2009年5月10日 のアーカイブ

株式会社イーストンの経営危機と経営理念

2009年5月10日 日曜日

 昨日の「株式会社イーストン 大山泰正社長のお話」の話の続きとなります。

 創業時は昔からの仲間5名でスタートし、8店舗まではやること全てがヒットし、どのお店も繁盛し有頂天になりかけていたころ、客足が激減する事態に陥ったそうです。

 昔からのお客さんからは、「最近へんじゃない?」「最悪!」「味、落ちた」などと言われたそうです。お店をまわってみると、従業員がつまらなそうな顔でめんどくさそうに仕事をしていて、話を聞いてみると、こんな話をしたそうです。

 「繁盛店で働いていたらよその店から誘いがかかるかと思って入ったのに全然お客がこない」
 「どんどん店舗展開してすぐに店長、そして幹部になれるかと思ったが、現実は違う」

 当時店長などをしていた創業時の5名のメンバーで集まり話し合いをしたそうです。

 もともとの自分たちのゴール、目標はなんだったのか?
ゴールなんてない。毎日が楽しかった!
「ありがとう」「また来るね」のお客さんの言葉が嬉しかった。
シークレットサプライズを企画した誕生会のお客様には感動してもらえた。

?

?

「平成21年7月14日に過去記事を消去してしまいました。この記事はデータを元に復刻させたものです。」

? 皆様の励ましのクリック →?  本当にありがとうございます。
(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります)

Think! ITで元気をサポート 有限会社シンク 小椋俊秀