Archive for the ‘書籍紹介’ Category

5年前の陽明学

金曜日, 8月 14th, 2020

5年前の今日、フェイスブックにこんなことを書いていました。

「漢の時代は「四書五経」儒教が国教で、他の思想は異教とされた。唐の時代に仏教が入ってくると、これは中国で禅となり、仏教の禅と古代から異教と敬遠された道教は同じ考え方であった。道教と仏教の禅が、ガーッと唐の時代に出てきたので、皆がそちらへ流れ、結果、何を説いても、儒教か道教か禅かわからなくなった。そうした中、最初に禅を勉強していた朱子が四書五経を勉強し、儒教を体系化し、ふたたび国教にのしあげた。王陽明は逆で、青年期に儒教を学び、その後、禅を学び始める。」
(以上、境野 勝悟 『陽明学と禅のこころ』より)

「終りを慎み、遠きを追えば、民の徳・厚(あつき)に帰す」(論語)
「人間は堕落すると必ず刹那的にあるものであるが、少し本気になって自覚が出来てくると、必ず現在の時点に於て過去を回復し、未来を考えるようになる。現在は無限の過去の蓄積によってえるものであって、これに根ざさなければ未来というものはない。現在は過去の終りであると共に、未来のはじまりであります。」
(以上、安岡 正篤 『人生と陽明学』)

投稿した場所は帯広なので、行きのJRで読んでたらしい。

 

 

 

 

皆様の励ましのクリック →  本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで12位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

アンゾフの戦略経営論

日曜日, 7月 5th, 2020

今、『アンゾフ戦略経営論(新訳)』(中村元一監訳 中央経済社 2007年)という本を読んでます。これは1979年の”Strategic management”が原本です。

アンゾフの書いたこの本に、昨日まで紹介した、「(乱気流のような)環境に対する組織の適応」という表現や、赤の女王の逸話が紹介されていたのです。

アンゾフはこの本で、乱気流時代の経営は、環境、対応力、組織文化、能力、この4つのつり合いが大事だと書いていますが、そのあたりの話はもう何日か後に紹介します。

アンゾフというとチャンドラーの「組織は戦略に従う」に対して「戦略は組織に従う」と対抗したのが有名です。では「戦略」とは何でしょう。この話はまた明日。

 

 

 


 

 

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで13位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

社長ごっこ・経営ごっこ

金曜日, 9月 13th, 2019

このブログの6年前に書いた「社長ごっこ、経営ごっこ」という記事ですが、時々、この人もそうだよなという思いが沸き上がります。

以下、6年前の記事を引用します。

 

「経営とは、他人を通して事をなすこと」という言葉を紹介した「よき経営者の姿」(伊丹敬之 日本経済新聞出版社 2007年 1680円)には、次の一節が載ってますのでご紹介します。

「まず、自分には能力があって社長になったと思い込む。そして、能力を確かめたくなる。かっこをつけたくなる。そのため、社外のいろいろな会合(できるだけハイレベルで有名人が集まる)に頻繁に顔を出すようになる。そこで得た情報が最先端の情報、時流と思い込み、社内ではオレしか知らない、とひそかに自慢に思うようになる。そして、その情報をもとに、『社長ごっこ』『経営ごっこ』が始まる。
かっこよく業績を上げることを考え、それは難しくないと思い始める。それが簡単ではない現実を見ると、うちの会社は本当に馬鹿ばかりでどうしょうもない、という発言をするようになる。社長の集まる会合でも、同じような素質を持った社長連中が集まっているため、『うちはだめなやつが多くて』とお互いに愚痴を言って、満足するようになる。
そして、また自社に戻って、社長ごっこ、経営ごっこをする。それは、業種が異なっても同じである。集まっては散らばり、を社長たちはあちこちで繰り返して行うのだから、社長ごっこの誤りは日本中に広まり、みんながグローバルスタンダードに従え、と言い出すことになる。」

 


 

