‘論語’ カテゴリーのアーカイブ

六十而耳順、七十而従心所欲不踰矩

2019年4月19日 金曜日

六十而耳順、七十而従心所欲不踰矩

孔子の論語、第2章「為政第二」の4番目の一節です。
有名なこの章句の一節でした。

子曰、吾十有五而志于学、三十而立、四十而不惑、五十而知天命、六十而耳順、七十而従心所欲不踰矩

 

六十而耳順は、60歳にして人の言うことに素直に耳を傾けられるようになったということです。

昨日、自分に対する他人の評価と自分の評価が違うことが多いという話をしましたが、他人の話に耳を傾けられるのが、孔子にしても60才だったのですね。

そして、七十而従心所欲不踰矩

70才になって、自分の心の思うままに行動しても、人に非難されるようなことがなくなったということで、昨日の話の、あの人は〇〇な人だの〇〇が否定的な言葉ではなくなるということですね。

孔子は紀元前500年あたりの前の人で、今から2500年ほど前の人。
長生きしないと人生の成長が味わえずもったいないですね。

 

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで16位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する
株式会社シンクシステムズのサイトはこちら
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

中国語を始めた動機 2

2019年4月7日 日曜日

中国語を勉強し始めた動機は、論語を中国語で読むとどういう感じなのかを知りたかったからという昨日の「中国語を始めた動機」の続きです。

「子曰 学而時習之 不亦説乎」は中国人にとってもやはり古文であり、現代中国語の表現とはことなっています。古文の知識のない中国人にっとっては、「なにか学ぶとか習うとか言っているが、それがどうしたと言っているんだろう?」というような解釈じゃないかと思います。

「子曰」の子は孔子のことであり、日は話すということで、現代中国語では「孔子説」となります。

「学而時習之」、「学」は現代中国語でも「学」で大丈夫ですが、通常は目的語を伴います。孔子は古来からの教えを学ぶということを言いたかったのではないあkと思います。
「而」は文語文の接続詞、「そして」ぐらいの意味でしょう。
「時習之」の「之」は語調を整える助詞という説があるようです。「時」は「思い出した時」ではなくて、「常々」という意味合いでしょう。「学んだ」ことを「常々復習(実践、血肉化する)すること」という意味合いでしょう。
ということで、「学而時習之」は現代中国語表現だと「学(先人之訓)而且常々習(血肉化)」というところでしょうか。

「不亦説乎」の「不亦・・・乎」は「また・・・ではないか」という構文で、現代中国語では「不是・・・嗎」となるようです。「説」はどうやら「悦」のようです。
ということで、現代中国語では「不是悦嗎」となります。

つまり、現代の中国人が「子曰 学而時習之 不亦説乎」という論語の章句を目にしたときには、今までの学習から、「孔子説、学(先人之訓)而且常々復習它、不是悦嗎」と頭の中で変換されているのではないかと思うのです。

なお、簡体字では「孔子说、学(先人之训)而且常々复习它、不是悦吗」という表記になります。

昨日、今日となぜこのような話をしているのかという理由は明日お話しします。

  

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで11位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する
株式会社シンクシステムズのサイトはこちら
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

中国語を始めた動機

2019年4月6日 土曜日

2011年4月から中国語の勉強を始め、さぼりながらも今に至っています。
ながらく年間30回(1回90分)の授業をときどき休みながら受講するというような状態でしたが、昨年の秋からはラジオ講座を聞くようになり、短時間でもほぼ毎日中国語に接するようになり、だいぶヒアリング力が上がってきたように感じます。

中国語を始めた動機は、「論語を中国語で読むとどんな感じなのだろう」というものでした。中国語を始める以前に論語の勉強を若干しており、そう思ったのです。

例えば、論語の冒頭の章句、
「子曰 学而時習之 不亦説乎」、
これは漢文の授業で、
「子(し)曰(いわ)ク、学(まな)ンデ時(とき)ニ之(これ)ヲ習(なら)ウ、亦(また)説(よろこ)バシカラズヤ」、
と勉強しましたが、これを中国語で読むと、
「zĭyūeズユェ xuéérshíxízhīシュェアーシシジ búyìyuèhū ブイユェフ  」、
という感じの発音で、これは中国語を少し勉強してピンイン(上記のアルファベット部分)という発音記号を理解すれば発音できます。

ただ、これは発音通りに読んだだけで、動機となった「論語を中国語で読むとどんな感じなのだろう」とは、こう読んだのを一般の中国人はどのように感じるのだろう、理解するのだろうということでした。

この話、明日に続きます。

  

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで12位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する
株式会社シンクシステムズのサイトはこちら
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

