永遠にその距離は縮まりません。最初の一歩を踏み出し、時間を積み重ねていけば、ゴールが思ったより近くにあると感じることになるでしょう。

 最後に私の好きな言葉を紹介します。

「時は流れない、積み重なるのだ」

?

?

「平成21年7月14日に過去記事を消去してしまいました。この記事はデータを元に復刻させたものです。」

? 皆様の励ましのクリック →?  本当にありがとうございます。
(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります)

Think! ITで元気をサポート 有限会社シンク 小椋俊秀