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで16位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する
株式会社シンクシステムズのサイトはこちら
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

15分という時間

日曜日, 4月 21st, 2019

北海道十勝を舞台としたNHK朝の連続ドラマ「なつぞら」が放映されています。
私自身、帯広の出身ということもあり、毎話興味を持って見ていますが、15分という短い時間に詰め込まれた情報量に驚いています。

視聴者はセリフや映像で示されたことをもとにあれこれ想像します。
天陽くんは神田日勝がモデルなのではないか?
お菓子屋さん雪月は柳月か六花亭か?
晩成社のバターの紹介があるなら、六花亭のマルセイバターか?

十勝に関する知識が豊富な人ほど、あれこれ思いが広がり、身近に感じるドラマですし、その一方、十勝のことを知らない人にとっても興味がわくような筋書きであることが朝ドラには求められているのだと思います。

そう考えると脚本家に求められる能力はなかなかのものだろうと思いますし、今回の脚本を書いている人が、十勝をどのように取材をし、どの部分に興味を持ったのかということにも興味がわきます。

15分という限られた時間に込められた情報量に感心しています。
この15分という時間の話、明日も続きます。

 

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで16位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する
株式会社シンクシステムズのサイトはこちら
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

まっすぐ進むには、遠くの目標が必要

日曜日, 3月 3rd, 2019

インターネットで中国映画を見ていて看板の言葉が気になり検索していていたら、日中友好新聞(2019年1月25日)の「等身大の中国人、中国文化」というコーナーに毛丹青さんの「父のいた雪景色」という文章を紹介したブログを見つけました。
(そのブログはこちらです 広島からニイハオ 毛丹青と「知日」

 

毛丹青さんが8歳の時、お父さんと雪道をまっすぐ走る競争をします。
ゴールにたどり着き、振り返ると毛丹青さんの足跡は蛇がうねったようであり、お父さんの足跡は一直線。お父さんはこう言います。
「いいか、早くまっすぐ走るためには、足元を見ちゃだめだ。遠くにある目標を見つめていなければいけないよ。目標をしっかり自分の目線の先に置いていなければならない。そのうち、君もきっと分かってくるよ」

一歩一歩進んでいくのが大変な時、ついつい足元を見てしまいます。
しかし、そうしていては右へ左へずれるのにも気づかず余分な遠回りとなってしまいます。
まっすぐ進むためには、遠くに目標を立て、それを目指して歩を進めることです。

人生や経営にはビジョンが大事ですね。

  

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで16位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する
株式会社シンクシステムズのサイトはこちら
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

人生が二度あれば

水曜日, 2月 6th, 2019

「人生が二度あれば」、これは井上陽水が、65才と64才になる父母が老いたことを歌った曲のタイトルです。1972年の発売ですから、今からもう50年ほど昔の話となります。今の時代で60代で老いたと歌ったら大勢の批判を受けそうです。

さて、昨日のこのブログのタイトルは「一度しかない人生だから」、そして今日は「人生が二度あれば」です。
でも、本当に人生は一度だけなのでしょうか?

ずっと臨床医をし、その後、東大医学部の教授となった矢作直樹さんの「人は死なない」という本の冒頭に、人生が一度だけ、死んだら終わりなら、犯罪行為を含めて人はやりたい放題のことをするのではないだろうか、なぜそういうことを抑止する「良心」というものがあるのだろう、そんなことを幼いころに考えたというような意味のことが書かれています。

この「良心」とは何なのか?
続きは明日です。

  

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで15位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する
株式会社シンクシステムズのサイトはこちら
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

「男子、三日会わざれば刮目して見よ」

月曜日, 1月 28th, 2019

昨日1月27日の北海道新聞のコラム「卓上四季」の書き出しが、「男子、三日会わざれば刮目(かつもく)して見よ」でした。テニス全豪オープンで優勝した大坂なおみ選手を話題にしたものでしたが、この「三日会わざれば刮目して見よ」の言葉の意味はなかなか深いものだと思います。