実事求是

2019年3月24日 日曜日

現在の中国(中華人民共和国)を振り返ってみると、文化大革命があり儒教などの古典が弾圧されたり、それが2000年ごろから復活したり、一人子政策を始めたりそれをやめたり、右に左にハンドルを切るような政策の変更があるのだなぁと思っていたのですが、なぜそういうことが起きていたのかを理解するキーワードが本日のタイトル「実事求是(じつじきゅうぜ)」です。

ネットで検索すると、「実事求是」とは、「事実を実証することで、真理を追求し、物事の真相をあきらかにしていくこと。事実に基づいてこそ、真理は求められるということ」とあります。

元々は前漢時代の2代目皇帝が言い出した言葉だそうですが、近年では1940年ごろに毛沢東が「実事求是」と言い、共産党中央校の正門に刻ませたそうです。その毛沢東の死後、鄧小平、胡耀邦が毛沢東の言った「実事求是」を持ち出し、解放、改革に舵をとったそうです。

2004年4月6日、稲盛和夫さんは中国共産党中央校にて共産党幹部の人たちに、中国の古典をもとに成長の著しい中国は「覇道ではなく王道を」(これは孫文が日本での講演で使った表現)と講演しています。
私はそれが中国の論語に代表される古典の復活に大きな影響を与えたものと考えています。

盛和塾の機関誌『盛和塾』59号(2004年6月号)には、その講演要録と、「企業人から見た中国の現状」という稲盛さんによる2004年4月16日に行われた共同通信社「きさらぎ会」主催の講演会での講話が掲載されており、その講演の中で、「実事求是」に関する説明があり、それを参考に本日の記事を書いています。

  

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで11位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する
株式会社シンクシステムズのサイトはこちら
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

無倦(むけん) 倦むことなかれ 続き

2018年7月7日 土曜日

昨日紹介した論語の句の解説、感想の続きです。

白文:子路問政、子曰、先之労之、請益、曰、無倦.
書き下し文:子路、政を問う。子曰く、これに先んじ、これを労す。益を請う。曰く、倦むこと無かれ。
口語訳:子路(しろ:孔子の弟子)が政治について質問した。孔子が答えられた。「人民の先頭に立って労働し、人民の苦労をねぎわるのだ。」子路はもっと教えてくださいと言った。先生は言われた。「飽きることなく続けることが大事だ。」

なぜ、孔子は、「無倦、倦むこと無かれ、飽きることなく続けることが大事だ」と言ったのか?
それはやはり人には皆怠け心があるからだと、機関誌「盛和塾」22号(1997年7月号)で住友生命名誉会長であった新井正明さんはいっています。

この図を見れば、「怠け心」という動物の持つ本能に負けず、人間の理性を持って前に進んでいくことが大事であることが一目瞭然で、「無倦、倦むこと無かれ、飽きることなく続けることが大事だ」ということがわかります。

 

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで18位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。)

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

社長(あなた)の思いは伝わってますか?
研修サポート 「経営者の想いを社員の方に伝えるお手伝い」
詳細はこちら http://www.thinkweb.co.jp/documents/support1.pdf

————————————————————————

社長(あなた)が悩んでいることは、すでに先人が考え抜いたことかもしれません。
研修サポート 「経営に活かす原理原則『経営学百(100)年の智恵』」
詳細はこちら http://www.thinkweb.co.jp/documents/support2.pdf
————————————————————————

《《日報給与管理システムのご案内》》 【後志・石狩・空知限定発売中】
作業日報の入力で、現場人工管理と給与計算両方ができます。
http://www.thinkweb.co.jp/business/cpk.php

————————————————————————

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する弊社ホームページ
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

無倦(むけん) 倦むことなかれ

2018年7月6日 金曜日

一昨日、前に進むから試練や苦しみがあるのだと書き、その前の日には、諦めないことが大事だと書きました。今日の「無倦」はそれに通じます。

「論語」の言葉です。
白文:子路問政、子曰、先之労之、請益、曰、無倦.
書き下し文:子路、政を問う。子曰く、これに先んじ、これを労す。益を請う。曰く、倦むこと無かれ。
口語訳:子路(しろ:孔子の弟子)が政治について質問した。孔子が答えられた。「人民の先頭に立って労働し、人民の苦労をねぎわるのだ。」子路はもっと教えてくださいと言った。先生は言われた。「飽きることなく続けることが大事だ。」

諦めることなく、そして飽くことなく続けていくからこそ、進歩があるのです。

 

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで18位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。)

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

社長(あなた)の思いは伝わってますか?
研修サポート 「経営者の想いを社員の方に伝えるお手伝い」
詳細はこちら http://www.thinkweb.co.jp/documents/support1.pdf

————————————————————————

社長(あなた)が悩んでいることは、すでに先人が考え抜いたことかもしれません。
研修サポート 「経営に活かす原理原則『経営学百(100)年の智恵』」
詳細はこちら http://www.thinkweb.co.jp/documents/support2.pdf
————————————————————————

