2009年1月 のアーカイブ

平成21年1月のまとめ

2009年1月31日 土曜日

1月5日から始めたこのブログ、1月のうちは毎日更新できました。

このブログのシステムでは投稿タイトルの一覧機能がないようなので、1月投稿のタイトルをまとめておきます。
Shiftキーを押しながらクリックすると別ウインドウで開きますので便利です。

1月5日『儲けるための秘訣 売上を最大限に経費を最小限に
 盛和塾 稲盛塾長のお話
1月6日『「てんてこ舞いの忙しさ」 お客様のお話から
 株式会社平和園 新田社長のお話
1月7日『「夜中まで働く」 お客様のお話から
 株式会社平和園 新田社長のお話
1月8日『大事なことの優先順位とその実践
1月9日『「経営の原点12ヶ条」と優先順位
 盛和塾 稲盛塾長のお話
1月10日『大事なことからする理由 人生は砂時計
 株式会社ニトリ ニトリ社長のお話
1月11日『人生は砂時計 もう一つの意味
1月12日『無駄を省く 時間の無駄使いしてませんか?』 
1月13日『人生時計と人の限界寿命は125才という話
1月14日『願望は実現する
1月15日『行動は思考によって縛られる サーカスの象
1月16日『行動は思考によって縛られる 出来ない理由
 国会議員 野田聖子議員のお話
1月17日『行動は思考によって縛られる 喫煙・禁煙
1月18日『願望は実現する 経営理念・目標を明確にする
1月19日『弊社、シンクの経営理念
1月20日『株式会社エルコムさんの経営理念
 株式会社エルコム 相馬社長のお話
1月21日『経営理念はお題目か?
 パナソニック株式会社のお話
1月22日『経営理念はお題目ではなく思いの結晶』 
1月23日『地道な積み重ね 二宮尊徳のことば
 二宮尊徳のお話
1月24日『平和園新田社長に聞く「儲けの秘訣」
 株式会社平和園 新田社長のお話
1月25日『ピンチはチャンス
 株式会社金剛園 須藤社長のお話
1月26日『ピンチは天からの警告』 
1月27日『ピンチに変わろうとする人、変わらない人
 稲盛塾長、松下幸之助さん、株式会社セイワ 花田社長のお話
1月28日『ピンチからの変化 何をどう変えるか
 稲盛塾長のお話
1月29日『考えを変えられないなら行動を変える
 哲学者アミエルのお話
1月30日『習慣を変えるということ
 稲盛塾長、株式会社はなまる 清水社長のお話
1月31日『平成21年1月のまとめ

なぜこのブログを書いていているのかというと、読んでくれる人がいるから、読んでもらいたい人がいるから、そして、自分に言い聞かせるためです。
また、いろんな人の話を紹介していますが、単に受け売りするのではなく、自分の腑に落ちたものだけを紹介するようにしています。今後もこのスタンスで、経営や人生にとって大事なことを書いていこうと思いますが、同じようなことを何度も書くこともあると思います。
自分に言い聞かせるために…

?

腑に落ちる、腑に落ちない、この腑は五臓六腑の腑です。五臓の臓は中身が詰まっていることを表し,六腑の腑は中が空洞なことを表しているそうです。
肝臓、心臓、脾臓、肺臓、腎臓で五臓、肝、小腸、大腸、胃、膀胱、三焦で六腑です。
ん?三焦って何?調べてみても腑に落ちない話なので、知りたい人は調べてください。

?

?

「平成21年7月14日に過去記事を消去してしまいました。この記事はデータを元に復刻させたものです。」

? 皆様の励ましのクリック →?  本当にありがとうございます。
(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります)

Think! ITで元気をサポート 有限会社シンク 小椋俊秀

習慣を変えるということ

2009年1月30日 金曜日

昨日の「考えを変えられないなら行動を変える」でのアミエルの言葉に、

習慣が変われば人格が変わる

という語句がありました。

盛和塾の稲盛塾長は、人格=性格+哲学 という式を用いて、
人格(心魂の品格)は、先天的な性格に、後天的な哲学を付け加えていくことにより高まるものだ、と述べてます。

