Archive for the ‘同友会’ Category

経営理念浸透の段階

木曜日, 7月 30th, 2020

昨日、北海道中小企業家同友会札幌支部経営指針員会主催の第3期経営指針実践ゼミの第1講があり、サポータとして参加してきました。

第1講のテーマは「経営理念の成文化と社内の共有」です。
実践ゼミは、経営指針研究会修了者を対象とした勉強会であり、研究会時代に経営理念の成文化はできています。

しかし、やはり成文化と社内の共有には溝があり、社内に浸透するには段階があります。
実践ゼミ生の各社の事情もさまざまでした。

以前、『経営理念浸透のメカニズム』(田中雅子、中央経済社、2016年)を読んで、確かに経営理念の浸透には段階があると思い、同書を参考にしながら自分なりにその段階を、認識、理解、納得、共感、信念という5つに整理しましたので、以下に再掲します。

経営理念(フィロソフィ)浸透の段階

レベル1:認識:知っているというレベル
・フィロソフィの存在を知っているというレベルで、次の理解には至っていない。
理解できていないのでフィロソフィに沿った行動を強いるのは強制になる。
・このレベルに到達するには、経営理念の成文化、公開が必要。

レベル2:理解:理屈はわかるというレベル
・フィロソフィの内容を理屈として理解できるというレベルで、次の納得までには至っていない。
フィロソフィに沿った行動は言われたからやるという消極的な行動。
・認識から理解へのレベルアップのためには、経営理念の意味や背景を身近な例を用いて説明することが必要。
(このレベルまでは自分事で考える風潮があり、理解を求めるためには、公共性の高い理由を背景とした身近な事例での説明が必要)

レベル3:納得:自分もそう思うというレベル
・フィロソフィの内容が腑に落ちる、自分でもそうだと思うということであり、次の共感までは至っていない。
フィロソフィに沿った行動を自分もしたいと思い積極的な行動となる。(行動の判断基準がフィロソフィに沿っている。)
・理解から納得へのレベルアップのためには、以下のことが必要。
身近な例を用いた、どういう場合にはどういう考えでどういう行動をするのか、そうするとどのような結果となるのかという教育
共感レベルの人の観察とそこからの影響
他者との意見交換による気づき

レベル4:共感:価値観がフィロソフィに沿っているレベル
・同じ価値観で同じ感情を持ちあえるレベルで、フィロソフィに沿った行動を積極的に行い、さらに他の者にもそれを促す。
・納得から共感へのレベルアップのためには、フィロソフィにそった行動をとり続けるという血肉化が必要。

レベル5:信念:生きざまがフィロソフィになっているレベル
・いつもフィロソフィを意識し、それにこだわることにより、生きざまがフィロソフィになっているレベル。
永遠に追い続ける目標であり、これで良しというものはなく、フィロソフィの血肉化を続けることが求められる。
この過程において、自身とフィロソフィをより高め、より公共的なものとなる。

 

 

 


 

 

皆様の励ましのクリック →  本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで11位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

3点確保経営

土曜日, 5月 23rd, 2020

同友会経営指針の先輩が「3点確保経営」とおっしゃっていました。
3点確保とは、岩登りなどの時、四肢のうち3点で体勢を確保し、自由になっている1つの手または足を使って次の移動先へ移るというもので、経営も3点が確保できていれば安定するというお話です。

昨日、経営指針実践ゼミがあり、5月に大手ゼネコンの仕事が止まり、建設関連一本では不安を感じたという話がありましが、新型コロナウイルスの影響は建設だけではなく観光や飲食などを筆頭に世間に大きく広がっています。。

ある酒屋さんは酒屋だけでは将来が見通せないということで、お酒のノウハウを活かしたワインバーを開き繁盛していたそうですが、新型コロナ対策で営業を自粛せざるをえなくなりました。しかし、本業の酒屋の方は家飲みが増え売上が増えたという話を聞きました。

1点から2点、そして3点へ。ただし、やはりその根っこ、根本はひとつの体、中心がなければなりません。ばらばらの2点、3点では力が入りません。自社の自社たるゆえん、根っこがあっての2点、3点という広がりが大事なのだと思います。

 

皆様の励ましのクリック →  本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで13位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

 


 

 

