Archive for the ‘考え方’ Category

新型コロナの動向

木曜日, 9月 24th, 2020

昨日9月23日は伊達市で開催された北海道中小記号化同友会西胆振支部9月例会において経営者向けの会計入門講座の講師をし、伊達市のホテルがスポーツ行事で満杯だということで洞爺湖のホテルに宿泊しました。

そのホテルも連休後にもかかわらず満室ということで駐車場も離れた場所に案内され、大浴場も早朝にも関わらずどんどん人が増え、朝食会場も開始早々でしたがかなりの賑わいでした。また、ホテルを出る時には関西弁の修学旅行の高校生たちが集っており、同じように修学旅行生を乗せた観光バスも何台も通りを走っていました。 インバウンドの姿こそ見えないものの、この4連休とその前後で、人出はかなり以前の状態に戻ったようです。

一方、新型コロナに関してはワクチンが普及するなどの新たな段階に入ったわけではありません。そう考えると今月末から来月頭にかけて感染者数がまた増えるのではないかと思われます。そしてそうなると、せっかく対面授業に舵を切り始めた大学もまた遠隔授業体勢に戻さなければならなくなったり、忘年会などの自粛などにもつながっていきそうな気がします。

皆様の励ましのクリック 本当にありがとうございます。

現在は北海道のカテゴリで11位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

創意工夫は現場の課題から

水曜日, 9月 23rd, 2020

創意工夫をするには、その対象である困りごと、課題がなければなかなか具体的に事がすすみません。そして、困りごとや課題は現場での見直しや反省から生まれます。現状に問題意識がなければ創意工夫は生まれないでしょう。

そして、創意工夫の集積が自社の強みとなり、オリジナルの自社戦略につながります。そう考えると、戦略は現場から生まれるというミンツバーグの主張ももっともなことです。

では、どうしたら現場が問題意識を持つようになるのかという話はまた明日。それまでに、30分だけ時間をとって、下記のトヨタイズムの動画を見ていただければと思います。

皆様の励ましのクリック 本当にありがとうございます。

現在は北海道のカテゴリで9位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

アフターコロナの世界

火曜日, 9月 22nd, 2020

昨日、今日と中国四川省成都にある四川師範大学で中国語のレッスンを受けていました。中国語の勉強だけではなく街へ出て火鍋をどのように頂くのかも見学しました。

もちろんこの時期に実際に成都に行ったわけではなく、インターネットの会議システムを使っての体験です。例年は実際の短期留学を受け入れているそうですが、今年は新型コロナの影響で実施できず、代わりの企画がこのインターネット留学でした。

もし来年の秋、新型コロナウイルスの感染が収束していたとしたら、この企画はなくなっているでしょうか?
主催側からは、今回の申し込みは案内してすぐに定員を超える人気で、これはコロナ後も継続すべきと確信したというようなことのお話があり、たぶん、今後も継続していくでしょう。

距離を隔てていることにより実際の移動ではかかる移動・滞在の時間や費用と、インターネットを用いての映像と音声、そしてデータのやり取りを通して得られるメリットを考えた場合、後者が勝るものは少なくないと思います。

アフターコロナの世界はビフォーコロナの世界とは異なった世界になるのでしょう。

皆様の励ましのクリック 本当にありがとうございます。

現在は北海道のカテゴリで11位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

これからのこと

月曜日, 9月 21st, 2020

連休3日目となりました。連休初日は中国語の検定試験を受けに東札幌まで出かけ、昨日は映画を見に狸小路まで出かけました。
インバウンドこそ見かけませんでしたが、人出はすっかりもとに戻った、そう思えるぐらいの人出がありました。

たぶんこれから2週間ほど経った10月の初旬にはまた新型コロナウイルス感染者数が増えるのではないかと思います。ですが、増えたとしても全人口から見ればごくごく少数であり、病院がパンクしない限り大勢には影響しない、そんな雰囲気を感じます。 一方でそれが重篤な状態になる可能性の高い人たちは感染に注意を払い不要な外出なども控えているでしょう。

ニュースではワクチンが話題に上がっていますが、ワクチンのあるインフルエンザでもたくさんの人がかかっています。ワクチンがあるからといって皆が皆接種するわけではないですからね。かかるとリスクが高い人がワクチンを接種する、そういうものでしょう。

このような状況では、来年の東京オリンピックは、期待してた形での開催は難しいのではないかと思います。規模は大きく縮小され、海外から訪れる人も想定の数分の一という状況ではないでしょうか

もし、そういう状況となるのであれば、通常のオリンピックを想定して投資しているホテルや観光業関連の件は大きな見直しを迫られることになります。その判断をいつ下すのか、東京都や政府にもオリンピックの見通しを早めに出す責任があると思います。

今日明日、こんな話を続けてみようと思います。

 

皆様の励ましのクリック 本当にありがとうございます。

現在は北海道のカテゴリで9位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

多角化について その1

金曜日, 9月 18th, 2020

新型コロナウイルスの影響は大きなものですが、中にはほとんど関係ない会社があるどころか、それにより業績が上がっている会社もあります。業種や業態により影響が違うのです。

このようなことから経営の安定のために事業の多角化が検討されます。

しかし、新しい商売を手掛けたからといってそれが必ずしも上手くいくとは限りません。
皆が簡単に上手くいくのであれば、世の中は黒字会社があふれているはずですが、実際には7割が赤字の会社です。