その人格が、習慣を変えることによって変わってくるということは、習慣という行動の積み重ねが、哲学という考え方を変えていくということに受け取れます。

自分の経験や、他の人達の様子を見ていると、習慣の変化と考え方の変化は密接にリンクしているように思います。
考え方が高まれば高まるほど行動・習慣は善方向へ進化していくし、善方向の習慣が定着すればするほど考え方も高まっていくものだと思います。

回転寿司「花まる」の株式会社はなまるの清水社長は、初めて稲盛塾長の講話をテープで聞いたときに、これだ!という衝撃を受け、しばらくの間、仕事も放り出してテープに聞き入ってたそうです。そして、塾長の教えを少しずつでも実践していこうと行動していく(習慣を変えていく)ことにより、ステラプレイス店を筆頭に行列の出来る回転寿司屋さんとして業績を伸ばしています。

たぶん、考え方と習慣(仕事の進め方など)の両方が善方向へ変化することによって、相乗効果があがりどんどん良くなっているのではないかと思います。

?

「こんな僕でも塾長の教えをちょっとずつでも取り込むことによって会社が良くなってきているのです」
「他の人も塾長の教えを信じて実行すれば必ずよくなるはずなんです」と、清水社長はおっしゃいます。

清水社長は私に、
「タバコをやめれるくらい意志が強いんだから、必ずやれますよ」
とタバコを手ににっこり笑いながらおっしゃいました。

?

「平成21年7月14日に過去記事を消去してしまいました。この記事はデータを元に復刻させたものです。」

? 皆様の励ましのクリック →?  本当にありがとうございます。
(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります)

Think! ITで元気をサポート 有限会社シンク 小椋俊秀

考えを変えられないなら行動を変える

2009年1月29日 木曜日

昨日まで、何のための会社なのか、どうしていきたいのか、こういう考え、経営理念を明確にすることによって、業績が伸びていくんですよ、という話をしてきました。また、ピンチのときほど、考えや行動の変化が必要なんですよ、という話もしてきてます。

スイスの哲学者アミエルの「アミエルの日記」に次の言葉があるそうです。

心が変われば行動が変わる
行動が変われば習慣が変わる
習慣が変われば人格が変わる
人格が変われば運命が変わる

誰が言った言葉かは諸説ありますが、この言葉を聴いて、「ほんとうにそうだなぁ〜」と思う人と、やっぱり、「思っただけで良くなるなら苦労はしない、あほらしい」と思う人とに別れてしまうのだと思います。
「ほんとうにそうだなぁ〜」と思う人は、どうありたいという理念を明確にしていくことによって良くなっていく、ということで良いのですが、「あほらしい」と思う人はどうしたら良いでしょうか。

自分の経験からも、調子の悪いときには前向きな考え方をするのが辛いとか、前向きな考え方から遠ざかろうという気持ちになることは理解できます。

そんなときには、思い切って行動から変えてみることを提案します。
日々の行動を変え(何かを始める または 何かをやめる)、それを続けることによって習慣を変える。
そうすると、

行動が変われば習慣が変わる
習慣が変われば人格が変わる
人格が変われば運命が変わる

人格、運命が変わってきたら、当然、「あほらしい」って考え方も変わってますよね。
(本当は習慣が変わってきたら考えが変わってきてると思いますが)

?

日々の習慣を変える、今年からこのブログを毎日書いていることも、行動を変え、それが新しい習慣になった、と言えると思います。考え方もすっかりこのブログに書いてあるような考えに染まり、おかげさまで新しいお仕事、お取引の話もちらほらとでてきています。

?

「平成21年7月14日に過去記事を消去してしまいました。この記事はデータを元に復刻させたものです。」

? 皆様の励ましのクリック →?  本当にありがとうございます。
(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります)

Think! ITで元気をサポート 有限会社シンク 小椋俊秀

ピンチからの変化 何をどう変えるか

2009年1月28日 水曜日

ピンチは「今のままじゃ駄目、変わりなさい」という天からの啓示ではないか、というのが前回の話。
では、何をどう変えれば良いのでしょうか?