《《日報給与管理システムのご案内》》 【後志・石狩・空知限定発売中】
作業日報の入力で、現場人工管理と給与計算両方ができます。
http://www.thinkweb.co.jp/business/cpk.php

————————————————————————

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する弊社ホームページ
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

私の時間の積み重ねの一例 中国語

2018年1月20日 土曜日

 このブログの一昨日の記事「重要なことを習慣に組み込む」で、論語の一節を紹介しました。

 渋沢栄一の「論語と算盤」を読んで論語に興味を持ったのが2010年。
その年に論語の勉強会に参加しました。
そうしているうちに、論語を中国語で読んでみたいと思うようになり、2011年から中国語の勉強を始めました。

 中国語の勉強は毎週1回ペースの休み期間ありの年間30回ほどの勉強ではあまり上達はしませんが、一人で中国へ旅行できるくらいにはなり、また、中国語の歌はカラオケでネイティブ並みに歌える曲が何曲か持てるようにもなりました。

 話しを戻します。一昨日、論語の一節を紹介した時に、そういえば中国語の勉強を始めた動機は論語を中国語で読もうと思ったことだと思いだし、youtubeで論語の中国語朗読を聞いてみたところ、だいたい理解できる感じで、1つの章句は数回の練習で朗読可能でした。

 ただ、今となって思うことは、「巧言令色、鮮矣仁」(中国語読みの発音記号ピンイン表記 Qiǎoyánlìngsè, xiān yǐ rén)と中国人に言っても通じないということです。
日本人が古事記の一節を突然言われてもびっくりするのと同じことですね。

 

 

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで18位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。)

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

社長(あなた)の思いは伝わってますか?
研修サポート 「経営者の想いを社員の方に伝えるお手伝い」
詳細はこちら http://www.thinkweb.co.jp/documents/support1.pdf

————————————————————————

社長(あなた)が悩んでいることは、すでに先人が考え抜いたことかもしれません。
研修サポート 「経営に活かす原理原則『経営学百(100)年の智恵』」
詳細はこちら http://www.thinkweb.co.jp/documents/support2.pdf
————————————————————————

《《日報給与管理システムのご案内》》 【後志・石狩・空知限定発売中】
作業日報の入力で、現場人工管理と給与計算両方ができます。
http://www.thinkweb.co.jp/business/cpk.php

————————————————————————

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する弊社ホームページ
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

重要なことを習慣に組み込む

2018年1月18日 木曜日

人生という限られた時間のなかで、どんな時間を過ごしたかによって人生が決まるのであれば、人生にっとて重要なこと、大事なことを積み重ねていく必要があります。

しかし、多くの人は重要なことより予定されている目先のこと、言葉を変えると緊急なことを優先してしまいがちです。

であれば、人生にとって重要なこと、大事なことを目先の予定に組み込んではどうでしょう。

このブログで6年ほど前に書いた「」には、

「『子曰、性相近也、習相遠也』という章句が論語にありますが、これを意訳すれば『習慣は才能を超える』ということであり、論語を座右の銘にした渋沢栄一も、その渋沢栄一を尊敬したドラッカーも、『良い習慣を身につけ、悪い習慣を捨てよ』といっています。」

と、書いていました。

 

 

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで18位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。)

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

社長(あなた)の思いは伝わってますか?
研修サポート 「経営者の想いを社員の方に伝えるお手伝い」
詳細はこちら http://www.thinkweb.co.jp/documents/support1.pdf

————————————————————————

社長(あなた)が悩んでいることは、すでに先人が考え抜いたことかもしれません。
研修サポート 「経営に活かす原理原則『経営学百(100)年の智恵』」
詳細はこちら http://www.thinkweb.co.jp/documents/support2.pdf
————————————————————————

《《日報給与管理システムのご案内》》 【後志・石狩・空知限定発売中】
作業日報の入力で、現場人工管理と給与計算両方ができます。
http://www.thinkweb.co.jp/business/cpk.php

————————————————————————

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する弊社ホームページ
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

良い習慣を身につけ、悪い習慣をやめる

2017年11月15日 水曜日

 昨日、アミエルの
意識が変われば、行動が変わる
行動が変われば、習慣が変わる
習慣が変われば、性格が変わる
性格が変われば、人生が変わる
という言葉を紹介しましたが、
このポイントは習慣というところにあります。

 何か良いことを思った(意識)しただけではダメで、
良いと思ったことを一日二日やってみただけでもダメで、
毎日の習慣として繰り返し繰り返し実践していくことが必要だということです。

 これを渋沢栄一は「論語と算盤」で、
良い人生を送るためには、良い習慣を身につけ、悪い習慣をやめるように、
と表現しています。

 

 

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで18位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。)

 

 