どのように多角化を考えれば良いのか。
これから少し実例を参考にしながら考えてみたいと思います。

 

 

 

 

皆様の励ましのクリック →  本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで9位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

インバウンドに思うこと

木曜日, 9月 17th, 2020

菅新首相が規制緩和の一例として、政府の意志でインバウンドの数を上げてきたという話をしています。安倍政権発足の8年前は訪日外国人観光客数、インバウンドの数は800万人、そこから政府の政策としてインバウンドを増やすことに舵を切り、2018年時点で2020年には4000万人が視野に入ったと発表し、今年2020年1月17日の発表では2019年度3188万2000人だったと明るく発表しています。

その後新型コロナウイルス感染が広まりインバウンドがゼロに近い状態と現在なっているわけです。

社会の流れを読み、それを活用するのが経営戦略です。
政府の意志でインバウンドを増やすといわれれば、その風にのらない手はありません。
しかし、誰も予想もしない事態が発生し、増えるどころかゼロとなってしまいました。

東京オリンピックも国を挙げての誘致活動に成功し、それに向けての投資も多数あります。
しかし本当に来年、思っていたとおりにオリンピックを開けるのか、インバウンドを狙った投資が功をなすのか、これが期待通りにならなければ日本の経済にさらなる暗雲が立ち込めるように思います。

 

 

 

 

皆様の励ましのクリック →  本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで11位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

節約の無限の可能性

火曜日, 9月 15th, 2020

売上から費用を引いたのが利益ですから、売上が下がってもそれ以上に費用が下がれば利益は維持されます。そうはいっても費用の節約には限りがあるから・・・と思うのが普通でしょうが、節約にはあの手この手の工夫がありそうです。

最近聞いた話ではクレジット会社へ支払う加盟店手数料を負けてもらうということもあるそうです。確かにインターネットで検索するとクレジット会社と交渉することや、それを商売とするコンサル会社があることがわかります。

また、我が家では最近給湯設備を取り替えましたが、これによりガス代が2割ほど安くなりました。新しい機器で燃費効率が上がったという要因もあるでしょうが、大きな原因として入替を期に、業者のすすめで給湯温度を4度ほど下げたことがあります。
そういえば学生のころ飲食店でアルバイトをしたときに、お湯を出しっぱなしにして洗うのではなく、ため洗いしなさいと指導されたことがありました。

気づかないだけでいろいろなところに費用節約の方法があるのだろうと思います。

 

 

 

 

皆様の励ましのクリック →  本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで13位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

値決めは経営

月曜日, 9月 14th, 2020

稲盛和夫さんが提唱する「経営の原点12ヶ条」の6条は「値決めは経営」というものです。そしてそれには「値決めはトップの仕事、お客も喜び自分も儲かるポイントは一点である」と説明がついています。

昨日のブログに、値段を安く提示することは楽なことだと書きました。
そして、この「値決めは経営」ですが、お客が喜んで支払ってくれる最高のポイントとも説明されており、そこを狙わなければなりません。

また、なぜトップの仕事なのかといえば、それは販売だけではなくなく、仕入や製造全てを考えての最高の利益を得られるポイントを考えられる立場だからです。

そして、ここからは私の付け加えですが、提供する商品やサービスがレベルアップしたのであれば、当然、値段も上がっていくはずです。昨日のブログで書いたように、楽な道ではなく、難しい道、険しい道を選ぶべきなのだと思います。

 

 

 

 

皆様の励ましのクリック →  本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで14位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

難しい方を選ぶ

日曜日, 9月 13th, 2020

「難しい方と簡単な方があれば、難しい方を選びなさい」、一般論でこう言われるとなんとなくわかった気持ちとなりますが、ほとんどの場合、それは実際には実行されていのではないかと思います。

例えば、サービスの提供であれば料金を今までの2割増し、3割増し、または倍、3倍としてみる。
当然、サービスの内容が今まで通りであれば誰もお客になろうとは思いません。
それに見合ったサービスに質を高める必要があります。

料金を安くすることは、お客さんに受け入れられやすく、楽なことです。

できなかったことができるようになるのが成長ということですから、難しい方を選ぶというのは自身の成長につながることなのだと思います。

 

 

 

 

皆様の励ましのクリック →  本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで14位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

今のスコアは何対何?

土曜日, 9月 12th, 2020

例えばサッカーで1対0で勝っている時と0対1で負けている時では戦い方が違うはずです。
さて、あなたの会社は今、何対何でしょうか?勝ってますか?負けていますか?

優勢だ!勝っていると思っても、スコアを見てみたら0対0かもしれません。

経営の状況を数字で表すのが会計です。

稲盛和夫さんは「会計がわからないで経営ができるか」とおっしゃっています。

経営者だけではなく働く人みんながスコアを知っておく必要があります。

この話にドキッとした人は、同友会の下記の講座をお勧めします。

【経営計画見直し講座のご案内】
札幌支部ではコロナ禍後を見据え「財務の視点で自社の現状を正確に把握」し、「売り上げ・利益を確保できる戦略を考え」、「経営指針づくり(理念・10年ビジョン・方針・計画)」へと繋がる連続講座を開催いたします。
今こそ経営の基礎固めを考えましょう。
お申し込みは同友会事務局(FAX:011-702-9573)まで。

 

 

 

 

 

皆様の励ましのクリック →  本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで14位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。