何度も引用させていただきますが、盛和塾の稲盛塾長が唱える「経営の原点12ヶ条」の最初は、
1.事業の目的、意義を明確にする
2.具体的な目標を立てる
と、なっています。

何のために経営しているのか、そして、どういう会社にしていきたいのか、
これをしっかり認識しなさいとおっしゃってます。

これまた、繰り返しになりますが、
思い・思考が明確になると、自然と行動も変わってきます。
さらに、「経営の原点12ヶ条」は3条4条と続くのですが、まずはこの1条、2条を日々徹底することでだいぶ違ってくるはずです。

このブログを見てくれている方は、
経営者の人もいれば、管理職の人、一般の社員の人、就職前の学生さん、
いろいろな立場の人だと思いますが、
会社など組織に属している人は、
その組織(会社)はどういう目的のためにあり、どうなっていくのを目指すのか
これに答えられるでしょうか?

ピンチで変化が必要な組織(会社)ほど、先が見えてないのではないでしょうか。

札幌医療福祉デジタル専門学校の情報システム科の仕事もさせていただいてますが、ブログを見てくれてる学生さんがいるようです。
就職活動をするとき、その会社が何のためにあるのか、どうなりたいのかという経営理念を見極めるのは大切なことだと思います。就職相談会のときなどにそのような質問をして、会社側の人がニコニコしながら自社の経営理念について語りだしたなら、良い会社なんだと判断しても間違いではないと思います。

?

「平成21年7月14日に過去記事を消去してしまいました。この記事はデータを元に復刻させたものです。」

? 皆様の励ましのクリック →?  本当にありがとうございます。
(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります)

Think! ITで元気をサポート 有限会社シンク 小椋俊秀

ピンチに変わろうとする人、変わらない人

2009年1月27日 火曜日

盛和塾、稲盛塾長は以前、松下幸之助さんの講演についての話をされてました。

松下幸之助さんが中小企業の経営者相手の講演で、ダムで水を貯えるような余裕のある経営が大切だという「ダム式経営」の話をしたさいに、質疑応答で「松下さんはすでに成功されて余裕があるからいいけれども、中小企業のわれわれにはまったく余裕がない。そういう中でどうしたらダムがつくれるか、そこのところをもう少し教えてほしい」という質問を受けました。
松下さんはちょっと考えた後、「そうですな、それはやっぱし、ダム式経営をやろうと思わんといかんでしょうな」と答え、その答えに稲盛塾長は感銘したとのことでした。

行動は思考により制御させる、まずは思考・考え方を変えて、行動を変えていく、と、このブログでは同じことを何度も言ってますが、まずは「変わろう!」と思うことが大事なんだと思います。

では、何をどうかえていくのか…、次回からはこれについて整理してみようと思います。

?

本日、株式会社セイワさんの事務所にお邪魔して、花田社長さん、沖田常務さんと、「ピンチはチャンス」「こんな時代だから変わらなければ」「新しいことをはじめる」そんな話をしてました。
「でも、変わろうとしないで、不幸な境遇にいる自分に満足しちゃうタイプの人もいるんだよね」「いつも変な男性ばかりにくっついちゃう女性みたいに」との花田社長の話は、核心をついていながらわかりやすい話で、思わず頭の中でメモをとりました。

?

「平成21年7月14日に過去記事を消去してしまいました。この記事はデータを元に復刻させたものです。」

? 皆様の励ましのクリック →?  本当にありがとうございます。
(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります)

Think! ITで元気をサポート 有限会社シンク 小椋俊秀

ピンチは天からの警告

2009年1月26日 月曜日

ピンチはチャンスなんですよ、ピンチのときこそファイトをだして頑張らなきゃ。

こう言っても、そんなこと言えるのは余裕があるからであって、本当のピンチの時にはそんな考えなどできるわけない。
そういう反論も聞こえてきそうです。

売上が減ってくる。儲けどころか赤字が続く。支払いのお金の工面にも窮してくる。さあ、ピンチです!