この言葉の出典は三国志で、呉の武将である呂蒙(りょうも)の故事からです。
武芸に秀でていたが学問の方はさっぱりだった呂蒙に、呉の王である孫権が学問を勧め、呂蒙はそれに応えて書を読む習慣をつけ、知識・教養を身につけます。無教養な呂蒙を軽蔑していた知識人の魯粛(ろしゅく)はその話を聞き呂蒙に会いに行き、その成長に驚きます。その時、呂蒙が言ったのがこの「男子、三日会わざれば刮目して見よ」であり、人はわずかな時間でも成長することができるのであり、久しぶりに会うのであれば以前の先入観にとらわれて見てはいけないという話です。

人が成長するためには、新しい習慣が必要です。
目標をさだめ、悪い習慣(目標に反する習慣)をやめ、良い習慣(目標にそった習慣)を続けることにより、人はいつでも成長していけるのだと思います。

  

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで12位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する
株式会社シンクシステムズのサイトはこちら
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

人生の目的 2.シェリー・ケーガン著『DEATH』

土曜日, 1月 19th, 2019

昨日「人生の目的」というタイトルで人生の余命について書きました。
人生ということを考えるには、人生の終点を考える必要があり、その終点は死ということです。
そんなことが頭にありながら、昨日の夜に入った紀伊国屋書店札幌本店で目に飛び込んできたのが、イエール大学教授シェリー・ケーガン著の『DEATH』という本でした。

この本で「シェリー先生」は、「魂」という非物質的なものは存在しなく、かといって「身体」が滅んだ時が「死」ということではなく、同じ「人格」(信念や欲望、記憶、目標など)を持っていることが生き続けていることだといいます。(通常、身体が滅んだ時、人格も消えて、それはやはり死ということになりますが・・・)

ここまで第1章「『死』について考える」(「日本の読者のみなさんへ」を含む)に書かれていることでした。

「人生の目的」というブログテーマの続きは、もう少しこの本を読み進めた後に書こうと思います。たぶん、それは来週後半あたりになりそうです。

もう少し『DEATH』より紹介します。
たとえば900才以上まで生き続けられるとしたとき、人格はゆっくり変化し、100才や200才の「若造」の時と900才の人格はすっかり別物になったとすると、それは「生き続けるが、生き続けることから得たいと思っているものを得られない」ことであり、このようなことを考えることが、「生き続けることに関して何が自分にとって究極的に大切かを判断する助けになる」と書かれています。
  

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで13位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する
株式会社シンクシステムズのサイトはこちら
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

うさぎとかめ

火曜日, 1月 15th, 2019

野球選手で生涯打率3割と2割5分では大きな違いがありますが、5分とは5%、つまり100打席で5つのヒットの差であり、これは20打席で1本ヒットを多く打つか打たないかのわずかな違いだといえます。

この話は、公立中学校の陸上部で7年間で13回の日本一に導いた元教師である原田隆史さんの「成功の教科書」に書かれていたものです。

一流とそうでない人の違いは常に自分の力を最高のレベルに近いところで出すことができているかどうかということが大きな違いであるとその本を読むと理解できます。

そう考えるとやはりうさぎは一流にはなれないですね。

  

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで11位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する
株式会社シンクシステムズのサイトはこちら
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

徳と才能

日曜日, 1月 6th, 2019

昨日、リーダーには倫理観が必要だと書きましたが、その後、徳と才能とどちらが大事かという下記の司馬光の引用を読みました。

「才徳兼備の人を聖人といい、才徳ともにない人を愚人という。徳があり才能の足りない人を君子といい、才能がありながら徳が足りない人を小人という」(機関誌『盛和塾』48号,p.56)

調べてみると出典は司馬光(司馬温公)の『資治通鑑(しじつがん)』だそうです。

リーダーの資質としては才は関係なく、徳が問われるのだと思います。

  

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで20位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する
株式会社シンクシステムズのサイトはこちら
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