会計知識の必要性2

日曜日, 9月 8th, 2019

ここ数か月、会計の解説講義をする機会が続いています。
6月、7月、8月と3ヶ月に渡り月に一度ずつ合計3回で、これ以上やさしく解説できない会計講座として、北海道中小企業家同友会札幌支部中央北地区主催の経営講座の講師をし、8月には、やはり同友会の経営指針研究会の一泊研修時に経営計画立案に必要な会計講座を行いました。
そして、昨日、北海道科学大学の社会人向け講座である「ビジネスキャリアアップ育成プログラム」の「財務分析」講座の1回目の授業をしてきました。これは9月に2回、10月に2回の計4回の講義となります。

なぜ、このように会計の話をする機会が増えたのか?
それはやはり組織に属する人間には会計の知識が役に立つからです。
会計とは会社の実態を表すための共通の言語です。
ですから、稲盛和夫さんは、「会計がわからんで経営ができるか!」とおっしゃるのです。
会計がわからないということは会社の実態がわからないということだからです。

一方、小規模企業の多くの経営者は会計に馴染みがありません。
いえ、大企業の経営者でもわかっていらっしゃらない方もいるようです。
ましてや、そこで働く人たちで会計を理解しているのは、仕事で経理業務に携わっているかたぐらいかもしれません。

会社の経営と会計とを結びつけて理解する、そういうことが求められているのだと思います。

 


 

 

 

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで15位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する
株式会社シンクシステムズのサイトはこちら
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

知る喜び

火曜日, 8月 27th, 2019

昨日、北海道中小企業家同友会札幌支部中央北地区主催の経営基礎講座(財務初級編)第3回「決算書を『使う』:計画に必要な変動損益計算という考え方」の講義をしてきました。
6月、7月、8月と月に1回ずつ、決算書を「見る」、「読む」、「使う」とこれ以上易しく解説できないというレベルで講義をした会計講座です。

昨日とったアンケートを見てみると、決算書の意味が初めてわかった、決算書を見る気力がわいてきた、仕事にさっそく役立ったなどの感想が多くありました。
見てもわからないから決算書を見ることもない、現実としてそういう経営者が少なくないのです。

一方、稲盛和夫さんは、会計は会社の実態を表すものだから、「会計がわからんで経営ができるか」とおっしゃいます。

今回は2時間の講座を3回にわけて行いましたが、これぐらいじっくりやれば会計の「はじめの一歩」にちょうど良いと実感しました。
まずは同友会内でこのような勉強会を広めていくべきだと感じた次第です。

 


 
 

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで14位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する
株式会社シンクシステムズのサイトはこちら
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

粗利のとれる売上を継続できる仕組み

月曜日, 8月 26th, 2019

昨日紹介したように、今日は北海道中小企業家同友会札幌支部中央北地区会で経営基礎講座(財務初級編)第3回「決算書を『使う』:計画に必要な変動損益計算という考え方」という会計講座の講師をします。

会社経営に会計の知識は、将来の計画を練るにも大切なものですが、今回の教材を作っていて、「粗利のとれる売上を継続できる仕組み」の大切さも改めて感じました。

昔の人たちが獲得したお客さんからの仕事だけであるとか、たまたまブームに乗って得られたお客さんであるとか、自分たちの実力ではなく、現在の売上がたまたまあがっているという状態は危険です。

そして、周りをいろいろ見渡すと、利益率が向上しないまま規模が拡大するのも危ないことのように思います。

『稲盛和夫の実学』には、「売上を最大に、経費を最小に」と書かれていますが、常にこれを意識し利益率を向上させることと、そしてそのためには、粗利のとれる売上が継続できるよう、計画的な営業活動ができるように考え、整えていくことが大事なことだと思うのです。

 


 
 

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで14位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する
株式会社シンクシステムズのサイトはこちら
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

ボランティアの目的

日曜日, 8月 25th, 2019

明日の26日、北海道中小企業家同友会札幌支部中央北地区主催の経営基礎講座(財務初級編)第3回「決算書を『使う』:計画に必要な変動損益計算という考え方」という講座の講師をします。
これは6月の第1回「決算書を『見る』」、7月の第2回「決算書を『読む』」に続くもので、明日は3回シリーズの最終回となります。
3回ともボランティアで講師を務めています。

各講義の2時間だけではなく、その準備時間も含めるとけっこうな負担があります。
それでもボランティアで引き受けているのは、会社経営には会計の知識が必須であるにもかかわらず、そのような意識のない経営者が多いという世の中を変えていきたいという気持ちがあるからです。