ピンチというのは天からのあなたへの警告ではないでしょうか。
売上が減る、このままじゃだめですよ、という警告。
赤字が続く、このままじゃだめ、変わらなきゃ、という警告。
支払いにも窮する、ほら、もうさっさと変わらなきゃ、という警告。

何度も今のままじゃ駄目、変化のための行動をおこしなさいと天はメッセージを続けてくれてます。
現状を脱皮し、変化すること、これこそがチャンスの芽なのでしょう。

それでも、ピンチなんだから現状のままじっとしているのですか?

?

?

「平成21年7月14日に過去記事を消去してしまいました。この記事はデータを元に復刻させたものです。」

? 皆様の励ましのクリック →?  本当にありがとうございます。
(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります)

Think! ITで元気をサポート 有限会社シンク 小椋俊秀

ピンチはチャンス

2009年1月25日 日曜日

昨日、平和園さんの事務所で、全国焼肉協会「JY」の機関紙「情報誌・やきにく1-2月号」を見ました。

雑誌の中に、「私のターニングポイント」というコーナーがあり、そこに株式会社金剛園の須藤社長のお話がありました。
金剛園さんは昭和60年の設立で、焼肉やとんかつの店など苫小牧6店舗、千歳2店舗で営業されてます。私も仕事で何度か苫小牧の本社事務所に訪問させていただいてます。

その須藤社長のお話なんですが、初めてのお店をだして、奥さんと二人で一生懸命やって繁盛させ、平和園新田社長からのアドバイス「地域に愛される店」を目指し、そして念願の2店目を出店。ところが2店目は思ったとおりに売上があがらない、そこで…。という話でした。

くわしくは機関紙「情報誌・やきにく1-2月号」を御覧頂くことにして、そこで須藤社長がおっしゃってた言葉が表題の「ピンチはチャンス」です。この「ピンチはチャンス」という言葉はいろいろな時にいろいろな人が言ってます。

倒産の危機や死に直面するようなピンチに遭遇したとき、人間は自分の行動を変えることができチャンスに変わるのだと。

本当は大事なことを最優先でしなければならないのに、いろいろな理由をつけて大事なことをやらない、考え方を変えない。でも、倒産の危機や死に直面したときなど、本当に切羽詰ったときには、自分の思考(意識)・行動を変えることができると言われてます。

?

?

「平成21年7月14日に過去記事を消去してしまいました。この記事はデータを元に復刻させたものです。」

? 皆様の励ましのクリック →?  本当にありがとうございます。
(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります)

Think! ITで元気をサポート 有限会社シンク 小椋俊秀

平和園新田社長に聞く「儲けの秘訣」

2009年1月24日 土曜日

本日、帯広へ日帰り出張してきました。帰りのJR、ブログネタなどあれこれ考えてたせいか新札幌で降りるはずが乗り越して札幌まで行っちゃいました。

本日の訪問先は、タイトルにあるとおり株式会社平和園さんです。帯広・十勝に6店舗、札幌に3店舗、法人化して約40年の老舗の焼肉屋さんです。好調なときには10%以上の経常利益率の高収益で、現在は自己資本比率も8割を超え、今まで払った法人税は年商をかるく超えるとのことです。

その平和園の新田社長さんに、ずばっと「儲けの秘訣はなんですか?」と聞いてみました。
「うーん、素材にこだわること、良いものを出すこと、正直なものを提供すること、ですかね」とのお答えがはじめにありました。
お客さんが焼いて食べるだけなんだから素材の良し悪しはすぐにわかるし、嘘はつけないとのことです。

また、「ベテランのスタッフが多いから」とのことで、20年以上包丁を握っていて初めて毎日の肉の状態がわかるようになる、いろいろなことを経験している30年選手のパートさんがいる、と話が続きます。

さらに、「うちでは肉を手切りで提供しているが、それはどこの店でもやれること。だけど、手間がかかるからしないだけ」「うちの仕事は手間のかかることが多いから、他所の店より2〜3割はよけいに働いてもらうことになる」とのことでした。

お話の真意の半分も伝わってないような気がしますが、何度か紹介することによって、うまくお伝えできればと思います。

?

平和園さんとのお付き合いは20年近くになりますが、はたから見ていて思うことは「ブレがない」ことです。
お肉の品質、値段、ボリューム、どれをとっても、「日々頑張っている方々が元気になるために、もっとおいしい食事を、もっと手ごろな価格で」という思いのブレがありません。日々の積み重ねのブレのなさ、これが強みではと思います。

?

