‘中国関連’ カテゴリーのアーカイブ

スマホの便利さ

2020年7月8日 水曜日

いつの時代でも、「激変する世の中」という表現を使うという話をこのブログの以前の記事で書きましたが、スマホ、スマートフォンの普及というのは世の中の大きな変化を生み出したことだと思います。

(スマホと書いたのなら、スマートフォンじゃなくスマートホンかな?)

先般、中国語検定試験の3級を受け、正解発表から合格ラインは超えていたものの、単語の語彙、そして発音の弱さを実感しました。

単語の勉強というのは対象が膨大すぎてどこから手をつけていいか悩んでしまいますが、まずは今回の試験の発音問題に出た単語から、そして過去の試験に出題されたものを覚えることにしようと方針を決めました。

ではどのようにして覚えるかですが、昔ながらの単語カードが良いだろうと思い、100円ショップへ行くと、赤と緑のプラスチックのカードがついた単語カードがあり、これを使うと緑や赤のマーカーを引いた部分が隠せるとあり、これは便利と購入してきました。

そして、いざその単語カードに書き込みをしようとしたとき、ふと、あれ、こんなことができるスマホのアプリもあるんじゃないかなと思い、確認すると案の定いろいろありました。
そのなかで目についたのが”WordHolic”というアプリで、使ってみると優れものでした。

単語カードはいうまでもなく表と裏の2面を使うものですが、”WordHolic”には表と裏とさらにコメント面という第3の面があります。
中国語の単語の場合、例えば表に日本語の「小銭」と書き、裏に中国語の「零钱」、そして第3面のコメント欄に「Língqián」というピンイン(発音記号のようなもの)を書くことができます。

そしてスマホならではの機能に読み上げ機能があり、実際の中国語の発音を聞くこともできます。

さらにさらに、パソコンなどと連携させて、単語データをエクセルなどで整理し、csv変換で取り込むこともできるなどなど、便利機能満載で、かつ普通に使う分には無料のアプリです。

世の中便利になったなぁとつくづく思います。

”WordHolic”のサイト https://www.langholic.com/wordholic

 

 

 


 

 

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで15位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

中国語に興味を持った理由 1.中国の古典文化に興味があった

2020年6月30日 火曜日

中国語、そして中国に興味を抱いた理由はいくつかありますので、ひとつずつ紹介します。

史記や三国志などを読んで中国の古典に興味がわいていたこと、そして論語に代表される儒教思想にも興味があったこと、これが第一の理由です。

日本語でよく使われる成語の出所が史記を読むことでわかったりするのは大変興味深かったことですし、論語の中の人間ドラマも興味深いものでした。
できるなら、邦訳ではなく原文でそれらを読んでみたいという思いがわいてきました。
(実際には、漢文の読み方の方が理解が早いと後で思い直しましたが・・・)

中国語の勉強を初めてしばらくしてから、「大地の子」のNHKドラマを見、また本を読み、文化大革命時代の中国を知り、そして、2006年の北京師範大学教授于丹(ユーダン)氏による「論語」ブームを知ることとなりました。

 

 

 


 

 

皆様の励ましのクリック →  本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで12位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

今年の中国語の目標

2020年6月29日 月曜日

昨日、中国語検定3級を受けに行くと書きました。

なぜ中国語なのか?
これを話すと長くなるので、時間のあるときに整理してお話しします。

今年年明けに、今年中に(11月の試験で)中国語検定2級合格を目指そうと思いました。
そして、その基礎固めにまずは3月に3級の試験を受けておこうと1月に申込しました。
それが新型コロナウイルスの影響で延期になり、昨日の受験となりました。

ほとんどの人は中国語検定にはなじみがないでしょうが、難易度はだいだい英語と一緒かなと思います。
英語だと3級は中学校卒業程度ですが、中国語の場合、授業を受けるのは、たいていは大学の第2外国語でしょうから、大学2年間履修程度が中国語の3級です。

興味のある方は、こちらの比較表をご覧ください。

 

 

 


 

 

皆様の励ましのクリック →  本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで15位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

中国語

2020年6月28日 日曜日

本日、中国語検定3級を受験します。

もともとは中国の古典を中国語のまま読めたら良いなと思って始めた中国語でしたが、その目的は中国文化の理解に変わり、会話中心に週に一度の会話練習のクラスも休むこともままある程度に習い続けて8年ほど経ちました。

中国語の歌の数曲はネイティブ並みに歌える、一人で中国旅行してもなんとかなる程度という現状ですが、最近、中国語の本をしっかり読んだり、人前で中国語のスピーチができるようになりたいと思い、今年は中国語の試験に挑戦しようと計画していました。

長くなる話は明日にするとして、ほぼほぼ一夜漬け状態ですが、受験に行ってきます。

 

 

 


 

 

皆様の励ましのクリック →  本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで15位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。