2回目にとったアンケートを見ると、受講生の方々にはそのことが伝わっているようです。
今回は、これ以上やさしく説明できない会計の話として、他の勉強会でも使える教材資料も揃える機会にもなりました。
そして、このような活動がめぐりめぐって弊社のためにもなることも確信しています。

 
 


 
 

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで13位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する
株式会社シンクシステムズのサイトはこちら
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

進化・発展

日曜日, 8月 4th, 2019

金曜土曜と北海道中小企業家同友会札幌支部経営指針委員会主催の第16期経営指針研究会一泊研修会がありました。自社の経営指針に取り組む第16期研究生が各社の経営理念・ビジョンを語る金曜日と、今後の経営方針・計画作りに必要な会計知識を勉強する土曜日の2日にわたる勉強会です。

昨日、土曜日の会計の勉強会では、今年も私が講師を務めました。
14期にテキストとカリキュラムが変更されてこの会計勉強会が始まり、今年で3年目となります。

その内容ですが、貸借対照表と損益計算書の意味と見方、それと計画作成に必要となる変動損益計算という考え方とその使い方です。

内容は同じでも、その教材・進め方は少しずつ進化・発展しています。
研究生は毎年入れ替わりますが、サポーターは毎年同じような顔ぶれですので、サポーターからは昨年に比べてどうったのかという意見をもらえます。
進化発展のためにいろいろ工夫していることが上手く伝わったようです。

 

 


 

 

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで14位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する
株式会社シンクシステムズのサイトはこちら
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

会計と経営

火曜日, 7月 23rd, 2019

昨日のブログは、北海道中小企業家同友会札幌支部中央北地区主催の「経営基礎講座財務初級編2 決算書を『読む』:自社・他社の経営を数字で読む」でお話ししたイエローハットの業績推移の話題でした。
そこには経営者の明確な意思が見えたと書きました。

会計とは経営の実態を貨幣単位という数値で表す仕組みであり、その意味では会計を知らなければ経営の実態を把握できません。また、会計を知らなければ将来の計画も共有できません。

目先の仕事だけではなく、会計を通じて経営を知ることの大切さを痛感します。

 

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで14位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する
株式会社シンクシステムズのサイトはこちら
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

イエローハットの意志

月曜日, 7月 22nd, 2019

今日は、北海道中小企業家同友会札幌支部中央北地区主催の「経営基礎講座財務初級編2 決算書を『読む』:自社・他社の経営を数字で読む」の講師をしてきました。

題材に取り上げたのはオートバックスとイエローハットの決算書です。

専門学校や大学で会計関連の授業を持つようになって学生が興味を引きそうなものはないかと探して取り上げたのが、この2社の比較です。
手元には2011年3月のからの両社の決算書が残っています。

その後、ずっと2社をフォローしているのですが、イエローハットの業績の向上ぶりが凄まじいのです。

例えば2011年3月決算と2019年3月のとをざっくり比較すると以下のようです。

     2011年   2019年
資 産 :74,223 105,320
負 債 :36,150   26,379
純資産 :38,072   78,940
売 上 :84,892 139,200
経常利益: 5,191  10,986
(単位:百万円)

今日の講義では、数字をグラフ化すると実態を理解しやすいことを説明しました。
皆さんも絵にかいて大きさを比較すると理解しやすいかと思います。

イエローハットの貸借対照表はこの間に素晴らしく美しい形になっています。
そこには間違いなく経営者の意志が見えます。

 

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで14位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する
株式会社シンクシステムズのサイトはこちら
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

イーティング

金曜日, 6月 21st, 2019

昨日は、北海道中小企業家同友会札幌支部経営指針委員会主催の第2期経営指針実践ゼミがありました。経営指針実践ゼミは「企業変革支援プログラム」をテキストに会社に必要な仕組みをどう築き運営していくかを実践報告していく勉強会です。

さて、昨日の実践ゼミですが、発表者の資料に「従業員の家族を含めた食事会を開催している」とありました。そして、数行下に「イーティング」という文字がありました。

なるほど、食事をしながら話し合う、ミーティングすることを「イーティング」と呼んでいるのか、これは面白い言葉だと赤線を引いたのですが、他の参加者も同様のことをしていました。

が、実はこれ、発表者本人は単に「ミーティング」の間違いだったとのこと。
しかしながら、酒を飲まない人も増え「飲みにケーション」も難しくなった昨今、「イーティング」が流行りそうだと場がもりあがりました。

 

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで15位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する
株式会社シンクシステムズのサイトはこちら
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