「平成21年7月14日に過去記事を消去してしまいました。この記事はデータを元に復刻させたものです。」

? 皆様の励ましのクリック →?  本当にありがとうございます。
(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります)

Think! ITで元気をサポート 有限会社シンク 小椋俊秀

地道な積み重ね 二宮尊徳のことば

2009年1月23日 金曜日

ぱぱっと儲かる方法を書かなきゃ、タイトルに偽りありだ!
そんなお言葉を頂きます…

でもね、手品のようにくるくるってやってパツっと何かを出すように儲けを出すなんてできませんって。地道な努力を積み重ねていく、これが唯一の方法だと思います。その日々の積み重ねをするのにあたって、すぐに結果はでないけど、このやっていることに間違いがないことを確認したくて、経営理念を掲げたり、いろんな勉強をしていくんだろうと思います。

二宮尊徳というと、小学校校庭の像のイメージがありますが、実は、作物のとれない貧村へ鍬ひとつ抱えて出向き、朝から晩まで畑を耕し豊かな村へ変えていく…、そういう実践を積み重ねてきた人なんです。

その二宮尊徳のことばに、次のような一節があります。

遠くをはかる者は富み
近くをはかる者は貧す
それ遠きをはかる者は百年のために杉苗を植う。
まして春まきて秋実るものにおいてや。
故に富みあり。
近くをはかる者は
春植えて秋実るものをも尚遠しとして植えず
唯眼前の利にまようてまかずして取り
植えずして刈り取る事のみ眼につく。
故に貧窮す。

実る時期まで待てないからといって種もまかず、植えもしてないのに、収穫、刈り取ることばかり考えてる…
そんなことだから儲からないんですよ!って話です。

だから、しっかり種まいて、稲植えて、畑耕したり、雑草とったり、毎日毎日良くなることを考えながら手を入れてく、そういうことが大事なんですね。

?

「平成21年7月14日に過去記事を消去してしまいました。この記事はデータを元に復刻させたものです。」

? 皆様の励ましのクリック →?  本当にありがとうございます。
(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります)

Think! ITで元気をサポート 有限会社シンク 小椋俊秀

経営理念はお題目ではなく思いの結晶

2009年1月22日 木曜日

経営学の教科書を開くと、経営理念とは企業の目的とは何かを考え、経営にあたっての根本的な考え方を明示するものとあります。確かに、その通りなのですが、もう少し具体的な表現じゃないとイメージしにくいかと思います。

どういう思いで経営するのか(仕事をするのか)、どういうことを積極的にすべきで、どういうことをしてはいけないのか、これを表したものが経営理念です。と、言えば少しは伝わりやすいでしょうか。
そういう思いで、弊社の経営理念は、

お客様の付加価値(儲け)を創造する
?・人間の持つ無限の可能性を、知恵と汗によって、価値(システム・サービス)として創造する。
・その価値を、より多くの顧客に提供することにより、広く社会に貢献する
・それにより、全従業員の物心両面の向上をはかり、その場となるわが社の永続的な発展をめざす。

としました。

思考(思い)と行動の関係について以前ここに書きました。簡単に言うと、人間実行しようと思うことは実行するし、実行しないと思うことは実行しないと言うことです。こういう経営をしよう、こういう会社でありたい、こういう仕事をしたい、そういう思いを持たなければそうはならず、思いを持ち続けるためにも、経営理念として明文化しておくことが大事なのだと思います。

即効でお金を儲けたい人の話(クレーム)を数日前に書きましたが、では、経営理念があれば即効で儲かるようになるのか?
そうであれば嬉しいのですが、残念ながらそうではないのが実情です。では、なぜ「儲けの秘訣を伝授します」のブログタイトルで経営理念の話をしているのか、明日以降はこの件について整理しようと思います。

?

「平成21年7月14日に過去記事を消去してしまいました。この記事はデータを元に復刻させたものです。」

? 皆様の励ましのクリック →?  本当にありがとうございます。
(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります)

Think! ITで元気をサポート 有限会社シンク 小椋俊秀