 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

社長(あなた)の思いは伝わってますか?
研修サポート 「経営者の想いを社員の方に伝えるお手伝い」
詳細はこちら http://www.thinkweb.co.jp/documents/support1.pdf

————————————————————————

社長(あなた)が悩んでいることは、すでに先人が考え抜いたことかもしれません。
研修サポート 「経営に活かす原理原則『経営学百(100)年の智恵』」
詳細はこちら http://www.thinkweb.co.jp/documents/support2.pdf
————————————————————————

《《日報給与管理システムのご案内》》 【後志・石狩・空知限定発売中】
作業日報の入力で、現場人工管理と給与計算両方ができます。
http://www.thinkweb.co.jp/business/cpk.php

————————————————————————

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する弊社ホームページ
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

経世済民

2016年12月20日 火曜日

 たまたま読み直す機会があったので、2011年12月27日・28日に書いた「経世済民」の記事を再掲します。下記にある渋沢栄一の没後80年は、今年だと没後85年ですね。

 

 今年は渋沢栄一の没後80年にあたるそうです。本屋に行けば論語の本も多いですが、この渋沢栄一に関する本も目につきます。もともと私が論語を意識しだしたのは、渋沢栄一の「論語と算盤」を読んでからですが、今では企業経営における論語の影響をテーマに論文を書こうと考えてるほど、自分の意識の変化のきっかけにもなっています。

 「中小企業家しんぶん」2011年12月15日に中同協相談役の赤石義博さんの寄稿「渋沢栄一没後八十年 その実践に学ぶ」という記事がでています。そのなかに、渋沢の次の言葉が紹介されいます。

 「世の漢学者が口を開けば神器を唱え忠孝を説いているが、これは紙上の文字論、実際に体現しなければなんの益にもならない。儒者の説くところは、あたかも坊主がいたずらに衆生制度を説き、少しもこれを済度する方法を実現しないのと同じである。」そこで自分は「『論語』を商業に応用し、仁義を日用事の上に適用して一生を終始しようと決心した。」

 これが渋沢栄一、33歳のときだそうで、それから91歳でなくなるまでの60年近い歳月、「経世済民」思想の実践で生きてきたそうです。

 「経世済民」とは、「世を経(おさ)め民を済(すく)う」という意味で、「経済」の語源となっている言葉です。現在は「economy」の訳語として「経済」という言葉が使われていますが、語源をたどると広く政治・統制・行政全般を指す言葉だそうです。

 渋沢は、江戸から明治という封建社会から近代への変革時に、日本の近代化と国民の暮らしを豊かにするための産業作りに奔走し、500余の会社を興し、600前後の病院・慈善団体や学校・商業団体を立ち上げたと、「中小企業家しんぶん」2011年12月15日に中同協相談役の赤石義博さんの寄稿「渋沢栄一没後八十年 その実践に学ぶ」に紹介されています。赤石さんは「一挙に近代化をすすめなければならなかったあの時代に、最も必要とされる人材が存在したと感謝と深い畏敬の念を持つものである。」と感想を述べています。

 渋沢は「論語は最も欠点の少ない教訓であり、論語の教訓に従って商売できると悟った」と言ったと紹介されています。最近読んでいる李登輝さんの「武士道解題」がきっかけで読み始めた新渡戸稲造の「武士道」でも武士道の根源には論語の教えがあると書かれています。また、最近、中国人留学生に今の中国では中学校の国語の教科書に「論語」が載っており、その暗唱をさせられたと聞きました。主義主張、宗教も関係なく広く根付いてきている論語は、やはり「最も欠点の少ない教訓」なのでしょう。

 第二次世界大戦の敗戦後なくなってしまった「修身」の授業では「論語」の教えを学びましたが、現在の道徳ではほとんど触れられていないのではないかと思いますがどうでしょう。

 論語の教えは2500年ほど息づいているものですから、渋沢栄一の時代から100年経ったからといって古くなるものではありません。自分なりの方法で「経世済民」を実行していこうと考えます。

 

 

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。
現在は北海道のカテゴリで19位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。

会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

社長(あなた)の思いは伝わってますか?
研修サポート 「経営者の思いを社員の方に伝えるお手伝い」
詳細はこちら http://www.thinkweb.co.jp/documents/support1.pdf

————————————————————————

研修サポート 「経営に活かす原理原則『経営学百(100)年の智恵』」
詳細はこちら http://www.thinkweb.co.jp/documents/support2.pdf
作業日報の入力で、給与計算と現場管理(出面表など)ができます!

————————————————————————

《《日報給与管理システムのご案内》》 【後志・石狩・空知限定発売中】
作業日報の入力で、現場人工管理と給与計算両方ができます。
http://www.thinkweb.co.jp/business/cpk.php

————————————————————————

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する弊社ホームページ
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★